2歳差育児は辛い?大変だった寝かしつけ・上の子イヤイヤ期・外出時など1年間の記録まとめ

我が家では、息子が2歳1ヶ月の時に下の子(妹)が産まれました。
2歳差育児は上の子がちょうどイヤイヤ期に差し掛かって大変だという話を聞いていたので、覚悟はしていました。しかも、上の子は保育園には通っておらず未就園児です。ずっと2人の面倒を見るなんて大丈夫なのかととても不安でした。

この記事を書いている時点で下の子が1歳半になり、振り返ると2歳差育児1年目はマジで大変だったと実感しています。

これから2歳差育児に向けて戦々恐々としているあなたのために、2歳差育児1年目(上の子は未就園児)のリアルをお伝えします。

ココが大変!2歳差育児1年目のリアル

一緒に寝るなんて無理!寝かしつけが難しすぎる

我が家では、下の子が産まれても「皆で同じ部屋で寝ればいいや」と思って、2人の子供を同時に寝かしつけすることにしました。
でも、速攻諦めました
上の子がやっと寝そうになったのに、下の子が「ふぇっ~」と泣き出したり、下の子を抱きかかえている私が気にくわないのか、上の子も抱っこを要求してくるので寝かしつけが全然進みません。

仕方がないので、夫&上の子・私&下の子と寝る部屋をわけました。すると、下の子はミルクを飲んだらすんなりと寝てくれて、上の子もしばらくすると寝てくれるので寝かしつけがスムーズになりました。

…となるまでは、3ヶ月位かかりました。実際には部屋を別々にしても、上の子が私を探しに来るので下の子が起きてしまったり、時々夫の帰りが遅くなる時には、なぜか2人共寝てくれないのでエンドレスで起きており、興奮して寝てくれない事態もありました。よく、育児マンガとかで家族全員で寝ている光景を描いているケースがありますが「よく皆スムーズに入眠できてるな~ってか、下の子の夜間授乳の時は、上の子とか夫は起きたりしないの?」と今でも本気で気になります。

上の子のイヤイヤ期の対応が面倒

我が家の場合、上の子のイヤイヤ期が若干遅めだったので、下の子が産まれた直後はあまり問題ありませんでした。といっても、ママを下の子に取られた事によるストレスで今までなかった夜泣きをするようになったり、下の子に嫉妬することはありましたが、下の子に攻撃はしなかったのは幸いでした。

しかし、下の子がどんどんいろんなことが出来るようになり、私達が下の子をほめることが増えていくと同時に上の子のフラストレーションが爆発。嫉妬心も強くなり、突然わがままなり、更にイヤイヤ期発動。もー面倒で面倒で…。一緒に寝るのは絶対にママじゃないとダメ・下の子の状態なんて無視で外出したがる・抱っこばかり要求・いたずらが増える等、本当に手を焼きました。

下の子が1歳過ぎてからは理不尽なイヤイヤは減ってはきましたが、下の子にライバル心むき出しです。といいつつ、上の子は下の子が大好きで一緒に遊んでますけどね。

お風呂は超スピード勝負なので、気が抜けない

下の子がねんね期の頃は、下の子をベビーベットに転がしている間に上の子と私が急いで風呂へ。一応ベビーベットでベビーセンサーを設置していましたが、不安だったので高速でお風呂に入っていました。

上の子と下の子を同時にお風呂へ入れるようになってからは、怪我しないように・湯冷めしないようにと無駄な動きをせずにお風呂を終わらせるのが苦痛でした。上の子は言う事聞かないし、まだ自分で着替えられない。下の子は動き回って収集つきません。自分なりに色々工夫はしていましたが、それでも大変。

下の子が安定して立つようになってからマシになりましたが、今でも毎日お風呂の時間が苦痛です。

ちょっと外出するだけでも疲れる

上の子はもうベビーカーを卒業してとっくに長時間歩けるようになったにも関わらず「抱っこして」「ベビーカー乗りたい!」と無茶振りを言うようになって、1人で2人を外出するのがものすごく重労働。下の子が小さくて抱っこひもの時は良かったですが、下の子が1歳近くになると、もうどうしていいのやら途方にくれました。面倒なので、そのまま泣かせましたけどね。

なので、1人で子供2人との外出は不要不急でない限り辞めました。下の子が生後半年頃に夫が在宅ワーカー(仕事はPCがあれば出来る内容)になったので、外出は家族全員でするようになりました。ネットで仕事できる時代に生きていて本当に良かった!

家事やちょっとした用事がはかどらない

2歳の上の子は「ママママ~」と私にまとわりつき、下の子も動くようになると私を追ってくるようになります。ちょっと洗濯ものを取り込みたいとかトイレ行きたいとか掃除をするとかほんのちょっとの事ですが、まったくはかどりません。

2人が迫ってくるので、料理中は2人に危険がないように気を使うのは大変でした。しかも、離乳食と私たちの食事を別々に作るのも一苦労…。1人目の時は離乳食を手作りで一生懸命作っていましたが、2人目に関しては、生協の離乳食食材をフル活用して乗り切りました。手作りでなくても健康に育っているので1人目も手を抜けばよかったかも…。


2歳差育児2年目は少しだけラクになる

2歳差育児も2年目になると、少しはラクになります。というのも、上の子は幼稚園に入れることが出来るからです。地域によって違うかもしれませんが、私が住んでいる地域は3年保育が主流なので上の子は3年保育を選択しました。

幼児2人の育児を経験していると、幼児1人の育児はイージーモードに感じます。不思議ですね。上の子だけの時は、幼児1人でも結構いっぱいいっぱいになってたんですけどね。

さらに、下の子が1歳過ぎると出来ることがどんどん増えて、話す事もちらほらとするようになったので2人で遊んでくれるのも親としては助かっています。

2歳差育児は最初の1年がピーク。2年目からは最初の1年と比較するとマシになっていきます。大変すぎる1年も過ぎてみるとあっという間でした。一気に2人の育児が片付くと思うと、2歳差育児も悪くないかなと感じています。


関連記事一覧