【離乳食奮闘記】料理苦手ママの離乳食生活まとめ。離乳食開始2か月目。

dc44f9186f8c0bbbea641b927e646c20_s料理苦手な私ですが、なんとか離乳食生活をはじめています。今までいくつかの書籍やブログを参考に離乳食を進めていますが「こんな手の込んだの出来ない!」とさじを投げそう…。

そんな私の離乳食生活2か月目をまとめてみました。意識高い系ママの離乳食なんてうんざりだと思っているあなたが安心するかもしれません。

離乳食開始2か月目。離乳食生活まとめ

息子は離乳食に関しては全くといっていい程つまづくことがありませんでした。⇒後に重篤な卵アレルギーであることが判明します…。

何がツライのかと言うと、料理が苦手な私が離乳食を作らなくてはいけないという事ですね。
離乳食1ヶ月目は人参を柔らかくしたものとか10倍がゆみたいな単純な料理でもよかったですけど、2か月目となると色々な食べ物を食べさせないといけないと思ってメニューを考えるのが大変でした。

離乳食2か月目の進み方

息子が生後6ヶ月に突入した所で2回食へと切り替えました。
離乳食をあげる時間は、きっちり決めるとプレッシャーになりそうなのでおおまかにしか決めていません。

午前中と夕方以降。

あまり食が進まない時は、ムリはさせませんでした。

離乳食を与える時は、ベビーチェアやバウンザーというご家庭が多いかと思いますが、まだ(成長ゆっくりな)息子は1人でお座りできなかったのでチャイルドシートに座らせて離乳食をあげていました。

syougatu2▲息子はチャイルドシートがお気に入りなのです

生協(コープデリ)のベビー食材を活用

とにかく私は料理がニガテなので、コープデリのベビー食材を併用していました。
どんなもんかな?と思っていましたが、ものすごく便利。

bf2-1▲裏ごしした野菜などコープデリでは様々なベビー食材を取り扱っています。

coop-kabocya▲今回は裏ごしかぼちゃを買ってみました。

bf2-6▲調理方法も簡単で電子レンジで解凍して、お湯と混ぜて溶かすだけ。

bf2-7離乳食調理セットを使ってそうめんを裏ごし

bf2-8▲裏ごしかぼちゃを使って、そうめん+かぼちゃを作ってみました。

2か月目離乳食メニュー一例

離乳食開始2か月目では、食材を混ぜた離乳食作りを心がけました。

とある日の離乳食
1回目・トマトがゆ
・豆腐+しらす
・ベビーダノン
2回目・しらすがゆ
・さつまいも+じゃがいもスープ
・バナナヨーグルト

主食+副菜+デザートみたいな感じで作っていました。同じメニューを2~3日続けて問題なさそうなのを確認してから、別メニュー。

「同じメニューばかりだと赤ちゃんは飽きる」と離乳食の本には書いていたりしますが、息子はまだそんな自我は芽生えていないのでわりとラク。⇒1歳過ぎると好き嫌いがはっきりしてくるので大変です。

与えられたらそれを食べる。

まだまだそんな感じ。

なるべく様々な野菜をと思って、野菜をすりつぶした離乳食を沢山出していました。作り置きもある程度していましたが、2回食になると消費が激しくてあっという間になくなりましたね。

市販のベビーフードも試しました

離乳食開始2か月目後半になってくると、もぐもぐするのが上手くなったので、7ヶ月頃からと書かれている市販のベビーフードもフライングで与えてみました。

babyf1babyf2▲一度に与えるのは半分位。かなり美味しそうに食べてました。

遊び食べをするようになる

息子はなんでもかんでも食べるので、その辺はラクだったのですが、食べてる途中でいろんなものが気になってしまって遊び食べをするようになりました。

対策として、TVを消したりしましたが、とにかく全てのモノが気になる様であまり効果はありませんでした。我が家には飼い猫がいるのですが、猫をひたすら見ていたりしてとにかく気が散ってしまう様です。

まあ、そんな時は口をあけてパクパクするまで待つ(放置)しかないですね。大人の都合で赤ちゃんに食事の強要をしても仕方がないですので、息子のタイミングで離乳食をあげていました。

ちなみに離乳食とは関係ないですが、赤ちゃんと猫は相性がいいです。うちの息子は猫を友達だと思っているみたいでよく話しかけていますし、猫は猫で息子を「手のかかるなにか」だと認識している様です。

最近では、猫と一緒にコロコロ寝返りをしたり話をして遊んでいます。
猫は息子が寝返りでどこか変な所に言ってしまうと、ニャーニャー言って知らせてくれます。

不思議な事に猫は息子を攻撃しません。
息子が猫にちょっかいを出しても、じっと耐えています。

離乳食開始2か月目を終えて

bf2-3離乳食作りってやっぱりしんどいというのが本音。

料理好きな方は楽しいかもしれませんが、料理スキルがあまりない私には自分たちの食事と違って色々と気を使わなくてはいけないので、毎日ちょっとツライ。

特に食材の裏ごしが面倒臭い!

でも、色々考えているうちにもぐもぐ期に入ってしまい、段々離乳食作りがラクになってきました。
「子育ては大変」と今思っていても赤ちゃんはドンドン成長してあっという間に状況が変化(ラクな方へ)します。

今しかない「大変な時期」をもっと楽しくやっていけたらなと感じています。

ところでブログやSNS(特にインスタ)であまりにも素敵な離乳食を公開している人を見るとなんだか落ち込みませんか。

あんなのは気にしない方がいいですよ!

私と同じように料理スキルがなくてつんでいるのであれば、頑張りすぎずに市販のベビーフード等も併用して乗り切りましょう。世の中には私みたいに適当な離乳食しか作れないママだってたくさんいます。安心して下さい。⇒第2子の離乳食はもっと適当になりました。でも、第2子は健康優良児です。

【こんな記事も読まれています】
子育てママがコープデリ(生協の個人宅配)を利用した口コミ評価。離乳食食材が本当に便利
生協「コープデリ」「パルシステム」どっちがいい?子育てママが両方利用してわかったこと
うつぶせ寝から赤ちゃんを守れ!おすすめベビーセンサー5選
「保育園落ちた生活ピンチ」なママ必見。自宅で出来る主婦にオススメ在宅ワーク5選

関連記事一覧