3歳男の子の赤ちゃん返りを実体験 想像絶する大変さに霹靂


下の子が誕生すると、赤ちゃん返りをしてしまう子供がいます。赤ちゃん返りをする原因は、下の子をお世話する親を自分に目線を向けるための愛情表現だそうです。ところで赤ちゃん返りをするのは、男の子に多いそうです。女の子は母親と一緒に赤ちゃんのお世話をすると言われています。

我が家の3歳の長男も例外なく赤ちゃん返りをしました。お手伝いが好きで趣味が女の子に近いので、赤ちゃん返りはしないと思っていましたがしてしまいました。

赤ちゃん返りがはじまるきっかけ

赤ちゃん返りをする年齢層は3歳~小学校低学年までと幅広い年齢であてはまります。多くの赤ちゃん返りは半年以内に収まり、しだいと年上らしい行動になっていくそうです。しかし、赤ちゃん返りは1度だけでなく何度も繰り返していきます。赤ちゃん返りが甘えだとすると、甘えと自立をを交互に繰り返すことで精神的に成長していきます。

ところで赤ちゃん返りは自我が芽生え分別がつくころから激しくなっていくそうです。我が家の息子も妹が生まれた直後は赤ちゃん返りはありませんでした。というのも妹が生まれた直後は2歳だったからです。2歳は赤ちゃんに毛が生えた程度しか自我が確立しておらず、嫉妬という感情はほとんどなかったようです。さらに息子は言葉や発達がゆっくりだったため、輪をかけて赤ちゃん返りをしなかったと思われます。

3歳半となり言葉も爆発的に増え、会話が上手になり、分別がつき始めたのがきっかけです。赤ちゃん返りが始まったころの妹の年齢は1歳5か月。妹は乳児ではなく幼児になっていたのですが、彼には関係がなかったようです。

赤ちゃん返りの具体的な行動

赤ちゃん返りの具体的な行動を端的にまとめました。

抱っこ要求や親の後追い

今までも抱っこ要求はありましたが、家の中まで抱っこを要求してくることはありませんでした。特に妹を抱っこしているとき、妹の足を引っ張って自分を抱っこするようにせがみます。後追いも妹が私たちの後を追ってきたら、必ずその後ろから追いかけてきます。途中で妹を追い抜かして、抱っこ要求してきたり、足元にへばりついてきます。元々、甘えん坊な性格でしたが、さらに酷くなったようです。

妹を押し倒す

押し倒すといっても正面から押すことはほとんどなく、走りながらわざとぶつかったり、後ろから服を引っ張ったりして倒します。押し倒した後、叱り理由を聞くと「妹が好きだからやる」そうです。好きな女の子をいじめる男のみたいな感じでしょうか。また、嫉妬して怒っているときも押し倒すので妹との距離感がつかめていないのかもしれません。

妹のおもちゃや本を取り上げる

妹のそばに必ずいて、遊んでいる玩具を取り上げることがしばしばあります。取り上げた瞬間、私たちも本人を叱りますが、開き直るばかり。玩具を取り上げる理由を聞いたことろ「妹の物は僕の物」と理不尽な発言しかしません。他の子や人には一切意地悪はしませんが、妹が相手になるとジャイアンへと豹変します。

怒られると奇声をあげて大泣き

押し倒したり、玩具を取り上げる行為をしたら当然叱ります。叱ると大泣きで奇声を張り上げるので近所から通報されないかひやひやものです。以前は怒られても納得していましたが、最近は酷い奇声で泣きます。また、いじわるばかりするので妹が兄をこわがるようになりました。怖がって嫌われていることを本人に伝えると大泣きで抗議します。
いじわるはするけど好かれたいようです。

妹の行動を真似をする

1歳半の妹は行動が幼く、動きも緩慢です。赤ちゃん返りする前の息子は動きは早く、お手伝い大好きでした。赤ちゃん返りをしてからは妹の幼稚な行動をすべて真似をして、歩くときも妹の後ろからゆっくり後を追います。通常、兄の行動を妹が真似するのですが、我が家の場合、妹の行動を兄が真似します。せっかく1人で着替えやトイレができるようになったのに、妹の真似をするようになってからはやらなくなってしまいました。

言葉をしゃべらない

3歳を超えてから言葉の爆発期が訪れ、あっという間に会話を話せるようになった息子ですが、赤ちゃん返りをしてからは「あー」「きゃー」「まままま」など妹の擬音ばかり真似するようになってしまいました。言葉で伝えてほしい旨を説明しても、全くいうことを聞きません。時々、長い文章で会話をするのでお話は上手くなっているようですが、披露してくれなくなったことが残念です。

解決方法はとにかく甘やかす

我が家の場合、始めは赤ちゃん返りだと気が付きませんでした。いじわるが増え、奇声を発し、行動や言葉が赤ちゃんのようになったのか不思議でした。

しかし、赤ちゃん返りだとわかった瞬間しっくりきました。妹に対して嫉妬して、親に甘えていたのだろうと。2歳のころは嫉妬という感情が追いついていなかったのかもしれません。成長とともに感情の起伏も増え、嫉妬や甘えも激しくなったのだと思います。

赤ちゃん返りだと分かってからは、さらに甘えさせてあげるようにしました。行動に大きな変化はありませんが、3歳でなくてはできない気を利かせたお手伝いや指摘などが増えてきたので、息子には甘えさせるという方法が合っていたのかもしれません。

子供によって性格が異なるため、どれが正しいと断言することはできません。色々試行錯誤をしながら、子供と一緒に赤ちゃん返りを乗り切りたいですね。


関連記事一覧