ベビーセンサー

【音声ベビーモニター】コンビ「もしもしはいはい! Mom’s Link」の口コミ評価。赤ちゃんや幼児の睡眠時見守りとして購入した感想

投稿日:2018/10/16 更新日:

小さな子供を寝かしつけた後、ふと「子供は無事に寝ているだろうか?」と心配になったことはありませんか。
我が家ではそんな心配をかき消すために0歳の娘にはベビーセンサーを導入していますが、3歳の息子には何も対策をしていない状態でした。

3歳の息子を寝かしつけてから夫が寝るまでの数時間(私と下の子は別室で寝ている)は1人で寝ているので、時々気になっており何か対策はないものかと考えていました。しかし、ベビーセンサーを導入するほどではないと検討した結果、音声ベビーモニター「もしもしはいはい! Mom’s Link」を購入。使い方や実際に使ってみた感想などをまとめました。

コンビ「もしもしはいはい! Mom’s Link」の使い方

セット内容/電池の入れ方/設置方法

「もしもしはいはい!Mom’s Link」のセット内容は以下の通り。

・親機本体1個
・子機本体1個
・スタンド1個
・ACアダプタ2個
・USBケーブル2本
・取扱説明書1部

親機と子機が非常に似ていたので最初は戸惑いましたが、本体ボタン下に「for baby」と記載されている方が子機です。
「for baby」と書かれている方を赤ちゃんや幼児が寝ている近くに置くと覚えておくといいかと思います。

▲日本語の取扱説明書がついていますので、基本的にはその通りに使用すれば問題ありません。

親機や子機の近くにコンセントがない場合は、電池(単4形アルカリ乾電池×3本使用)を入れて使用できますので、とても便利。▲電池は本体裏側にあるネジをプラスドライバーで抜いてから入れますが、このネジ穴の大きさが微妙でネジ穴にちょうどいいプラスドライバーが中々見つからなかったので、私では開けることが出来ませんでした。夫に聞いてみたところ「パソコン機器対応のプラスドライバーでないと開けられないかな…」と、またまた自宅にあったパソコン機器対応用のプラスドライバーを使ってようやく開けることができました。

後は、親機と子機の電源を入れるだけで設置完了。機械オンチでも大丈夫です。子機から赤ちゃんや子供の声がしたら、親機からそのまま聞こえます。

コンビ「もしもしはいはい! Mom’s Link」の良かった点

実際に1ヶ月使用してみて感じた良かった点は以下の通り。

ベビーセンサーやベビーモニターなどに比べるとコスパが良い

「もしもしはいはい!Mom's Link」は、音声をひろうだけの単純な機械なので、同じく赤ちゃんや幼児の睡眠を見守るベビーセンサーやベビーモニターよりもはるかにお値段が安いです。下記に値段の比較をまとめました。

もしもしはいはい!Mom's Link4,500~7,500円
ベビーセンサー20,000~90,000円
ベビーモニター6,000~17,000円

おサイフに優しいのは、家計を担う者としては嬉しいですよね。

音がキレイに聞こえる

しょせん簡易的な音声モニターなので雑音が入っていても仕方がないと思っていましたが、我が家の環境(マンション/無駄に壁が分厚い)ではかなりクリアに聞こえています。ノイズがなく、キィーーーンという不快な音が聞こえなかったので◎

かなり遠くの部屋でも電波が途絶えない

3歳の息子が寝ている部屋と親機を置いている部屋は対角線上にあり、自宅内で一番遠い部屋にあります。前述もしましたが、無駄に壁が分厚いマンションに住んでいますので、電波が途絶えないか心配でした。

しかし、今のところ電波が勝手に途絶えたりすることはありません。ネットを見ていると「子供が2階で寝ていて、1階で使っていても問題ない」という口コミも複数あったので、とんでもなく広い家でもない限り使えそう。

ナースコールの様に使える

親機にある「TALK」ボタンを押すと、親機から自分の声を子機側に送る事ができます。子供が子機を介して何かを訴えてきたら、TALKボタンを押して「今行くよ~」「わかった。XXだね」と一言子供に伝えられるのが便利だと思いました。まるでナースコールみたい。3歳の息子には「この機械にお話すると、ママがお返事するよ」と教えているので、何かあったら子機に向かってお話ししてくれます。これは、息子がひどい風邪を引いた時に大活躍しました。

コンビ「もしもしはいはい! Mom’s Link」いまいちなところ

アラーム音が小さい

「UP」「DOWN」ボタンで音の調節をすることが出来ますが、最大にしてもアラーム音がちょっと小さいなと感じました。息子が睡眠時にはパソコンに向かっている事が多いのであまり困っていませんが、時々洗い物をしていたりテレビを観ていると気が付かないことも。改善して欲しい点ですね。

スタンドが1台しかないので不便

親機本体/子機本体用のスタンドがなぜか1台しかないので、不便だと感じました。一応スタンドなしでも自立しますが、飼い猫がたびたび倒してしまう・親機が置いてあるテーブルに手をつくと倒れるという事が何度もありました。予算の関係でスタンド1台なのかな。

赤ちゃんや幼児が1人で寝ている時間の見守りとして便利

実際に「もしもしはいはい!Mom’s Link」を使ってみると「赤ちゃんや小さな子供が寝ている時の見守り」「子供が病気の時のナースコールとして」の両方に大活躍です。もしかしたら、介護にも使えそう。

販売ページを見ていると赤ちゃんに対して使用することが前提として書かれていますが、子供用としても活用できます。壊れない限り末永く使えそうなので、私の様に心配性なあなたには「赤ちゃんにはベビーセンサー」「幼児や子供に音声モニター」と睡眠時対策をすると万全かもしれません。

いくつになっても子供の心配は尽きませんものね。

楽天市場で「もしもしはいはい!Mom’s Link」を探す


  • この記事を書いた人
ぷにく

ぷにく

千葉県在住、2児(男女)の母。 環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。 豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。

-ベビーセンサー

Copyright© ぷにぷにログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.