赤ちゃんが寝るときの防寒対策まとめ。服装や布団、暖房はどうする?暖め過ぎは厳禁!

寒い冬。赤ちゃんが寝るときの防寒対策で悩んでいませんか。
「暖かくしないと風邪を引いてかわいそうだけど、暖房をつけると乾燥が心配」と悩みが尽きることはりません。この記事では、冬、赤ちゃんが寝るときの防寒対策や注意点についてまとめました。我が家の体験談を交えてお伝えします。

・寒い時、赤ちゃん就寝時の服装について知りたい
・寒い時、赤ちゃん就寝時の布団や暖房はどうする?
・赤ちゃん防寒対策の注意

いずれか気になっているあなたは参考にして下さい。

赤ちゃんが寝るときの防寒対策まとめ

はじめに:赤ちゃんの暖めすぎは厳禁!SIDS(乳幼児突然死症候群)を引き起こす可能性も

赤ちゃんは体温調節が非常に苦手で、衣服や布団などで着こませすぎると熱がこもってしまいます。
熱がこもるだけでなく高体温となり、未熟な呼吸器系統に異常をきたし、SIDS(乳幼児突然死症候群)を引き起こす可能性があると様々な研究で指摘されています。

なので「赤ちゃんが寒そうだ」と大人が思っても、着こませ過ぎない/暖め過ぎないようにする事が重要になります。

赤ちゃんにとって快適な室温と湿度は?

【赤ちゃんに快適な室温】
夏場:26~28℃
冬場:20~23℃
【赤ちゃんに快適な湿度】
40~60%

赤ちゃんは暑さや寒さにとてもデリケートなので、なるべく家の中を上記の室温と湿度に保っておきたいものです。
部屋を暖める方法として、安全なのが「エアコン(暖房)」。しかし、エアコンをかけると湿度が下がってしまい、赤ちゃんの肌が乾燥するのはかわいそうです。

なので、我が家では暖房器具なしで普段から部屋を暖めておく対策を取りました。

・スチーム式加湿器(象印の加湿器EE-RN50
断熱防寒レースカーテン
透明ビニールカーテン

湿度の関係によっては、除湿機も時々利用したりしていました。これらの対策を取っても室温が低い時は、赤ちゃん就寝部屋を1-2時間エアコンを使って暖めていました。そして、実際に赤ちゃんが寝るときにはエアコンを消して、加湿器のみ稼働していました。ちなみに私は千葉県在住なので、冬はそれなりに寒くなりますが、エアコンはあまり使わずこれだけで冬を乗り切る事は出来ました。

赤ちゃんが冬寝るときの服装はどうする?

・下着
・カバーオール(足が出ているタイプ)
・ベストor長袖スリーパー

我が家では、SIDSの危険性があるため、どんなに寒くても足だけはなにも覆わない(基本布団だけ)にしました。赤ちゃんは手足を使って体温調節をしている関係上、寝る時は絶対に素足にしましょう。

赤ちゃんが冬寝るときの布団は?

・冬用の掛け布団1枚

自分が気が付いたら布団をかけてあげていましたが、わざわざ自分が寝ている途中で布団を掛け直すことはしていません。授乳で3~4時間ごとに起きなければならないので、その都度赤ちゃんの体温がどんな感じなのか触って「熱はこもっていないか」「身体は冷たくなっていないか」と確認しましょう。

私の子供(長男長女)は、身体が冷たくなってしまっている事は稀だったので、やはり赤ちゃんはどちらかといれば体温が熱くなりやすいのかなといった印象を受けました。


赤ちゃんの着せすぎには気を付けて防寒対策を!

新米ママは「赤ちゃんが風邪を引いたら大変だ」とたくさん着こます傾向があります。しかし、着させすぎはSIDS(乳幼児突然死症候群)を引き起こす可能性が高まる事が様々な研究でわかっています。

大人が寒そうだと思っても赤ちゃんは暑がりなので過度に着こませるような事はせず、室温を調整して下さい。就寝中の赤ちゃんの呼吸が気になるあなたはベビーセンサーを導入してもいいかもしれませんね。


関連記事一覧