• HOME
  • 記事
  • 妊娠・出産
  • 子供を産むタイミングは子供を産みたいと思った時しかない。手遅れになる前に妊活を。

子供を産むタイミングは子供を産みたいと思った時しかない。手遅れになる前に妊活を。

116041729e34743b32cb90f634a5209a_s
「今は仕事に専念したいから、子供はまだ欲しくない」
「子供が欲しいけど、お金が無い」

子供は欲しいけれど、今は忙しいから後回し。
特にキャリアウーマンの場合、妊娠出産をしてしまうとキャリアに影響が出るのでタイミングがつかめなくて悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

そもそも子供を産むタイミングなんて「子供を産みたい」と思った時しかありません。
後回しにしてしまうと後悔してしまうかもしれません。

それは一体どうしてでしょうか。

いつ妊娠しても、マタハラはあります

7840404416ee4b25f0a971ba916c5596_s
仕事をしている女性にとって、自分のキャリアを守る為にも、子供を作るタイミングを計りかねますよね。

「あなたは妊娠したのだから、重要なポジションから外す」なんて事にもなりかねません。

あなたが妊娠したことによって、迷惑を被る同僚がいる事も確かです。

「妊婦は迷惑だから仕事辞めたらいいのに」

こんな風に感じる同僚も出てくることでしょう。
まさにマタハラですね。

厚生労働省が実施した「マタハラの実態調査」でもこのような結果が出ています。

 職場で妊娠や出産を経験する中でマタハラを受けた女性の割合は、派遣社員がもっとも高く48.7%と半数近くに上ったほか、正社員は21.8%、契約社員は13.3%、パートは5.8%だった。

参照:「マタハラ」を派遣社員の半数、正社員も2割が経験 「迷惑」「辞めたら」/保健指導リソースガイド

matahara

世の中の人間が全てキレイな心を持っている訳ではありませんし、ましてや自分に影響が出るのであればイヤミの1つや2つ言いたくなってしまうのは仕方がありません。

私も先輩社員に対して「妊婦様うざい」って思ってましたからね。
私自身が妊娠出産を経て、やっと働く妊婦の気持ちをやっとわかるようにはなりましたけど…。マタハラを完全に無くす事なんて出来ないでしょう。

いつ妊娠しても少なからずマタハラを受けたり、不利益な扱いを受ける可能性はあります。
だったら子供を産むタイミングはいつでも同じという訳です。

お金は意外となんとかなる

509f8dd1cf323d41849591770efe428f_s
「子供はお金がかかる」

子供を一人育てるには3,000万円かかると言われています。

私の夫は当時安月給でしたので(月手取り20万)、子供が出来たら生活できるのかとても不安でした。
でも実際には、何とかなっています。

出産に関しても一時金が貰えるので思ったよりも費用がかかりません。
私の場合は医療保険に入っていて帝王切開だったので18万円プラスになりました。

緊急帝王切開費用公開。医療保険からの給付金が27万で18万黒字になった

※医療保険に入っていると、妊娠出産の際の様々なトラブルがあっても給付金が出る可能性がありますので、入っておいた方がいいです。

自治体にもよりますが、余った妊婦健診の券も現金化する事が出来ます。育児用品も最低限のモノだけの購入でしたら、数万円程で揃えられます。

産まれた後の生活も、節約したり副業をして収入を増やせば問題ありません。

主婦のお小遣い稼ぎで定番のアンケートモニター活動を3年間継続した結果

我が家では息子が産まれた年は世帯収入400万円台でしたが、年間100万円貯金する事が出来ました。
お金がないならないなりにどうにかなるものです。

よっぽどのワーキングプアでもない限り、経済的な事情で子供を産むのを先送りにする意味はありません。

身体的なターニングポイントは33歳と37歳

c406109b82932d1027bd62a3d844a2b8_s
妊娠力のターニングポイントは、ホルモン分泌の変化が起きる33歳と37歳と言われているそうです。
参考:いつか産む、いつ産むの? 妊娠タイムリミットの見極め方は?

201602ranhou
上のグラフからもわかるように、30歳を過ぎたころから妊孕性が低下して、37歳以降急激に卵胞が少なくなってますね。

33歳についての根拠はこのグラフからはわかりませんでしたが、30歳になる前に妊娠するのが理想だと思われます。

「私はまだ20代だから、子供を産むのは後回しにしても大丈夫」

いえいえ、そんなことはありません。

出産は年齢の問題だけではない

a42da87b9d863_s
一般的に年齢が上がれば上がるほど、妊娠力が低下して子供が出来難くなってしまうとは言われています。

でも、妊娠・出産は年齢だけの問題ではありません。

これは誤解している人が非常に多いですね。

若くても不妊症の人はいますし、不妊で悩んでいる人は数多く存在します。

私は29歳で妊活をするために、不妊クリニックに通いはじめました。
都心の不妊クリニックに通いたいと思って、初診の予約を入れてみたら「半年以上空きがありません」と言われてしまったので、地元(千葉県)の不妊クリニックへ通う事に…。

でもそんな地元の不妊クリニックですら、2~3時間待ちは当たり前。

「不妊クリニックまで通う人は30代・40代が多いのかな」と思っていましたが、若い人も沢山いました。

私は検査の結果、子宮筋腫持ちで排卵障害でした。

私は生理周期がちょっと人より遅い程度で、その他何も症状はなかったのでびっくりでした。
とにもかくにも私は不妊治療をしなければ、妊娠する事はなかったでしょう(幸いにも私は不妊治療を経て息子を出産出来ました)。

もしこのまま放置して、今度は年齢が高くなって妊娠力が低下していたら子供は出来なかったかもしれません。

子供をボコボコ産める人も多く存在しますが、自分がそうとは限りませんよね。

そろそろ子供を産みたいと思って不妊治療を開始したとしても「手遅れ」かもしれません。
しかし「不妊治療したら、子供が出来るものだ」と思ったら大間違いですからね。
taigai2010

※26歳でも成功率はわずか40%程度です

産みたいと思った時が産み時!後悔しないで。

f65947cf48effe48aeb7bbf527094612_s
子供を産みたいと思った時があなたの「子供を産むタイミング」です。

仕事やお金の事などを心配して、先延ばしをしていたら、妊娠のタイムリミットが過ぎてしまった…なんてことになりかねません。

子供を出産してからも、努力次第でキャリアを取り戻すことは出来ます。
お金が無くてもどうにでもなります。

手遅れになって後悔するくらいだったら「今」産んでしまってもいいのではないでしょうか。

私自身は色々不安がありましたけど、子供を2人産んで良かったと思っています。

【こんな記事も読まれています】
妊活初心者の妊活方法。妊娠するまでに夫婦が行ってきた5つの事
【男性不妊体験談】精子チェックで精子減少を発見。原因と治療対策して改善
妊活の疑問。タイミング法は本当に必要なのか?
【まとめ】子育てで必要な教育費は一体いくら必要なのか

関連記事一覧