【2歳差育児】1人で子供2人(2歳0歳)をお風呂に入れる方法。ねんね期~たっち期まで

私は上の子が2歳1ヶ月の時に、下の子を産みました。
2歳差育児をする上で、気になる事の一つとして「2歳と0歳を一人でお風呂に入れるにはどうすればいいのか」と悩んでおりました。
ネットでいろんな方の体験談を読んでとても参考になったので、私も下の子が1歳になるまで、子供2人を親(私)1人でどのようにしてお風呂に入れていたのか書いてみます。

これから2歳差育児になるあなたの参考になれば。

1人で子供2人(2歳0歳)をお風呂に入れる方法

お風呂の入れ方:下の子が新生児期の時

上の子:2歳1ヶ月
時期:9~10月(ちょうどいい室温)

下の子が新生児だった時は、朝か夕方ベビーバスに入れていました。そして、夕飯を食べてちょっとしてから上の子とお風呂に下記手順で入っていました。

1.下の子をベビーベッドに持っていく。ベビーセンサーを設置し、お風呂までアラーム音が鳴るように下の子の部屋のドアはしめない。
2.ささっと上の子と自分が服を脱いで、お風呂場へ。
3.シャワーのみでさっさと出る
4.下の子が起きていた場合、下の子が寝ている部屋まで行ってゆっくり着替えるが、寝ている場合は脱衣所で着替える(なるべく早めに)

まだ寝返りを打てないこの時期は、短時間であればベビーベッドに置いておいてもどうにかなるので私はそうしていました。
とはいえ、下の子が心配なのでベビーセンサーを設置していましたけどね。幸いにもお風呂中にアラーム音が鳴る事はありませんでしたが、いつも耳をすましてお風呂に入っていました。下の子が心配なのでバスタオルで身体をくるんで、着替えセットを持って下の子の様子を見ながらパジャマを着る事もありました。

ちなみに、お風呂から出るとき手間取らないように、上の子の着替えセットと自分の着替えセットはそれぞれ専用のカゴに入れて使っていました。銭湯みたいな感覚ですね。

また、この頃から上の子にバスタオルで身体を拭く練習をさせていました。中々できなかったですけどね。

お風呂の入れ方:下の子がねんね期(生後1~2ヶ月)の時

上の子:2歳2ヶ月~3ヶ月
時期:10~12月(11月後半になると寒くなる)

ベビーバスはまだまだ使用します。下の子の身体がしっかりするまで、ベビーバスで下の子の入浴させようと決めていました。
なので、新生児期とお風呂の入れ方についてはあまり変わりませんが、寒くなってきたので湯船に入る事が増えました。

1.脱衣所をある程度温めておく(リビングからエアコンの風を入れたりするなどして)
2.下の子をベビーベッドに持っていく。ベビーセンサーを設置し、お風呂までアラーム音が鳴るように下の子の部屋のドアはしめない。
3.11月中旬まではシャワーのみ。11月中旬以降は湯船に浸かる
4.湯船からは私が先に出てさっさと着替える。その際、上の子の様子がわかるようにお風呂のドアは開けておく。
5.上の子着替え。

私は湯船にはたいして浸からずに先に出ていました。理由は、脱衣所からはベビーセンサーのアラーム音がよく聞こえて安心できるからです。
上の子は湯船に5分程度入って遊んでいてもらいました。その間にアラーム音が鳴った場合は、上の子に「待ってて」と言って、急いで下の子を見に行って様子を確認。無事を確認したら、脱衣所までダッシュで戻っていました。

お風呂の入れ方:下の子が首すわり・寝返り期(生後3~5ヶ月)の時

上の子:2歳4ヶ月~7ヶ月
時期:12~3月(マジで寒い)

寝返りをする前までは、ベビーベットに置いておく作戦でしたが、生後4ヶ月で寝返りを始めたのでついに下の子はお風呂デビュー。万が一のことを考えて、お風呂の床には前面バスマットを引きつつ入っていました。
この頃は、こんな感じでお風呂に入れていました。

1.脱衣所をある程度温めておく(リビングからエアコンの風を入れたりするなどして)
2.上の子に「服を脱いで」と言いつつ、下の子の服を脱がせる
3.上の子が脱げなかった服を脱がす
4.ベビーバスにお湯を少し入れて下の子を寝かして私の足で軽く抑えとく(転がらないように)、上の子洗う
5.上の子を湯船に入れる。自分の身体と下の子の身体を洗う
6.一緒に湯船に入る
7.一緒に上がる
8.上の子に「これで身体あたためてて」と良い、ラップタオルにくるんどく(自分で身体をうまく拭けないので)、自分はバスタオル身体にまく
9.下の子をおむつを履かせたら、上の子のおむつも履かせる(おもらし防止の為)
10.下の子着替え
11.上の子着替え
12.自分着替え

本格的に寒くなり、お風呂出た後の着替えをどうしようかと悩んでいました。脱衣所温めても寒いし…。上の子は一緒に出たがるし、身体はうまく拭けないし…。

という事で、活躍したのが小学校の水泳の時間によく見かけるあのラップタオル。使用用途は違いますが、上の子の身体が冷えないようにできたのですごく役立ちました。これだったら、お風呂から出た瞬間、ラップタオルを上の子にかぶせておけばいいだけなので簡単。

もちろんプール行くときも使えるので、買っておいて損はありませんでした。

ささっと着替えを済ませるためにも、上の子・下の子・私のタオルと着替えは専用のカゴに入れて脱衣所に並べておきました。寒い冬の時期はとにかくスピード勝負!この時期が一番大変でしたね。

お風呂の入れ方:下の子がおすわり期(生後6~7ヶ月)の時

上の子:2歳8ヶ月~9ヶ月
時期:3~5月(肌寒い程度)

寒い冬が過ぎ去り、上の子も少しずつ自分で出来ることが増えてきたので少しだけラクになったと感じてきた頃。といっても、大変な事は大変でしたけど…。

1.脱衣所をある程度温めておく(リビングからエアコンの風を入れたりするなどして)
2.上の子に「服を脱いで」と言いつつ、下の子の服を脱がせる
3.上の子が脱げなかった服を脱がす
4.ベビーバスにお湯を少し入れて下の子を寝かして私の足で軽く抑えとく(転がらないように)、上の子洗う
5.上の子を湯船に入れる。自分の身体と下の子の身体を洗う
6.一緒に湯船に入る
7.一緒に上がる
8.上の子に「これで身体あたためてて」と良い、ラップタオルにくるんどく(自分で身体をうまく拭けないので)⇒途中からバスタオルで身体が更けるようになったのでバスタオルに変更
9.下の子をおむつを履かせたら、上の子のおむつも履かせる(おもらし防止の為)
10.下の子着替え
11.上の子着替え
12.自分着替え

下の子が生後6ヶ月でお座りできるようになったので、前よりは安定性が出てきて少しだけラクになりました。上の子も泡がついたところを自分で流したり、大人しくしてくれるようになったのもありがたかった…。

そして、あまり冷えなくなったのでスピード勝負なところはなくなりました。

お風呂の入れ方:はいはい・つかまり立ち・たっち期(生後8か月~1歳ごろ)の時

上の子:2歳10ヶ月~3歳1ヶ月
時期:6~9月(室温は適温)

上の子がかなりしっかりするようになってきたので、ラクになったと思いきや、下の子がはいはいやらつかまり立ち⇒歩くを始めたので、下の子を取り押さえるのが辛かったこの時期のお風呂に入れ方はこんな感じ。

1.お風呂に入る前におしっこにいく(上の子)
2.上の子に「服を脱いで」と言いつつ、下の子の服を脱がせる
3.上の子が脱げなかった服を脱がす
4.下の子を抑えつつ下の子と上の子を交互に洗う
5.下の子をガン見しながら、自分の身体を洗う
6.一緒に上がる
7.上の子に「バスタオルで身体を拭いといて」とお願いしつつ、下の子のおむつを履かせる
8.上の子のパンツはかせる
9.下の子の着替えをしている間に、上の子に出来るところまでパジャマを着てもらう
10.上の子が出来なかった部分を着替えさせる
11.自分着替え

寒くないので、湯船に入らなくなりました。上の子がトイレトレーニング中~完了時期だったので、途中で「オシッコ行きたい!」と面倒な事にならないために、お風呂の前には必ずおしっこにいかせていました。

これ以降は省略しますが、下の子が安定してトコトコ歩けるようになるとお風呂の時間も格段にラクなったので、本当に辛いのは1年半くらいなのかなと思います。


1人で2歳0歳と一緒にお風呂に入れる時に注意・工夫したことまとめ

文中に書いている事もありますが、注意・工夫したことをまとめました。

・脱衣所にヒーターは置かない(危ないから)
・お風呂にはバスマットを敷く。イスは置かず、じかに座る(よじ登って危ない)
・手元で水流のオン・オフができる節水シャワーヘッドへ交換(結構便利)
・お風呂に入る前に、着替えやタオルは専用のカゴに入れてまとめておく
・上の子が一人で身体を拭けない場合は、ラップタオルをかぶせて身体を冷やさないようにする
・1人で2人の風呂対応する元気がない時は、下の子⇒ベビーバス。上の子⇒身体拭くだけ。自分⇒夫が帰ってきたら風呂に入る。でOKとする

ベビーバスは0歳の内はまだまだ使えますので、絶対に捨てないで下さい。

1人で2歳0歳をお風呂に入れるのは、かなり大変だと私は感じました。しかし、過ぎ去ってみると「あっという間」の出来事だったなという印象です。不器用な私でも1人で2歳0歳をお風呂に入れる事は出来ます。

これから、私と同じような状況になるあなたもきっと大丈夫です!


関連記事一覧