悩み・トラブル

1歳フードコートで外食デビュー。おすすめ店や取り分け方法についてまとめてみた

投稿日:2018/11/09 更新日:

1歳がお店で食事をすることは困難を極めます。泣き叫び周りの目が気になるだけでなく、乳児に適した食事もない可能性があるからです。できれば外食は避けたいですが、やむおえない場合はフードコートに限られます。
フードコートで食べるにしても、どこのお店がよくて、取り分け方法など迷うかと思います。本来は離乳食持ち込みがベストですが、我が家みたいに離乳食が嫌いな乳児もいます。
そこで我が家で実際にやっている、フードコート食事方法についてまとめてみました。

フードコートのおすすめ店について

フードコートは大体決まった店が軒を連ねています。よくある店舗を一覧にしてみました。

リンガーハット・マクドナルド・すき屋・幸楽苑・はなまるうどん・たこ焼き屋(お好み焼き)・いきなりステーキ・サボテン(とんかつ屋)

我が家は子供(1歳、3歳)2人、大人2人の4人家族です。コスパや味付けを考慮すると「すき屋」「リンガーハット」「幸楽苑」「はなまるうどん」の4店舗を利用します。

しかしそのまま食べさせるのは、味が濃すぎるので1歳には厳しいです。そこで下記のように工夫して食べ分けています。

はなまるうどん

てんぷらは衣は脂っこいのではがして、中身だけを食べさせるようにしています。かけうどんは注文せず、ざるうどんを麺だけ細かく切って
子供の口に運んでいます。

すき屋

牛丼の肉は一切食べさせず、ご飯の汁があまりついていない部分のみ食べさせています。ご飯だけだと飽きるので、水で味を薄めた玉ねぎも一緒に食べさせる時もあります。

リンガーハット・幸楽苑

リンガーハットで「ちゃんぽんご飯セット」、幸楽苑で「ラーメン炒飯セット」を注文します。ちゃんぽんとラーメンは大人が食べて、子供たちにはご飯と炒飯を混ぜて、味を薄めた炒飯を食べさせています。

以上のメニューをローテーションしています。他の店舗は味を薄める方法がなかったり、肉など硬くて噛み切れない食事が多いので利用したことはありません。

取り分け方法と食べさせ方について

フードコートは小皿を備えている店舗がほとんどです。特に私が利用している4店舗では「小皿」「ミニスプーン」「ミニフォーク」を常備しています。3歳は小皿に取り分け、ミニスプーンとミニフォークを渡せば、ある程度は自分で食べます。
問題は1歳です。最初は幼児用の椅子に座らせて食べ物を口に運んでいましたが、テーブルの上が気になり触ろうと暴れまわるうちに、飲み物と食べ物が散乱してしまいました。
現在はベビーカーに座らせ、なるべくテーブルに近づけて食べさせるようにしています。ベビーカーは背もたれが深いので、手を伸ばしたり暴れても散乱することはありません。

フードコート食事で準備したほうが良いもの

フードコートは水や台ふきなど現地で用意できるものも多く、非常に便利です。しかし、それでも自分で持ち込んだ方が良い道具もあります。簡単にまとめてみました。

★除菌ティッシュ
効果は不明ですが、食事前は子供の手や机テーブルを拭くようにしています。
★おしりふき
1歳は食べこぼしは避けられません。台ふきだけでは足りないので、おしりふきがあると便利です。
★ストローマグ
食べ物はスプーンで食べさせられますが、飲み物はストローマグがないと飲ませるのが難しいです。
★スタイ
食べこぼしの激しい1歳はスタイは必須品です

ちなみにお箸の練習をしている3歳息子はエジソン箸を持って行ったりすることもあります。他にも子供に合わせた道具を持って行った方が楽に食事をこなせます。


フードコートは子育て世代の強い味方

フードコートは子供が泣き叫んでも、周りがうるさい為、目立つケースが少ないです。乳児や幼児を連れて外食をするのにうってつけの場所だと思います。子供とお出かけの際はフードコートを上手に利用して、食事も楽しみましょう。


  • この記事を書いた人
D

D

幼稚園より水泳をはじめ、中学では県トップとなり全国大会常連に。大学卒業後、26歳までに転職3回以上繰り返し、自己啓発セミナーで40万円だまし取られる。妻とはネット婚活で知り合い、無事結婚。最終的には製造メーカーで生産管理として6年勤務したが、結局退職。現在は夫婦でフリーランス(在宅)です。

-悩み・トラブル

Copyright© ぷにぷにログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.