アレルギー専門医に聞いた ステロイド外用薬・保湿剤の正しい塗り方【赤ちゃん】

ba55b652c7692ef380372c14081e21e5_s「皮膚科に行ってステロイド剤を塗っているのに治らない」

乳児湿疹が酷くなって、皮膚科に駆け込んで処方されたステロイド剤を塗っても、良くなったり悪くなったりで何ヶ月も治らないとお困りではありませんか。

私の息子は生後5ヶ月頃、身体中血が出るまでかきむしっていた息子を見兼ねて皮膚科へ通いました。皮膚科からステロイド剤を貰ってせっせと塗る日々。確かに皮膚科へ行く前の肌の状態よりはだいぶ良くなりましたが、身体の赤みが消えませんでした。

息子が生後9ヶ月。フレンチトーストを食べてアナフィラキシーを起こし救急搬送重度の卵アレルギーであることが判明しました。その際にアレルギー専門医のいる病院へ駆け込んだところ、息子の肌を見てその専門医は「乳児湿疹ではなくてアトピー性皮膚炎ですね」と一言。

そしてそこの病院でアトピー性皮膚炎の治療もする事になり、1週間も経たないうちに息子の肌がぷにぷにとし、真っ白な肌になっていったのです。

ステロイドは正しい量・適切な塗り方をしないといつまでも治らない

11d0a30b7c85042ce52974a061797fcc_sアレルギー専門医の病院で、皮膚科に通っていた時の薬を提示しました。
ちなみに皮膚科でもらっていた薬は以下です。

・プロペト(顔用:弱い)
・ヘパリン(身体用:弱い)
・ビーソフテンローション(頭:弱い)
・アルメタ(顔用:強い)
・プロメタゾン(身体用:強い)
・デルモゾールGローション(頭用:強い)

肌の状態が酷い時には強い薬を塗って、落ち着いたら弱い薬を塗る。なるべく薄く塗るように。

というのが皮膚科の指示でした。
「塗る量が極端に少ないですね。これではずっとダラダラとステロイド剤を使ってしまって、かえって肌によくありませんよ」

ちなみに薬の種類としては、皮膚科でもらったものでも問題なかったそうです。問題は正しい塗り方。

そしてアレルギー専門医の病院で以下の薬を処方されました。
sute-list

・プロペト(身体用)
・リンデロン(顔と首用)
・マイザー(身体用)
・リドメックス(頭用)

専門医に聞いた 正しいステロイド外用薬・保湿剤の塗り方

そもそも自己判断で薬の強さを変えたり、薬を塗るのを辞めてしまうといつまでたっても効果を得る事はできません。そしてとりあえずステロイドを塗るという治療ではなく、保湿剤/軟膏剤を塗って肌を保護してから、ステロイド外用剤を塗るのが正しいそうです。

息子の場合、まず全身にプロペトを塗ってから、各ステロイド外用薬を塗って下さいと指導を受けました。

ステロイド外用薬・保湿剤の使用量の目安

皮膚科に通っていた頃、ステロイド剤は朝と夜の2回にわけて塗り、2週間で10g(身体)を使い切るというペースで薬を貰っていました。それを聞いた専門医曰く「1歳のお子さんの場合、一回で使う量は約7gなので、極端に少ないですね」と言う事でした。

6ヶ月位のお子さんでも一回につき約4gが適量とか。思ったよりも大量にステロイドを使わなければいけないそうです。

ステロイドの副作用は?

「ステロイドの副作用が怖い」

私はステロイドの使用量を聞いて怖くなったので、専門医に聞きました。確かにステロイドを使い続ける事で皮膚の赤み・萎縮・毛深くなる可能性もあるそうです。しかしながら、このような副作用は適切な処置をすれば、大概元に戻ると聞いて安心しました。

副作用が怖いからと言って指示に従わず、中途半端にステロイドを使っているといつまでたっても肌がよくなりませんステロイド使用期間がドンドン蓄積される方が赤ちゃん・幼児の肌には負担がかかりますので、治療期間は割り切ってたっぷりとステロイドを塗る事が大切です。

私は割り切りました。血が出るまで掻きむしって辛そうな息子はもう見たくありませんから。心を鬼にしてステロイドを塗っています。

ステロイド外用薬・保湿剤の正しい塗り方

「息子には一回につき7g程度ステロイドを使用するのはわかったけど、どの様にしてステロイドのグラム数をはかればいいのかわからない」

一瞬そう思ったのですが、簡単な方法があります。

軟膏やクリーム状になっているステロイドの場合、成人の人差し指の先から第一関節の長さが約0.5gとの事。なお、0.5gで成人の手の平の面積約2枚分、薬を塗るのが適量です。

sute1

この方法でステロイドを塗っていくと、息子の身体はベッタベタ。自分の手もベッタベタになってしまいますので、乾いたタオル等を手元に用意して塗った方がいいですよ。

1人で塗るときは地獄。息子は動いちゃうし、ステロイドがついた手だとすべっちゃうのでもう大変です。我が家では無理矢理夫を召還して2人で息子のステロイド塗りを対応しています。朝起きるのは30分程前倒し。ちょっと辛いけどしか仕方がないですね。

頭用にもらったステロイドがローションだったのですが、ローションの場合は1円玉サイズが約0.5gだそうです。

sute2

1円玉サイズってよくわからないのですが「これ位かな?」と思うよりも大きめでした。最初ローションを出した後、1円玉と比較してみたら想像以上に1円玉が大きかったです。

 

ステロイド外用薬・保湿剤の正しい塗り方をした結果

皮膚科に通っても肌の赤みが治らなかった息子の肌ですが、ステロイドの正しい塗り方をはじめて1週間ほどたった結果。

hada見て下さい!この白い肌。
びっくりするくらいキレイに治りました!

…と安心するのはまだ軽率。

「治った!」と安心してステロイドを辞めてしまうと、元に戻ってしまう事があるので、ステロイドを少しずつ弱いものに変えて段階的にステロイド使用量を減らしていく事が必要だそうです。

中々治らない乳児湿疹・アトピーはアレルギー専門医がいる病院へ

数か月間ステロイドを塗っても、中々肌の状態が回復していかないとお悩みでしたら、お子さんをアレルギー専門医のいる病院へ連れて行って欲しいです。

ただの乳児湿疹ではなく、アトピー性皮膚炎かもしれません。
アトピー性皮膚炎とは環境的要因、食事、肌の乾燥等によって刺激され分泌されたヒスタミンの作用によって肌に強いかゆみと乾燥を伴う病気で、民間療法では治りません

なお、食物アレルギーはアトピー性皮膚炎を併発している子が多く、食物アレルギーの検査もした方がいいいかもしれません。特にこれから保育園にお子さんを預ける予定があればなおさらです。食物アレルギーと知らずに保育園で事故にあったら最悪の場合、命を落としかねません。食物アレルギーは命に関わります

子供を命を守るのは、私達両親にしか出来ません。

「肌荒れが治らないけど、こんなもんなのかな」と悠長に構えていては危険です。子供の命を守る為にも、専門医で適切な処置を行って下さいね。

SIDS対策してますか 子供の命を守るベビーセンサー導入を

アレルギー疾患のあるお子さんは、喘息等に移行し呼吸器系が弱くなってしまう傾向があります。
就寝中に呼吸が止まり、突然死してしまう事故が保育園で何件も起きているというニュースをよく聞きますよね。
これはSIDS(乳幼児突然死症候群)ではないかと言われています。

就寝中のお子さんの呼吸を監視するベビーセンサー。
SIDS対策の為、導入すると私達両親もとても安心出来ますよ。

私達はベビーセンサーを導入しています。レビューは以下の記事です。

乳幼児突然死症候群はベビーセンサーでSIDS対策!エンジェルケアAC300レビュー
乳幼児突然死症候群(通称:SIDS) 前日まで元気だった赤ちゃんが突然死亡してしまう病気です。子育て系雑誌を読んでいる時に偶然知り...

おすすめベビーセンサーはこちらでまとめています。

【SIDS対策】ベビーセンサーで赤ちゃんを守ろう オススメ乳幼児センサー5選 
SIDS:乳幼児突然死亡症候群 それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく眠っている間に突然死亡してしまう病気 日本での発症...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

30代前半。1児の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を転々としてきました。その後独立。WEB運営業を行っております。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に息子を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る