出産内祝いの準備と検討。出産内祝いで送ってはいけないものとは?

daisy-712892_640「もうすぐ赤ちゃんが産まれる!楽しみ!」

楽しいマタニティーライフをお過ごしの皆さん。

出産内祝いの検討は始めましたか。我が家では妊娠後期に入ってから内祝いの準備・検討を始めました。

気が早いと思うかもしれませんが、産後はイベントが沢山あって大変なのと産後ハイで迷惑な出産内祝いを選んでしまいそうなのを防止する為、時間や心の余裕のある妊娠中の検討となりました。

あわせて読みたい
貰って嬉しいオススメ出産内祝い10選! 贈り物・プレゼント特集
「出産内祝いどうしよう」 赤ちゃんが産まれて貰った出産祝い。 でもお返しはどうしようか迷いますよね。 出産・育児でバタバタ...

出産内祝いってなに? いつお返しすればいいの?

元々の意味合いとしては内輪の出産お祝いの事で、親しい人や身内の間で喜びを分かち合うためのものであってお祝いをもらわなかった人にも内祝いを贈るものでしたが、現在では「いただいた出産祝いへのお返し」と解釈されてます。

なお、内祝いをお返しする時期はお宮参りが終わった頃(生後30日位)がよいそうです。

…内祝いの検討を直前にするのは結構バタバタしてしまいそう。

我が家の場合は、私側の親戚は概ね亡くなっているので考えない予定ですが、夫側の親戚に関しては健在な人が多く、しかも「初孫」と言うこともあり、沢山の出産祝いが来る予感がします。
加えて夫側の親戚はマナーに厳しいところがあります。

失礼にならない内祝いを考えなくてはいけません。
そこでまず私たち夫婦は、出産内祝いとしてはタブー・不向きな品物を調べてみました。

 出産内祝いで不向きなもの

  • 日本茶・・・・弔事に使われることが多いイメージがある
  • 櫛・・・「苦」「死」と語呂が悪く、櫛自体が歯が欠けてしまうもの
  • ハサミ、包丁などの刃物類・・・「縁を切る」という意味がある
  • ハンカチ・・・涙を拭うもの=「別れ」を連想させる
  • 履物・・・「踏みつける」という意味がある
  • ストーブ、ライターなどの火に関連するもの・・・火は火事を連想させる

参照URL:https://www.matsuzakaya.co.jp/catalog_gift/attention/

恥ずかしながら、日本茶がNGというのは知りませんでした。
「皆が飲めるものだから、送っちゃおう!」と危うく送る可能性もあったので調べてよかったです。

次に夫と私が貰って嬉しくなかった出産内祝いを話し合いました。

 

嬉しくなかった内祝い

名入れギフト

正直迷惑でした。
送る側は幸せを受け取って!と悪気はないのでしょう。
でも使用する際に気になるし、捨てるのにも躊躇してしまいます。

賞味期限の短いお菓子や食べ物

そのお菓子や食べ物が美味しくても、賞味期限が短いと食べ切れません。
仕事等で忙しいと食べる時間もないし迷惑でした。

写真立て

使わないのに貰っても(以下略)
他にも「なんだかよくわからない置物」「紅白饅頭」という意見も出ました。

じゃあ、自分たちが逆に貰って嬉しかったのは?と思い出してみました。

嬉しかった内祝い

カタログギフト

自分で好きなものが選べてよかった。

商品券やギフトカード

これも自分が好きなものを買いたいときに買えるのでよかった。

やっぱり自分が主体で何かを選べたり買ったりできるものは嬉しかったと記憶しています。でもこれらはあくまで私たち夫婦の主観ですので、実際に人気のある出産内祝いを調べてみました。

 

実際に人気のある出産内祝い

楽天市場で人気のある出産内祝い

1位

出産内祝いではお米が売れすじなんですね。
確かに貰ったら嬉しいです!

 

出産内祝いは専門店で購入するのが便利

我が家では出産内祝い専門店で購入しようと思います。

専門店ではのしや命名カード等添付できたり融通が利くからです。

サイトにも詳しい説明が書いてありますので、マナーに疎い私たち夫婦でもなんとかなりそうな気がします。

出産は喜ばしい事です。ひとりよがりにならず、お祝いを贈ってくれた人達にも喜んで貰える内祝いをしたいものですね。

 

>>赤すぐ×ISETAN 内祝いで出産内祝を探す

どんな出産内祝を贈ったら喜ばれる?

あわせて読みたい
貰って嬉しいオススメ出産内祝い10選! 贈り物・プレゼント特集
「出産内祝いどうしよう」 赤ちゃんが産まれて貰った出産祝い。 でもお返しはどうしようか迷いますよね。 出産・育児でバタバタ...

 

出産祝いを贈るあなたへ

本当に喜ばれる出産祝い10選! 贈り物・プレゼント特集
「子供が産まれたんだ」 20代半ばになってくるとやってくる出産ラッシュ。 子供が産まれることは嬉しい事ですが、出産祝いをどう...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

千葉県在住、2児(男女)の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る