【アルバイト体験談】コミュ障が飲食店バイトをするとコミュニケーション能力が上がるのは本当か

「飲食店でアルバイトをすると、少しはコミュニケーション能力は上がるのかな」

私は根っからのコミュ障ですが、学生の頃「そろそろコミュ障を何とかしたい」と思って、接客業アルバイトをいくつもしてきました。強制的に人前で話す機会があればコミュ障は治ると思い込んでいたからです。しかし、実際には飲食店でのアルバイトはコミュ障を治すどころか逆にコミュ障がひどくなりました。

それは一体なぜでしょうか。コミュ障を治すために飲食店アルバイトをしようと考えているあなたは是非一読下さい。

飲食店アルバイトでコミュ障がひどくなってしまった理由

理不尽なクレーマーがたくさんいる

飲食店で働く前にはあまり想像していませんでしたが、実際にアルバイトをしているとどんな飲食店でも(上品な地域のお店であっても)理不尽なクレーマーにかなりの頻度で遭遇します。

・自分が想像していたものと違ったからお金は払いたくない(ちゃっかり食べ終わっている)客
・故意にガラスの破片などを入れて、損害賠償請求してくる客
・BGMが気に入らないと激しいクレームをつける客
・「おつりはピン札にしろ」とかわけわからんことをいう客

「料理の提供が遅い」「注文したものが間違っている」とかそういうクレームは理解できますが、上記の様なわけわからないことをアルバイトに怒鳴る客(中年~高齢者)が多く、度々メンタルやられてました。大抵は「店長を呼びます」と言って逃げたりしていましたが、心臓に悪かったです。不思議な事に若者はクレーム付けることはありませんでした。なんでだろ。

忙しくなると険悪な雰囲気になり居心地悪し

暇な時はいいですが、忙しくなるとキッチンもホールも戦場と化します。とにかく早く正確に仕事を終えて乗り切りたいので、皆ピリピリ。もし、そんな時にオーダーミスなんてしようものなら白い目で見られます。それだけでなく、客からも「早くしろよ」オーラが出ているので胃がキリキリしました。

私はそれが嫌で嫌で仕方がなくて「早くランチタイム終われ」「早くディナータイム終われ」と願いながら仕事をしていました。

従業員同士でのランク決めがあり、仕事が遅いといじめられる

「あの人は仕事できる」「あの人は仕事が雑」など、いつの間にか従業員同士でランクが決められます。仕事が遅かったりするといじめの対象に…。私は今まで色々な業態の職場を経験しましたが、こんな事でいじめられるのは飲食業(やサービス業界)だけでしたね。私は明らかなターゲットになる事はカフェバイトの時だけでしたが、従業員同士のケンカやいざこざが多くてウンザリしていました。

今でも飲食店に入って従業員を観察していると「あ、あの人はいじめられてるのかな」「あの人はお局様的な人だな」と結構わかります。

精神的なストレスの多いアルバイト環境

上記の様に精神的なストレスがかかるので、コミュニケーション能力が~という以前に「嫌われたくない」「無難に仕事したい」という気持ちが強く、余計な事を一切話さなかったのでコミュ障が余計にひどくなりました。コミュ障ならコミュ障なりにもっと裏方のアルバイトをしていればよかったのに…。接客業でのアルバイトは本当に後悔しています。

嫌だったらすぐに辞めて。アルバイトだからすぐに辞めたっていいんだよ

私はまじめだったので「シフトが多い自分が辞めたら、迷惑がかかる」と中々アルバイトを辞める決意が出来ませんでした。でも、アルバイトなんて嫌だったら(ある程度事前に報告して)自分の好きな時にやめていいと思います。

特にサービス業やら接客業、飲食店アルバイトの代わりなんて、掃いて捨てるほどすぐに見つかるので遠慮することはありません。あまりにも自分と合っていない様であれば速攻辞めてしまいましょう。


コミュ障におすすめなアルバイトは?

自分がアルバイトをした中で人間関係がラクだったのは以下。

・ポスティングスタッフ
・工場バイト
・アンケートモニター活動
・交通量調査
・採点

ちなみに、私はバイトルでアルバイト先を見つけていました。上では紹介していませんが、コミュ障でも人間関係気にせずコツコツと出来る仕事(シール貼りとかデータ入力など)も見つけやすいですよ。


関連記事一覧