卵アレルギーの息子がカミカミ期(9~11ヶ月)によく食べた離乳食レシピ公開

e7dc291ed54017352e24dd7f7fdb82de_s赤ちゃんの離乳食には気を使わなければなりません。特に食物アレルギーの子供を持つ親は、原材料から気を使わなければならず、毎日ピリピリしてしまいますよね。

私の息子は卵アレルギークラス6。卵製品はアウトなので、卵を除去しながら離乳食作りに奮闘しています。私は料理がニガテなのですぐにネタが尽きてしまい、悩ましい限りです。

私の様に「料理はニガテだけど、子供が食物アレルギーなので適当な離乳食を作ることは絶対に出来ないので悩んでいる」というママは多くいると思います。食物アレルギーは命にかかわりますからね。

私と同じ悩みを持っているママに少しでも役立つかもしれない「卵アレルギークラス6の息子がカミカミ期に好評だった離乳食(レシピ)」をシェアします。

カミカミ期の息子に好評だった離乳食まとめ

もう一度いいます。私は料理がニガテなので凝った離乳食は作れません。その中で色々試行錯誤した離乳食なので、料理が得意なママには鼻で笑ってしまうかもしれません。…と予防線を張りつつ離乳食の紹介です。

ホワイトソルガム粉を使用した蒸しパン

息子は卵がアウトなのでパンを食べる事が出来ません。でも、そろそろパンを食べさせてあげたいなと困っていました。そんな時にコープデリのカタログを見ていたら、アレルゲン物質25品目不使用のホワイトソルガム粉というものを見つけました。

mix-ko▲卵や小麦アレルギーでも安心して食べる事が出来ます。

ホワイトソルガム粉と水(豆乳などでも可)を混ぜて、電子レンジで温めるだけで蒸しパンが出来るらしいので作ってみました。

ホワイトソルガム粉を使った蒸しパンの材料

・ホワイトソルガム粉(大さじ3)
・水や豆乳など(大さじ3)、お好みでカボチャなど入れても美味しい

e7dc291ed54017352e24dd7f7fdb82de_s

息子の反応はすごくよかったです。普通のパンよりも甘いので、美味しいんだと思います。ホワイトソルガム粉は「とうもろこし、大豆、小麦に続く『第4の穀物』」と言われていますので、栄養バランスもしっかりとれます。簡単に蒸しパンを作ることが出来るので、おかゆ(ごはん)を主食に出しているのに、食べてくれない時はその場でサッと作って息子にあげていました。

カボチャとの相性も良くて、カボチャペーストを上に乗せたり、柔らかくしたカボチャを混ぜてつくった蒸しパンをバクバク食べてました。

「ホワイトソルガム粉はコープデリなどの生協でしか売ってないのかな」と調べてみたら、Amazonや楽天市場でも販売されていました。

私が使用したのは「お菓子ミックス粉」。しかし「まるちミックス粉」もありますので「お菓子」という表記が気になる方はこちらが良いと思います。

カボチャと玉ねぎのスープ

スープ類ではこれが一番好きだったみたいです。

カボチャと玉ねぎのスープの材料

<だし>
・こんぶ
・かつおぶし
————-
・カボチャ
・玉ねぎ
・豆乳

だし汁の作り方(我が家の場合)

すぼらな我が家ではこんな風にだしを取っています。
kami-3▲水の中にこんぶを入れておき、子供が寝た時など手の空いたときに昆布を取り出す(30分以上であればOK)

 

kami-4▲沸騰させたお湯の中にかつお節を入れて1分くらいしたら取り出す。これでだし汁は完成。

カボチャと玉ねぎのスープの作り方

kami-1▲かぼちゃを切って電子レンジで5分程温めて柔らかくする。

 

kami-2▲玉ねぎはみじん切りにして、フライパンで炒める(少々マーガリンをひいてます)

kami-5▲だし汁、かぼちゃ、玉ねぎをハンドブレンダーで粉々にする。

 

kami-6▲完成!

※私はCuisinart のスマートスティックハンドブレンダーを使っています。ハンドブレンダーは色々な場面で役立ってます。バナナ豆乳やリンゴジュースを作るのにとっても便利。先端部分と切り離す事が出来るので、下部と容器を洗うだけでラク。子育てママにオススメな時短調理グッズです。

カボチャとジャガイモの豆乳煮

上で紹介しているスープと似ていますが、息子の場合おかずとしてはこれが一番好きでした。

カボチャとジャガイモの豆乳煮の材料

<だし>
・こんぶ
・かつおぶし
————-
・カボチャ
・じゃがいも
・豆乳
・粉ミルク(少々)

カボチャとジャガイモの豆乳煮の作り方

1.かぼちゃとじゃがいもを一口大に切って電子レンジで柔らかくする。
2.豆乳200ml+粉ミルク少々を鍋の中に入れて1.も入れる。
3.沸騰させて4~5分で出来上がり。

kami-7▲こんな感じになります。息子は当時下2本しか歯が生えていませんでしたので、柔らかめにしていますが、もっと歯が生えているお子さんの場合はここまで柔らかくしなくてもいいと思います。

うどん(カボチャとほうれん草入り)

うどんにもチャレンジしてみました。うどんは卵がコンタミされている製品が多いので大丈夫なのかどうかの確認も含めて恐る恐るあげてましたが、特に問題はありませんでした。
コンタミ製品であってもアレルギー症状が出てしまう子はいますので、コンタミ製品を使う時は少量からはじめて鳴らしていった方が良いとアレルギー専門医には言われています。

うどん(カボチャとほうれん草入り)の材料

<だし>
・こんぶ
・かつおぶし
————-
・うどん(生)
・カボチャ
・ほうれん草
・水溶きコーンスターチ

うどん(カボチャとほうれん草入り)の作り方

1.こんぶ+かつおぶしだしを取る
2.うどんは適当な大きさに切る。
3.カボチャは一口大に、ほうれん草は粗みじん切りにする。
4.鍋の中に1.2.3を入れて、沸騰させる。
5.柔らかくなるまで煮る。

我が家では沸騰後2~3分後、保温調理器で数時間ほったらかして調理してます。子供から目を離せないので。

保温調理器レビュー。料理が苦手な私でも簡単に時短料理が出来ました。
家事や育児に追われている主婦は毎日大忙し。 「忙しくて台所に立つ時間があまりない」 「帰ってきたら夕飯のおかずが出来ていれば...
6.水溶きコーンスターチを入れて、とろみをつける。

とろみをつけるのであれば、片栗粉よりもコーンスターチがオススメ。コーンスターチは温度変化に強く、温度が低下しても粘度は保たれます。しかし片栗粉は温度低下すると粘度も低下してしまいます。恐らくそのような理由で市販のBFにはコーンスターチが使用されているのだと思います。

kami-8▲完成品はこちら。

ケチャップごはん

生後11か月くらいになってきて「もうおかゆは卒業してもいいかな?」と思って、試しに作ってみたケチャップご飯が気に入った様です。作り方も何もあったもんじゃありませんが、一応書きます。

ケチャップごはんの材料

・炊いてあるご飯
・ケチャップ
・マーガリン(少々)

ケチャップごはんの作り方

1.フライパンにマーガリン(少々)をひく
2.フライパンにご飯を入れる
3.その上にケチャップをかけて、適度に炒める

kami-9▲ケチャップは薄めに入れてます。真っ白なご飯よりも食いつきがいいので、ちょっと面倒でもご飯を炊いたらケチャップご飯にしています。大人でもそうですけど、白いご飯だけはちょっとキツイですよね。

離乳食作りが面倒に感じたら、生協のベビー食材を活用しよう!

私は料理のレパートリーが少ないので、栄養バランスや原材料を考えての離乳食作りはしんどいです。

どうにかならないかと色々調べたのですが、生協はアレルギーっ子でも食べられるベビー食材や食品を取り扱っていることがわかりました。私が利用しているコープデリだけでなく、他の生協でもアレルギー対応食品を自宅まで配達してくれます。アレルギーっ子でも安心・安全ですね。

coop-hyouji▲コープデリのカタログ。アレルギー子に嬉しい食材が沢山あります。※コンタミ製品も含まれていますので注意。ちなみに息子は卵クラス6ですが、卵コンタミ製品を食べても問題ないみたいです。


>>生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」



>>生協の宅配パルシステム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

30代前半。1児の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験し、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に息子を授かりました。

カテゴリー

Topへ戻る