【離乳食奮闘記】離乳食開始3か月目 料理苦手ママの離乳食生活まとめ

ri-7離乳食を開始してから、あっという間に3ヶ月が過ぎました。

モグモグ期に突入したので、離乳食にも色々気を使わないといけませんよね。私には姉が居て、うちの子よりも1歳年上。なので、色々参考にしようと思って聞いてみても、手の込んだ離乳食ばかりで全然参考になりません。

ブログやSNSで見てみても「こんなの毎食出してられない!」というステキな離乳食ばかり。
よくよく考えてみれば、発信する人達は「自信があるから」ネットで公開しているのであって、当然と言えば当然ですね。

「料理はホント苦手」

そんなママの離乳食生活を公開します。

皆が皆、すごい離乳食を作っている訳ではないと安心しながら読んで頂ければと思います。

離乳食開始3か月目 離乳食生活公開

食事に関してはまったく苦労せず、順調な息子。
モグモグ期に入った7ヶ月でしたが、今回も苦労せずに離乳食が進みました。

5・6ヶ月はあまり変わり映えのしない離乳食生活でしたが、7ヶ月からは色々と変化がありました。

ベビーチェアに座るようになった

ri-7-3おすわりが安定してきたので、ベビーチェアを購入しました。

カトージ 「ベビーチェア123」 の口コミ評価。離乳食テーブルとして大活躍

「ベビーチェアなんてどれも同じでしょ?」と思ったのですが、評判の悪い粗悪品もあるみたいなので、楽天市場で一番評判がいいモノを選びました。私が購入したプレミアム ベビーチェア123 は60キロまで耐えられるそうなので、しばらく継続して使えそうです。作りもしっかりしているので、評判がいい理由も理解できました。

歯が生えてきたので、手づかみ食べに挑戦

息子は7ヶ月に入ってから下の歯が生えてきました。

まだ早いかなと思ったのですが、近所のスーパーでみつけたひじきせんべいのパッケージを見ると「6ヶ月頃から」という記載があるので、試してみました。

ri-7-6▲ホントに6ヶ月頃から食べられるのでしょうか。

tedukami▲問題なく食べています。

苦労するのかと思ったのですが、あっという間にクリア。
1回目にして上手に食べる事が出来ました。確認のため自分でも食べてみたのですが、かなり柔らかいです。口の中で溶けるので赤ちゃんでも安心ですよ。

でも、歯が生えていない赤ちゃんは厳しいですね。
赤ちゃんの月齢で判断するのではなく、歯の生え具合が目安になるのはないかと思います。

下の歯が生えて来たばかりの息子には「7ヶ月頃から」と書かれているチーズスティックは食べられませんでした。

ストロー飲みにも挑戦

私がよく読ませていただいている育児ブログの方が「8ヶ月になったのでストロー飲みを試してみた」と書かれていました。もうそんな時期なのかと思って、ダメ元でストロー飲みに挑戦してみました。

ストローマグは調べたのですが、あまり評判や口コミを見つけられませんでした。ですので哺乳瓶と同じメーカーのモノを購入してみました。


>>Pigeon マグマグ ストロー 200ml
ri-7-5▲実物はこちら。ミルクが熱いと少し漏れてしまいます。

実際に試してみたところ、下手くそでしたが時間をかけて飲むことに成功。
でも、このストロー自体が飲みにくそうだったので、近所のスーパーで赤ちゃん用のりんごジュースを購入。

ri-7-2▲このストローの方が飲みやすそう。

という訳で、ストロー飲みの練習は赤ちゃん用の飲み物にしました。
上手になったらストローマグに戻る計画です。

下手ではありましたが、やはりこちらの方が飲みやすそうでした。
ゆっくりではありましたが、確実に飲んでいます。
ri-7▲おいしそうに飲んでいます。

1週間ほどこのストローで練習をさせた後、再びストローマグに戻しました。
sutoro-nomi▲上手に飲めるようになりました。

という事で、ストロー飲みもマスターしてしまいました。

離乳食3か月目の進み方

モグモグ期に突入し、形のある食べ物もOKになってきたので離乳食作りも比較的ラクになってきました。
食べ物の好き嫌いもなんとなく出てきましたね。息子は納豆おかゆがお気に入りのようです。
一方、さかな系はあまり好きではないみたい。とは言え、食べる事は食べるんですけどね。

生協(コープデリ)のベビー食材が大活躍

先月に引き続きコープデリのベビー食材が大活躍しています。
料理が苦手な私には本当にありがたい。
ri-7-coop2▲白身魚と野菜がゆのポーション。レンジで加熱し、水かお湯を混ぜるだけなので簡単です。

3か月目離乳食メニュー一例

とある日の離乳食
1回目・納豆がゆ
・ジャガイモとかぼちゃをつぶしたもの
・ベビーダノン
2回目・白身魚と野菜がゆ
・コーンスープ
・バナナヨーグルト

時々、手づかみ食べの練習としてひじきせんべいなどもあげています。

我が家の場合、離乳食1回分の量としては、市販のベビーフード(80g)+ベビーダノン+ミルク120~140ml位をあげています。

ri-7-4▲このタイプのベビーフードが80gですね

離乳食生活3か月目を終えて

今月はストロー飲みと手づかみ食べに挑戦し、ちょっと大変でした。
裏ごし作業が少しラクになったので、離乳食作りとしては先月よりも大変ではありませんでしたけどね。

離乳食生活4か月目も同じような感じで進めていく予定です。

育児雑誌やSNS等を見ていると見た目にもこだわっている離乳食を作るママもいますが、見た目がぐちゃぐちゃでも子どもが美味しく食べられれば問題ありません。

時々は市販のベビーフードやコープデリにも頼って、手を抜くところは抜いて育児もラク出来る所はする。それが笑顔で子供と向き合う秘訣です。

【こんな記事も読まれています】
子育てママがコープデリ(生協の個人宅配)を利用した口コミ評価。離乳食食材が本当に便利
生協の「コープデリ」「パルシステム」比較@子育てママ視点
【赤ちゃん】食物アレルギーで蕁麻疹・湿疹が出たら至急病院へ直行せよ
子供が食物アレルギーだと判明して変わった生活習慣

関連記事一覧