【口コミ評価】甘口カレーランキング。市販甘口カレー4種類を食べ比べ

市販のカレールーなんて味はあまり変わらないと思っていませんか?私はカレールーによって差があると思っていなかったので、いい加減に食べていた口です。

しかし味蕾の発達した子供にカレーを食べさせたところ、ルーによって食べむらがあることに気が付きました。カレールーによってどの程度味に違いがあるのか?食べ比べてみることにしました。
今回の比較するカレールーは4種類。

・S&Bディナーカレー
・コスモ直火焼き りんごカレー・ルー
・グリコ カレー絶品(ZEPPIN)
・グリコ プレミアム熟カレー

たまたまグリコが2種類になりましたが、スーパーでよく目にするカレーを集めました。今回は子供でも食べられる「甘口」で4品を比較してみます。

栄養成分の比較

カレールーによって栄養成分が異なるのか?栄養成分を比較してみました。

1皿あたりディナーカレーりんごカレー・ルーカレー絶品(ZEPPIN)プレミアム熟カレー
カロリー103kcal96kcal118kcal108kcal
タンパク質1.3g1.4g1.4g1.3g
脂質6.9g5.9g8.4g7.8g
炭水化物8.8g9.4g9.3g8.1g
食塩1.8g1.8g1.9g2.0g

4品を比較してみましたが、数値の違いはほとんどなく、大体似たり寄ったりでした。意外とカレールーは塩分が高く1皿分で2g程度含まれています。1箱8皿分と仮定すると16gの塩分が1箱に含まれています。

原材料を比較してみた

カレールーの味が異なるのであれば、原材料も違うはず…そこで原材料を比較してみることにしました。
ディナーカレー
りんごカレー・ルー
絶品カレー
熟カレー

カレールーによって使用されている材料は大きく異なりました。特にグリコの原材料の多さには驚きです。逆にコスモ直火焼きに関してはシンプルな原材料になっています。

小麦粉、食用油脂(豚脂)、果実・野菜(りんご、トマト、玉ねぎ、にんにく)、カレー粉、食塩、砂糖、チャツネ、発酵乳、肉エキス(ポーク、チキン)、ココナッツミルク、酵母エキス、カラメル色素

乳幼児が食べるにあたり、食品添加物や人工甘味料などがなるべく少ないカレールーを選択するとすれば「コスモ直火焼き りんごカレー・ルー」一択になります。味にどの程度影響をもたらすのか気になるところです。

調理して食べ比べてみました

うんちくはここまでにして調理して食べ比べた結果をまとめていきます。
調理方法はジャガイモやニンジンは電子レンジで柔らかくして
鍋に煮込むだけといったシンプルな調理方法です。煮込む際は灰汁取りシートを上にのせて灰汁を取ります。なるべく公平にしたいので、すべて同じ調理方法です。

ちなみにルーを見比べてみると、ディナーカレーはオーソドックスな見た目でしたが、他の3種類は少し変わっています。
りんごカレー・ルーはカレールーというよりカレー粉といった感じです。
熟カレーは2層のルーになっていて、味に甘みと深みをもたらしているとのことです。
絶品カレーはカレールーの中に濃厚ペーストを閉じ込めて、美味しさを格段にアップさせた作りになっています。

ディナーカレー:洋風カレー

ディナーカレーはフランスで最高の出汁と言われている「フォンドヴォー」を使用した深いコクと味わいの最高級欧風カレーがキャッチフレーズ。出来上がりは普通のカレーでした。
粘度は高くなく、香りは普通のカレーです。甘口ですが、甘みはほとんどなく辛味も全くありません。香辛料がかなり入っているため、辛味のない普通のカレーといった感じです。デミグラスソースのような香りが若干するので、これが「フォンドヴォー」なのかもしれません。

欧風デミグラスカレーといった感じで、甘みがないため子供にはあまり向いていません。実際、3歳の息子はあまり食いつきがよくありませんでした。

りんごカレー・ルー:リンゴ風味のカレー粉

完熟リンゴとフルーツチャツネを20種類以上のスパイスで丁寧に焼き上げた「直火焼製法」のカレールー。自然の甘みと香り立つスパイスが特徴のカレーだそうです。

香りは甘口とは思えないほどスパイスが効いています。食べてみると辛さはなく、リンゴの甘みを生かした味です。スパイスが効いていて少しピリッとしますが、子供でも充分食べられる辛さです。スパイスのうまみが効いていて、大人でも美味しく食べられる甘口カレーは非常に貴重といえます。

若干粉っぽい点がマイナスポイントですが、それを上回るスパイスやリンゴの美味しさを持っているカレールーでした。

プレミアム熟カレー:甘みのみうま味はない

20種類のうま味重ねた深いコクと500時間以上熟成したスパイスのカレーです。
トロトロした食感でとにかく甘いです。スパイスの風味は一切なく、カレー風味のはちみつを食べている感じでした。1歳でも食べられるほど甘いので子供には向いているかもしれませんが、大人はとても食べられる品物ではありません。私は残してしまいました。

カレー絶品(ZEPPIN):焼き玉ねぎの香り

まさに「絶品」。濃厚な大人の味わい。 デュクセルソースと40数種スパイスで仕上げた、大人向けの本格的なカレーです。濃厚なコクと風味豊かな上質な味わいを追求したカレーだそうです。

コクがあり、焦がし玉ねぎの良い香りが広がるカレーです。香りがお店のカレーを思わせるほど美味しく、甘口とは思えないほど深いコクを生み出しています。スパイスの香りはあまりないですが、その他の素材が際立ち、とても美味しいです。子供の喜んで食べていました。

4種類カレーのランキング

最後に4種類のカレーを勝手にランキング形式にしました。

1位:コスモ直火焼き りんごカレー・ルー
2位:グリコ カレー絶品(ZEPPIN)
3位:S&Bディナーカレー
4位:グリコ プレミアム熟カレー

1位のリンゴカレーはスパイスが非常に効いていて美味しいだけでなく、乳化剤などの添加物がほとんど含まれておらず、子供に食べさせるうえで安心できる点に交換を抱きました。
2位のカレー絶品も味は美味しいですが、添加物が非常に多いので子供に食べさせることを考慮すると若干のマイナスポイントです。3位のディナーカレーは普通のカレーですが、子供の口にはあまり合っていません。4位の熟カレーは単純にまずいです。旨味と辛味を全てなくし、甘くしただけのカレー風味の何かといっても過言ではありません。

当サイト管理人が勝手に4品の甘口カレーをランキング形式にして紹介しました。皆さんが甘口カレー購入で迷った時、参考になれば幸いです。


関連記事一覧