• HOME
  • 記事
  • 言葉遅れ
  • 2歳発語なし3歳でペラペラ会話できるようになった息子。言葉の発達を促すために効果あった・イマイチだったことまとめ。

2歳発語なし3歳でペラペラ会話できるようになった息子。言葉の発達を促すために効果あった・イマイチだったことまとめ。

我が家の息子は2歳を過ぎても「あー」「うー」ばかりで、2語文どころか単語が4つほど出ていただけで全然おしゃべりしませんでした。
「これはまずい」と思い言葉を促すための事は色々してきました。結果、3歳を過ぎる頃には一日中マシンガントーク。私達との会話を楽しむようになり、とても言葉が遅れていた子とは思えない程に成長しました。

息子の言葉が出てくるまでの1年間で試してみた言葉を促す方法とその効果はどうだったのかお伝えします。言葉が出ないと悩んでいるパパママの参考になれば嬉しいです。

言葉を促すための方法で効果があったと思う事

とにかくどんどん話しかける

子供がまだ話す事が出来なかったとしても、家族の人の話はちゃんと聞いています。私の息子はこちらの言っている事は理解していたので、言っている事は無駄にはなっていないはずだと信じて、とにかくどんなことでもいいので息子に話しかけました。

「今日はお肉が安いから、買って帰ろうね」
「たんぽぽ、きれいだね。息子ちゃんはどう思う?そうだよね、きれいだよね」
「今日はパパ返ってくるの遅いから、先に夕飯食べよう」

息子の返答がなくても(息子の場合、首を縦横に振ってはいた)諦めずに、むやみやたらにたくさん話しかけました。時には、パパの愚痴も聞いてもらいました。返答がないのは辛いですが、言葉の蓄積をしないと言葉を出してくれないかもしれないし…。

息子の言葉が出てきたとき「こんな言葉教えてない気がするし、なぜ適切に使っているんだろう」と驚くことが多かったのですが、今から考えると「言葉が出ない頃、私が話しかけていた言葉」を覚えていたのかもしれません。なので、話しかけは無駄ではなかったのかも。

自分や子供がしていることの実況中継する

上で書いた「とにかく話しかける」に付随していますが、話のネタが尽きてしまう場合は、いちいち今から自分が取る行動や今している行動、子供の実況中継を行っていました。

「たった今、息子ちゃんが車のおもちゃを取り出しました!転がしています!ブーブー。この車の動きは順調の様です」
「ママは今から夕飯を作ります。ピーマンはどこかな。冷蔵庫の中にありました!」

アナウンサー並みに話してた日々…懐かしいです。なお、息子が2歳1か月の時に妹が産まれたので、妹の実況中継もよくしていました。赤ちゃんなので、ツッコミところがいっぱいあってネタが尽きることはありませんでした。

読み聞かせ

「とにかく言葉を楽しくインプット!」と考えるのであれば、まっさきに思いつくのが読み聞かせ。
幸いにも、息子は絵本が大好きなので、一日何十回もいろんな絵本を読みました。読み聞かせが面倒な時には、絵本の絵でキャラクターがしている事の説明をすることに。

「うさちゃんがバナナ食べてるね。美味しそうだよね。バナナ大きいよね」
「この車には、ノンタンとタータンがのってるね、国産車なのかな外国の車かな」

とか適当に。
相変わらず絵本の好きな息子は、言葉が出てくるようになると、絵本の中で起きている事について説明をよくします。この頃の私の真似をしているのかもしれません。

色んな所へ連れて行って、身体を動かす

「舌がうまく動かないから話さない」「身体を動かして、まずは「わーー」といった言葉から引き出すといい」等といった情報をネットで見たので、産まれたばかりの妹にはハードですが、毎日の様にどこかに出かけるようにしました。実は息子が2歳になるまでは、どちらかといえば引きこもり気味育児をしていたので、私にとっては大きな生活スタイルの変化でもありました。

公園のはしご、ショッピングモール、近所散歩、近所のイベント、行楽地、遊園地。

誰かの体調が悪くない限り、とにかく連れまわしました。0歳の妹は「キャッキャッ」と喜び、息子も1ヶ月もすると声(「わーーー!」「キャー!」「シューー!トン!」)をあげて遊ぶようになって、後から考えると「声を出す」という方向に脳がシフトしてきた気がします。

お出かけすることは幼児にとって大きな刺激になるので、妹にも良い影響があったと感じています。妹はほぼ毎日外出のおかげか低月齢の時からよく声を出す赤ちゃんで、発語もかなり早く、1歳になる頃には20単語位出ていました。

言葉を促すための方法でイマイチだったと思う事

絵カード等で単語を教える

息子の場合、意識的に「教え込む」のは微妙でした。
一時期、一生懸命絵カードを作って息子に「これはねこ」「これはかさ」と言って見せていましたが、なんのストーリー性もない絵カードは息子にとって退屈でしかなかったようです。
それよりも、絵本の方がニコニコとして聞いていたので「わざわざ絵カードでなくても、絵本でもいいじゃないか」と考えた私は、絵カードを使うのは1ヶ月ほどでやめてしましました。

同世代の子との関わり合いを持つ

児童館へ連れていったり、地域の育児サークルに顔を出したこともありました。
しかし、息子の性格は(今でも)引っ込み思案で内弁慶。他の子との関わり合いをしている時は苦笑い。「わーーー」とか「きゃーーー」とかそんな叫び声もあげない…。しまいにはイライラしたのか、身体をかきはじめました(息子はアトピー性皮膚炎です)。

息子の性格的に他の子と関わるよりも、家族との方が安心しているみたいだったので、無理やり同世代の子を関わらせるのは辞め、プレ幼稚園始まるまでは、家族との時間を最大限に使うようにしました。


子供は言葉が出ていなくても、状況は理解しているし、話はちゃんと聞いています。

息子が話すようになって知ったのは「息子が話せなかった時の事もちゃんと覚えている」という点。
息子がまだ少しの単語しか話せなかった2歳前半の頃、夫と電車から降りた際に息子が靴を落として駅員さんに拾ってもらった出来事がありました。その出来事をずっと覚えていて、言葉の爆発期を迎えた2歳半すぎ、電車を見た息子が「息子ちゃんのくっく、電車の下、おちた」と突然言ったのです。

その他にも話せなかった時に起こったエピソードを覚えていて、ふとしたきっかけでその時に起こったことを話す事がありました。話さなくても、覚えています。話もちゃんと聞いています。

子供の言葉が出なくて悩んでいるパパママ。

今、子供が話さないからと言って、コミュニケーションをあきらめないで欲しいです。言葉をためているんです。言葉のシャワーを毎日浴びせて下さい。突然、言葉はあふれるまで待ってあげて下さいね。


関連記事一覧