ダイエットに失敗する人の特徴。ダイエット成功する秘訣は?

「今度こそ、ダイエット成功するぞ!」

気合を入れてダイエットに挑んでも、あっという間に挫折をしてダイエット失敗したという経験がある人も多いのではないでしょうか。ダイエットをしようと何度も決意するけれど、一度もダイエットに成功しないと「自分は意志薄弱なのではないか」と悩んでしまいますよね。

では、なぜダイエットに失敗ばかりをしてしまうのでしょうか。ダイエットに失敗する人の特徴やダイエット成功の秘訣を解説します。ダイエット失敗続きでへこんでいるあなたは参考にしてみて下さい。

ダイエットに失敗してしまう人の特徴

ダイエットに失敗してしまう人は、あなただけではありません。様々な理由からダイエットの失敗につながっています。それでは、実際にダイエットに失敗してしまう人の特徴について紹介します。あなたは当てはまっていませんか?

運動をせず、過度な食事制限で痩せようとする

「運動は苦手だから、食事制限すればいい!」

ダイエット失敗しがちな人にありがちな考えです。確かに、頑張って運動しても実際にはたいしてカロリーを消費しないので意味がないように思います。参考までに、厚生労働省が発表している「健康づくりのための運動基準 2006」内の「運動で消費するエネルギー量」をご覧ください。

この表を見てみると、仮に体重50kgの人が30分ほど軽いランニングをしても消費カロリーはたったの130kcalになります。ご飯茶碗の半分にもなりません。だったら、なおさら運動することに意味がないように思いますが、運動なしで痩せると身体がぶよぶよになってしまい美しくありません。さらに、運動しないと、単純に日常生活における消費カロリーが少なくなりますので、その分カロリー制限が厳しくなります。

「運動なしで痩せよう!」と考えている人は、なぜか過度な食事制限をすればいいという極端な発想になる傾向があります。でも、あなたは過度な食事制限する生活を一生続けていけますか。過度な食事制限で痩せるのは、本当におすすめできません。

食事を戻したとたんに、リバウンドしてしまいます。それに、食事制限はストレスが溜まり、心身ともに疲れて日常生活に支障をきたす可能性もありますので、絶対にやめましょう。

メディアで紹介された「XX抜きダイエット」「XXだけダイエット」に飛びつく

テレビや雑誌などのダイエット特集などによく書かれている「XX抜きダイエット」「XXだけ食べるダイエット」ってありますよね。

「りんごダイエット」「バナナダイエット」「夕食抜きダイエット」など、一度は聞いた事があるかもしれません。メディアでは、このようなダイエットが「ラクに痩せられる!」とポジティブに宣伝しています。しかし、一生その生活を続ける覚悟がなければ、リバウンドするだけなので止めておきましょう。

ダイエットの基本は、1日3食、ある程度カロリー計算して食事を摂る事。…というよりも、カロリーオーバーせず、ある程度栄養バランスを考えた食生活を送っていれば、気にするほど太る事はありません。

一気に痩せようとする

「1か月で10キロ痩せる!」「3か月で15キロ痩せる!」など、短期間で一気に体重を落とそうと考えていると、ダイエットに失敗してしまいます。なぜなら、そんなに簡単に体重がするする落ちる事がないので、「1日1食だけしか食べない」「断食する」と健康に悪い方向でダイエットする事になるからです。女性の場合は、生理が止まう事もあるでしょう。

当然ながら、ハードなダイエット生活に耐える事が出来ずに挫折する可能性は非常に高いです。

モチベーションが弱い

ダイエットに失敗してしまう人の特徴は、モチベーションが弱い事もあります。日本では、痩せている事が良しとされがちな風潮なので、なんとなく痩せたいだけという人は中々ダイエットに成功することはありません。

体重を落とすという行為には食事を我慢する事が必須なので、モチベーションよりも食欲が勝ってしまうとダイエットは続きません。ダイエットに限らず、成功したらどうしたいのかを明確にしましょう。そして、目標を自分の部屋にでも貼るなりして、モチベーションを維持する事がダイエットの成功につながります。

ダイエット成功の秘訣

ダイエット失敗する理由を理解できたところで、ダイエット成功するためにはどうすればいいのか知りたいですよね。下記に、ダイエット成功の秘訣を紹介していきます。

1か月の減量は現在の体重の5%まで

1ヶ月の減量は、現在の体重の5%までが望ましいと言われています。それ以上減量してしまうと、リバウンドしやすいのでNG。一応、計算式を下記に示しておきます。

現在の体重×0.05=1ヶ月で減量してよい体重

この計算式に当てはめてみると、体重50キロだった場合は「50×0.05₌2.5kg」なので、1ヶ月で2.5kg痩せてもいいという事になります。この程度であれば、カロリー計算をした上でバランスの良い食事してればなんとか達成できそう。

間食を止める

糖質は太るもと。特にスイーツに含まれる人工的な糖質は、なぜか人を太らせやすいです。なので、ダイエット中には間食は厳禁です。逆に言うと、今まで間食を毎日のようにしていた人が、間食を止めるだけでも体重はそれなりに落ちる可能性があります。あなたが「なんとなく」間食をしてしまっているのであれば、まずは間食を止めることからはじめてみましょう。

また、どうしても甘いものが食べたくなったら、低糖質スイーツを食べるようにするといいですよ。今の世の中、それなりに美味しい低糖質スイーツがたくさんあります。特に、糖質オフの食品専門店『低糖工房』の低糖質パンや低糖質スイーツは、値段は高いですが、結構いい出来です。試してみてはいかがでしょうか。また、低カロリー・低糖質なお弁当などもありますので、時折利用してみるといいかもしれません。

【参考サイト】
▶ 健康宅配食・低糖質食品・低カロリー食品・減塩食品の比較・レビューサイト「ロカボ・減塩生活

毎日体重を測って、身を引き締める

一時期流行っていた「レコーディングダイエット」。毎日食べたり飲んだりしたものをメモをして、毎日体重を測ってメモをしていくダイエットとして知っている人もいらっしゃると思います。

食べたものをメモするのは無理だとしても、せめて毎日同じ時間に体重を測るようにしてみましょう。毎日の体重変化を見ていると「昨日食べ過ぎた」「生理前は太る」「これを食べると体重が増えやすい/増えにくい」など、自分の体重がどのように変化しているのか確認できます。体重を一日単位で見るのではなく、1週間単位の平均を出していって、現状傾向であればOKなんだと考えて、ダイエットを続けてみて下さい。

ダイエットが続かない人も、毎日自分の体重を見る事によって、身が引き締まるかと思います。


ラクして短期間に大幅に痩せるダイエット法なんてない

「どうにかして、短期間で簡単に体重を落としたい」

すべてのダイエッターが望んでいる事かと思いますが、短期間でラクして痩せるダイエットはありません。結局は、適度な食事量と運動がダイエットの基本になります。これを食べたら痩せる!という魔法の食品もありません。あなたは騙される事無く、堅実にあせらずダイエットをして下さい。


関連記事一覧