パナソニック除湿機「F-YZP60」の口コミ。梅雨でも洗濯物がバッチリ乾く!

天気が悪く、外に干せないと洗濯物を乾かすのに苦労しませんか。
コインランドリーにある「衣類乾燥機」が欲しいところですが、中々同タイプのものは販売されていない・置き場所にも困るので一般家庭での使用は現実的ではありません。
他には「浴室乾燥機」「乾燥機付ドラム型洗濯機」などもありますが、値段が高くなかなか手を出すのが厳しいですよね。

「コンパクト」「リーズナブル」「そこそこ衣類乾燥ができる」の3点を備えたものが除湿機です。

なかでも私が購入したパナソニック製「F-YZM60」はおすすめ。

画像を交えて詳しくご紹介します。

パナソニック衣類乾燥除湿機「F-YZM60」の機能について

除湿機には「コンプレッサー式」「デシカント式」「ハイブリッド式」3種類あります。

コンプレッサー式は空気を冷やして、結露の要領で除湿する方法。温度を下げる方式なので、低温時には性能が落ちます。また、デシカント式はゼオライトという除湿材で吸湿し、ヒーターで吸湿した水分を水に戻す方法。気温は関係ありませんが、温風が排出され、電気代がやや高いです。

ハイブリッド式は「コンプレッサー式」デシカント式両方を搭載した機器。いいところどりですが、機器の値段が高額で重量が重いのが難点。

それぞれ「メリット」「デメリット」ありますが、F-YZM60はデシカント式です。

ちなみにパナソニックではF-YZPX60という製品もあります。違いはナノイーがあるかないかだけです。私はナノイーの効果を信じていないので、値段がお手ごろなナノイーなしの製品を購入しました。

購入元はAmazon。値段は1万8千円程度でお手ごろでした。

>>F-YZP60をAmazonで見てみる

肝心な機能について簡単な説明。

まずは電気代です。

速乾モード460w
おまかせ・標準モード280w
弱・静音モード270w

パナソニックエアコン「エオリア」6畳用の暖房機能が470wなので、計算上、速乾モードは6畳用暖房をフルと同じくらいの電気代になります。
おまかせ・標準モードでは280wなので、毎日使わなければ電気代はさほど気にしなくてもよさそうです。

除湿能力は1日5.7L(速乾モード)

本体重量5.8kg

除湿能力がどれ程の性能なのかはよく分かりませんが、本体重量はかなり軽い部類になります。

以前、コンプレッサー式を持っていましたが、倍以上の重量でしたから…

私が「コンプレッサー式」からデシカント式に変えようと思ったきっかけが重量。
また洗濯物が乾きにくい冬場で、ほとんど使い物にならなかったのも理由の一つです。

パナソニック衣類乾燥除湿機「F-YZM60」レビュー

商品が届きまず思ったことは「思ったより小さい」ということ。

持ってみてもかなり軽かったです。(146cmの小柄女性でも余裕でした)
ボタンの選択肢は沢山あり、使いこなすのに多少の時間を要します。私は衣類乾燥と除湿をおまかせモードにして、風向きは前方向、タイマーはなしで使用しています。

正面排気口より温風がでるので、乾かしたい洗濯物を正面前に吊り下げます。

背面は吸気口です。フィルターがついています。

フィルターをはずしてみました。細かい網目なので、汚れたら掃除機で埃を吸い取りましょう。

正面下に給水タンクがあります。結構はめにくいのが難点です。

パナソニック衣類乾燥除湿機「F-YZM60」で洗濯物を実際に乾かしてみた

実際に洗濯物を乾かしてみました。我が家の場合、浴室で乾かします。

洗濯物は家族4人分のため、かなりの分量です。

除湿機を起動させて、一晩たった結果…
タンク容量(2L)の半分近くまで、水が溜まりました。
ちなみにカタログで謳っている除湿能力は速乾モードで5.6L(1日)。今回はおすすめモードで運転したので、半分の2.8L(1日)とします。
一晩(8時間)で換算すると900mLになるので、カタログと同等の機能を果たしているようです。

肝心の洗濯物は一部乾いていましたが、一晩では乾き切りませんでした。ちなみにその日の夕方には全て乾きました。

デシカント式とコンプレッサー式の比較

私が持っていた除湿機は前回まではコンプレッサー式だったので、初めてデシカント式を購入しました。

コンプレッサー式と私の主観で比較してみました。

・音はデシカント式の方が静かで重量も軽い
・気温が低くても性能に変化ないので、安定して乾かすことができる
・電力消費が激しい。速乾モードだとコンセントが熱くなる

性能はコンプレッサー式より上だと私は感じました。
ただし、電気代&製品代金はデカント式の方が高いのでコスパは悪いのかもしれません。

しかし、きちんとした性能の除湿機が欲しい方はデシカント式の方が向いていると思います。

Amazonで「デシカント式除湿機」を探す 楽天市場で「デシカント式除湿機」を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


最新情報をお届けします

この記事の著者

D

幼稚園より水泳をはじめ、中学では県トップとなり全国大会常連に。大学卒業後、26歳までに転職3回以上繰り返し、自己啓発セミナーで40万円だまし取られる。妻とはネット婚活で知り合い、無事結婚。最終的には製造メーカーで生産管理として6年勤務したが、結局退職。現在は夫婦でフリーランス(在宅)です。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る