抱っこひも

エルゴ・ナップナップ・キューズベリーの抱っこひも徹底比較まとめ

投稿日:2018/08/31 更新日:

私は第1子出産~第2子が1歳になるまでエルゴベビーnapnap(ナップナップ)キューズベリー3種類の抱っこひもを使用してきました。使用してみた感想としては「抱っこひもってメーカーによって使い心地違うんだな」という事。

これから抱っこひも選びをするあなたのために3種類の抱っこひもを細かく徹底比較検証しました。半分趣味で書いているので、かなりの長文になりますが気になるあなたはお付き合い下さい。

エルゴ・ナップナップ・キューズベリーの抱っこひも徹底比較

値段と原産国

値段原産国
エルゴ約20,000~30,000円インド/ベトナム
ナップナップ約8,600~13,000円中国
キューズベリー約20,000~25,000円日本

一番コスパが良いのが、ナップナップ。中国で作っている事もあり生産コストを削減し、企業努力も垣間見れます。
しかし、エルゴ抱っこひもの値段の高さはいただけませんね。中国よりも生産コストが安いと思われるインドやベトナムで作っていてこの値段は正直あぐらをかいているとしか思えません。

後述しますが、エルゴ抱っこひもの品質は同じ価格帯の日本製のキューズベリーと違って作りがダメすぎ。半年も使っていると、すぐにヘタってしまします。エルゴをおすすめしている一般人(ステマ?)の方は非常に多いですが、ナップナップやキューズベリーも使用して感じたのは「エルゴは値段が高い割にちゃっちい」という事。

いつからいつまで使用できる?新生児でも使える?

使用可能時期
エルゴ5.5~20kg/新生児インサート装着時(3.2kg~)
ナップナップ首すわり~15kg/新生児インサート装着時(生後10日頃~)
キューズベリー首すわり~15kg/新生児インサートなし

エルゴとナップナップに関しては、新生児インサートを装着することで新生児からも使用することが出来ます(ただし3kg超えでないと厳しい)が、キューズベリーはそもそも新生児インサートがないので、首がすわるまでは使用できません。ちなみに、キューズベリーを使用したうちの娘は首すわりが比較的早かったため生後3か月には使用できていました。

新生児インサートはどんな感じなのか

新生児インサートの特徴
エルゴ柔らかくて軽い
ナップナップ固めでごつい、赤ちゃん暑そう

キューズベリーには新生児インサートそのものがないので、ここではエルゴとナップナップの新生児インサートの比較をします。写真でわかるかどうか不明ですが、エルゴの新生児インサートの方がふにゃっとしていて柔らかいです。赤ちゃんをふわっと包む感じ。メッシュになっているので、通気性もまあまあいいのかもしれません。

ナップナップの新生児インサートは、ベビーベッドくらいの固さはあります。型崩れしません。使用してみた印象では「通気性は悪そうなので、暑い日は赤ちゃんもきついのでは?」と感じました。

新生児インサートの重さ

新生児インサートの重さ
エルゴ224g
ナップナップ308g

手持ちの重量計で新生児インサートの重さをはかってみると、見た目通りエルゴの方がナップナップよりも軽かったです。だからなんなんだと言われるとそれまでですが…。

新生児インサートの付け方

新生児インサートの取り付け方法
エルゴそのまま抱っこひも本体に取り付ける。ベビーウエストベルトを使うと安心。
ナップナップ抱っこひも本体とインサートをスナップボタンで取り付け、装着する。エルゴよりも安全面は高い。

正直、エルゴ+新生児インサートの着用は安全性はどうなの?と疑問になってしまいます。私の夫はそこにブチ切れて、エルゴは使いませんでした。文章ではうまく伝わらないので、以下の動画を見て下さい。

一応ベビーウエストベルトなるものもありますが、そもそも足を投げ出すような感じの緩い新生児インサートの装着…え?これって危ない気がするのですが…。

▲こんなんでいいの?足をよくバタバタするような赤ちゃんには厳しいんじゃないかな…。

▲ナップナップはこんな感じ。足も固定されているので安心感があります。

▲さらに、ナップナップの場合は抱っこひも本体と新生児インサートはスナップボタンでとめるので、安全面はエルゴよりも高め。

だっこ・おんぶしたらこんな感じ

だっことおんぶした感じ
エルゴ上半身が出てしまう(おんぶが怖い)
ナップナップ上半身が出てしまう(おんぶが怖い)
キューズベリー身体がほとんど出ないので安心感がある

抱っこやおんぶをした印象としては、エルゴとナップナップは赤ちゃんの上半身が出ている状態なのでちょっと怖いです。抱っこはいいですが、おんぶの時に暴れて落下してしまうのではないかと不安になります。キューズベリーだけは、1歳くらいまでは頭と顔がちょっと出る程度なので安心感があります。安全性だけを考えると、キューズベリーがダントツで素晴らしいですね。

エルゴ:抱っことおんぶした様子

▲背中出ちゃってます。

ナップナップ:抱っことおんぶした様子

▲身体の出方はエルゴと似てる。

キューズベリー:抱っことおんぶした様子

▲キューズベリーは当時2歳半だった息子を抱っこしても、首しか出ていない状態。しっかりと固定されているので、私が使用した抱っこひもの中ではキューズベリーが一番安心感がありました。

抱っこひもの通気性

通気性
エルゴ特に工夫は見られない
ナップナップメッシュ構造
キューズベリーメッシュ構造

抱っこひもの通気性は、エルゴがムレやすい印象。ナップナップやキューズベリーはメッシュ構造になっているので、熱は逃げやすいかも。しかし、私自身は違いを感じなかったのでわかりません。
▲エルゴはさしたる工夫はありません。普通の生地使ってるだけ。▲ナップナップ。背中部分がメッシュになってます。

▲キューズベリー。全体的にメッシュ構造になっているので一番通気性がよさそう。

抱っこひもの耐久性

耐久性
エルゴ△:半年くらいでヘタる
ナップナップ〇:1年位使ったらヘタった
キューズベリー◎:2人目でも余裕

私の主観ですが、抱っこひもの耐久性としては、エルゴ<ナップナップ<<<<キューズベリーです。値段が一番高いエルゴがすぐダメになるってちょっと…。▲写真ではわかりにくいですが、半年ほどの使用すると肩の部分のクッション?が動いてしまってぺっちゃんこになってしまいました。そのせいか、赤ちゃんの体重が重く感じるような。

ナップナップはヘタってはきますが、2人目でも使えるレベル。キューズベリーは丈夫なので、2人目でも特に違和感なく使えました。

フィット感

フィット感
エルゴ×:大きすぎ/旦那は使いにくいのでNG
ナップナップ△:小柄な私はOK/旦那NG
キューズベリー◎:素晴らしいフィット感

フィット感は、エルゴ<<ナップナップ<<キューズベリーといったところ。エルゴはとにかく小柄な私(146cm)には大きすぎて使い物になりませんでした。旦那はOKだったのですが、それ以前に使いにくさを感じてNG。

キューズベリーは私も旦那もフィット感ばっちりでした。

抱っこひものポケット

ポケット
エルゴ携帯や保冷剤入れられて便利
ナップナップかなり大きいので色々入れることが出来る
キューズベリー使い物にならない

ナップナップのポケットは大きいので、かなり使い勝手が良かったです。▲ちょっとした買い物時にがま口財布やガーゼを入れて、買い物に行ってました。後は緊急用の紙おむつも仕込んでました。また、暑い時は保冷剤・寒い時はカイロを入れて抱っこひも1つで近所に出かけられたので本当に助かりました。

▲エルゴは縦チャック式。こちらも携帯やガーゼなど入れられるので便利。おむつは無理だけど。

▲キューズベリーのポケットは使えません。モノを入れても取り出しにくくイライラしてしまいます。

フード

フード
エルゴ一体型なので付けやすい
ナップナップ可もなく不可もなく
キューズベリーフードを抱っこひもに付けるのが面倒

私はあまり使用しませんでしたが、フードについてはエルゴが抱っこひもとフードが一体となっているので一番使いやすいのではと思います。ナップナップはフード取り外しできるタイプですが、スナップボタンをぽちっと付けるだけなので問題なし。
ダメダメなのが、キューズベリー。フードをひっかける部分が固いので、非常に付けにくいです。私はキューズベリーの抱っこひもをしている最中に一度もフードは使いませんでした。

デザイン性

デザイン性
エルゴ種類はたくさんあるが、全体的にシンプル
ナップナップシンプルなものからオシャレなデザインあり
キューズベリー落ち着いたデザインが多い

デザインの種類が圧倒的に多いのがエルゴ。しかし、正直オシャレとは言い難く可愛らしさはあまりありません。可愛らしい・オシャレさも気になるのであれば、ナップナップがぴったり。
キューズベリーは、シンプルなので地味ではありますが、色合いが上品。カジュアルな洋服と合わせやすいデザイン。デザインについては、私の主観が出ている表現なのでそれぞれメーカーの公式HPで確認してみて下さい。

肩や腰バックル

肩と腰バックル
エルゴ可もなく不可もなく
ナップナップ可もなく不可もなく
キューズベリー可もなく不可もなく、若干固い

肩や腰バックルを比較してみましたが、特に違いはありませんでした。参考までに、エルゴの写真のせます。ナップナップとキューズベリーも似たような感じです。 ▲上:肩バックル 下:腰バックル

縫い代

縫い代
エルゴ普通
ナップナップ普通
キューズベリー丁寧

個人的な趣味で縫いしろも比較してみましたが、エルゴとナップナップは普通ですが、キューズベリーはかなり丁寧な仕上がりに見えました。日本製のキューズベリーはさすがといったところです。
▲エルゴやナップナップは、縫いしろは可もなく不可もなく普通。キューズベリーは縫いしろがキレイだなと感じました。

大きさや重量

大きさ抱っこひも本体の重量
エルゴ一番大きい618g
ナップナップキューズベリーと同じ位602g
キューズベリーナップナップと同じ位698g

抱っこひもの大きさは、やはり欧米諸国向けに作られているエルゴが一番大きかったです。日本人体型を考えて作られているナップナップとキューズベリーは同じくらいでした。
抱っこひも本体の重量については、手持ちの重量計にて測ったものです。公式で発表しているものとは違うかもしれませんが、意外にもキューズベリーが一番重い様です。とはいえ、100gも差がないので私は重さの違いを感じませんでした。

洗濯方法

洗濯方法
エルゴ洗濯ネットに入れ、弱モード。冷水かつ中性洗剤で洗濯可能。
ナップナップ洗濯機で丸洗い可能。
キューズベリー手洗いのみ。洗濯機は不可。

気になる洗濯方法ですが、ナップナップが一番ラク。洗濯ネットに入れて洗濯機に入れるだけ。
エルゴやキューズベリーは色々指定があり面倒です。完全に自己責任ではありますが、私はエルゴやキューズベリーを弱モードにして、洗濯機で洗った事が何度かありますが、特に問題はありませんでした。でも、洗濯機によってはダメかもしれないのでやらない方がいいかも。結局のところ、手洗いが確実なので、小さなミルクの吐き後とかは、シャボン玉せっけん付けてゴシゴシと手洗いしてました。

エルゴ・ナップナップ・キューズベリーの抱っこひもを1年使用した感想

エルゴ

エルゴは1年も使っていません。理由は、小柄な私には大きすぎて怖かったのとヘタってしまうのが早かったからです。
あんなにもネット上で高評価なのにも関わらず、正直期待外れでした。値段が高いのに、安全性に疑問が多かった…。赤ちゃんは乗せやすいけど、長時間使うのは怖くて出来ませんでした。前述しましたが、欧米諸国の平均身長体重と同じくらいの体格であれば、フィット感もあって使いやすいかもしれません。
しかし、個人的には最悪でした。

ナップナップ

第1子の時に1年3ヶ月、第2子では3か月程使用しました。赤ちゃんが乗せやすく、ポケットが大きいので色々便利。
フィット感もあったので、結構使い倒しました。かなりコスパのよい抱っこひもです。使用していて大きな不満はありませんでしたが、第2子で使う頃にはヘタってしまい、肩部分の抱っこひも本体生地が伸びたのかなんなのか、イマイチな感じになってしまったのでキューズベリーに乗り換えた次第です。ガッチリ体型の夫は「キツイ」と言っていたので、微妙だったみたいです。

キューズベリー

第2子の首がすわってから歩けるようになるまで使用していました。
安全面だけ他の抱っこひもと比べてみるとピカイチ。しかし、赤ちゃんを乗せるのが一苦労。▲抱っこひもを装着してから、どっこいしょと赤ちゃんを持ち上げないといけないので力がいる。

ただし、赤ちゃんの上半身が抱っこひもから出ないので安心して使えました。私個人的には、安全性が一番高そう・品質が全体的に高いキューズベリーが一番良かったです。夫も同意見。やっぱり日本製はいいですね。

まとめ:1年間使用してみた抱っこひもおすすめランキング

1位:ナップナップ
2位:キューズベリー
3位:エルゴ

コスパや使いやすさを基準に考えると、上記になります。夫はキューズベリー、ナップナップ、エルゴの順番で気に入った様ですが。


目的別選択ガイド

フィット感を重視ナップナップ、キューズベリー
品質重視キューズベリー
デザイン性重視ナップナップ、エルゴ
コスパ重視ナップナップ
安全性重視キューズベリー
新生児から使用したいエルゴ、ナップナップ
人気のある抱っこひもを使用したいエルゴ
一味違った抱っこひもを使用したいキューズベリー
パパと兼用したいキューズベリー
お手入れがラクナップナップ

以上、エルゴ・ナップナップ・キューズベリーの抱っこひも比較でした。あなたにぴったりの抱っこひもがみつかりますように。

エルゴ公式オンラインショップ ナップナップ公式オンラインショップ キューズベリー公式オンラインショップ

  • この記事を書いた人
ぷにく

ぷにく

千葉県在住、2児(男女)の母。 環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。 豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。

-抱っこひも

Copyright© ぷにぷにログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.