ニチレイ「本格炒め炒飯」とあけぼの「あおり炒めの焼豚炒飯」を食べ比べてみた

DSCN0676違うメーカーで似たような商品ってよく目にしますよね。

例えば、カレールウでは様々な商品が出ていて、どれがいいのかさっぱりわかりません。ご存知の方も多いと思いますが、切り餅では「越後製菓」「サトウ食品」をスリットの特許侵害で法廷闘争までもつれ込んだなんて事もあるくらい、世の中には類似した食品が沢山あります。

そこで今回は似た商品の食べ比べをしてみました。

冷凍食品炒飯を食べ比べてみる

私は冷凍食品では炒飯が一番美味しいと思っています。
米はぱらぱらだし、味付けも街の中華屋さんと変わりません。家で作ろうと試みても作れない味になっています。

その冷凍炒飯では似たような商品が二つあります。

 

一品目

ニチレイ「本格炒め炒飯」

 

DSCN0677

冷凍炒飯と言ったらまず思い浮かぶのがこの商品ではないでしょうか。

「発売から15年」ロングセラーを記録し2015年にリニューアルした商品で、味はもちろん折り紙つきです。

>>【12パック】 冷凍食品 本格炒め炒飯 450g ニチレイ

二品目

 

あけぼの「あおり炒め焼豚炒飯」

DSCN0679

あけぼのが出している本格冷凍炒飯。
赤坂璃宮の譚(たん)総料理長直伝の炒飯だそうです。
また「お願いランキング」というテレビ番組では2位にもなる人気商品であり、個人的にも美味しいと思っています。

>>【冷凍食品 よりどり10品以上で送料無料!】マルハニチロ あおり炒めの焼豚炒飯 450g 電子レンジで簡単調理!
この二品を比較し、どこが違うのか調べてみます。

 

原材料、量、価格の違い

まず同じスーパーで二品購入。
購入後、裏面パッケージより主な項目をピックアップしてみました。

 

本格炒め炒飯 あおり炒め焼豚炒飯
単価 265円 265円
分量 450g 500g
カロリー 193kcal 207kcal
原材料 米、鶏卵、ねぎ、焼豚4%、ポークエキス、老酒、にんにく、生姜 米、鶏卵、ねぎ、焼豚4%、オイスターソース、エキス
かに酵母金華ハムポーク)原材料の一部、ごま、鶏肉を含む
米油で炒めている なたね油でいためている
アレルギー 小麦、卵、大豆、豚肉 卵、小麦、かにごま、大豆、、豚肉
注目ポイント 北海道産1等米を使用 米、具材、全て国内産

まず、二品を比べてみたところ大きく異なるところは分量です。
あおり炒め焼豚炒飯は50g多い!この点は大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。

アレルギーは本格炒め炒飯のほうが少ないですね。

原材料で気になる点は本格炒め炒飯のほうはにんにくと生姜を使っている点です。にんにくと生姜がどのような味の違いを生み出すかが注目されます。

 

同じ調理法で味を比べてみた

それでは開封して中身の確認です。

本格炒め炒飯

 

nitirei0

油のいい香りがします。
米も北海道一等米を使用している為、大きくておいしそうです。若干、卵が多い点もポイントですね。

 

あおり炒め焼豚炒飯

akebono0

こちらも油のいい香りがします。

本格炒め炒飯に比べて米が小粒。

もしかしたらブレンド米を使用しているかもしれないですね。また、青ねぎが目立った為、ねぎの美味しさに自信があるのかもしれません。

 

調理方法は、いたってシンプル。4分半電子レンジでチンして終了!

そして出来上がった「本格炒め炒飯」「あおり炒め炒飯」の二品を食べ比べてみます。

 

本格炒め炒飯

nitirei

まず一番最初に感じる香りは生姜です。
にんにくの匂いはほとんどしません。あとは炒飯独特の油で炒めたご飯の香り。
凄く美味しそうです。
早速、一口食べてみます。

 

 

やはり、本格炒め炒飯は半端ないです!

 

 

家では作れない味。
これこそ買って損しない商品です。

生姜の後はポークエキスの味がして、こおばしい油の香りが口中に広がります。そして何より焼豚がおいしいです。

さすが「王道炒飯」の期待を全く裏切りませんでした。

 

あおり炒め焼豚炒飯

akebono

小粒だと思った米は調理後は全く気になりませんでした。
また生姜が入っていない分、炒飯独特の香りが強い気がします。

こちらも負けず劣らず美味しそうです。
そして早速一口…

 

 

滅茶苦茶うまい!

 

 

油で炒めたご飯が中華ダシに絡み合ってなんともいえない味です。
ふかひれスープのだしをそのまま炒飯に使ったような味がします。こちらも家では作れないですね…。

本格炒め炒飯に比べてお店の味に近い感じがします

 

冷凍炒飯の食べ比べ まとめ

今回、似たような商品でも味は全く違うことがわかりました。

私は「あおり炒め焼豚炒飯」のほうが好きな味ですが、両方とも本当に美味しいので好みによって分かれると思います。

今後も気になる商品がありましたら、また食べ比べてみます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

D

幼稚園より水泳をはじめ、中学では県トップとなり全国大会常連に。大学卒業後、26歳までに転職3回以上繰り返し、自己啓発セミナーで40万円だまし取られる。妻とはネット婚活で知り合い、無事結婚。現在は製造メーカーで生産管理として勤務中。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る