【実録】3歳の男の子ができるお手伝いまとめ

3歳になるとお手伝いをしたがる子供が増えてきます。お手伝い内容は個人のバラツキが多く、できることも十人十色です。
我が家の息子も3歳の誕生日を迎えてから、お手伝いをしたがる傾向が非常に増えました。お手伝い内容を備忘録もかねてまとめましたので参考になれば幸いです。

3歳児ができるお手伝い7選

1.食器の片づけ&準備

自分の「食器」「フォーク&スプーン」などは積極的に運んでくれるようになりました。

また、食べ終わったら流し台まで食器を片づけます。アンバランスに持ち運ぶので、陶器やガラス類などは持たせることはできませんが、プラスチック製など割れない食器なら本人に任せるようにしています。食器の片づけや準備は2歳から興味があったので、徐々にやらせる回数を増やしていったところ3歳には完璧にできるようになりました。

2.洗濯物干し

私が洗濯物を干していたら一緒にやりたがります。

背が届かないため、台に乗るか私が抱っこをしてお手伝いしてもらっています。まだ握力が足りず、洗濯ばさみを広げるのが困難なため簡単な靴下や台ふきのみ干してもらいます。2-3個干したら満足するようで、飽きたら私の周りで遊んでいます。

洗濯物干しは全く教えていませんが、気がついたらやるようになりました。

3.掃除機がけ

掃除機は1歳から興味があり掃除機を使う真似をしていましたが、ごみを吸い取ることまでは理解していませんでした。

3歳になると遊んで散らかしたゴミを掃除機を持ってきて、自分で掃除したりする事もあります。やり方は雑ですがゴミは大体吸っているので、終わったら褒めるようにしています。

4.食器洗い

私が食器を洗っていたら、やりたがるようになりました。一応スポンジに石鹸をつけて食器をゴシゴシしています。

なるべく割れない食器を洗わせるようにしていますが、陶器の食器を間違えて洗ってしまい、落として割ってしまったこともありました。危ないのでやって欲しくないですが、本人がやりたいので仕方ありません。最近は食器を流し台まで運び、洗うところまで一連の流れをするようになりました。

5.トイレ掃除

トイレ掃除はブラシを便器に突っ込み上下させることが面白いようです。

お手伝いといえるか微妙なところですが、本人なりに掃除しているつもりみたいです。終わったら必ず「キレイになったね」と言うので満足はしているようです。邪魔なのであまり参加してほしくないですが、楽しんでいるので仕方ありません。

6.妹のオムツ捨て(妹の世話)

1歳の妹のオムツを捨てたりするようになりました。気分によっては妹と一緒に遊んだり、面倒を見てくれたりします。妹も兄が好きなようで、私たちが相手するより楽しそうです。親としては1歳の娘と遊んでくれることが、何よりも助かります。

7.料理

まれにですが、私が料理していたら手伝いにきます。

手伝いといってもホットケーキの具材を混ぜたり、野菜を鍋に入れたりするだけです。背が低いので台に乗ってやりたがりますが、非常にアンバランスで台から落ちたことがあります。落ちないよう監視しなくてはならないので非常に邪魔です。本当は別の場所に行ってほしいですが、無理やり別室に連れて行くとと怒るので諦めています。


3歳のお手伝いは危険と隣り合わせ

3歳になると手先が器用になりできるお手伝いは増えてきます。本当はやって欲しくありませんが、好奇心を抑えつけて、何も経験させないと成長に宜しくありません。
子供に注意しながら家事をするのは非常に疲れますが、この時期特有の悩みだと割り切るしかなさそうです。


関連記事一覧