【中学】元合唱部が選ぶ合唱コンクール自由曲ランキング。優勝しやすい合唱曲5選。

合唱コンクールの自由曲をたくさんの合唱曲から選ぶのって大変ですよね。無難な合唱曲だと他のクラスとかぶる可能性もあるし…。

合唱コンクールに歌う自由曲選びに悩んでいるそこのあなた。中学・高校と合唱部(全国大会出場経験あり)だった私が、皆知ってる人気の合唱曲からマイナーな合唱曲までおすすめの合唱曲を5つ選んでみました。最後に「合唱コンクールで優勝するコツ」についても書いていますので、参考にしてみて下さいね。

合唱コンクール自由曲ランキング

第5位:「大地讃頌」

合唱難易度:★★★★★(星5つ)

普通に学校生活を送っていると、一度は聞いたことがあるあのお馴染みの「大地讃頌」
わざわざ合唱コンクールで歌わなくてもいいじゃないかと思うかもしれませんが、ガチ練習した「大地讃頌」の壮大な合唱は感動モノになる事は間違いありません。大地讃頌は、合唱曲の難易度としてかなり高いので、男女一致団結して優勝を目指すクラス向き。

最後の「たたえよ大地よ、あーーー♪」は、息が続かない人がほとんどなので、カンニングブレスをして対応しましょう。

カンニングブレスとは、長いフレーズや単語を息つぎをせずに歌い切らなければならない場合に、息つぎする秒数をばらして観客にわからないように息つぎをすること。例えば、大地讃頌の最後の「あーーー」の時に、出席番号前半の人は0~3秒まで「あーーー」と言って息つぎし、再び歌う。後半の人は0~2秒は歌わず、3秒から最後まで「あーーー」と歌い切る感じにするとキレイに聞こえます。
YOUTUBEで「大地讃頌」を聞く

第4位:「春に」

合唱難易度:★★★★☆(星4つ)
「この気持ちはなんだろう」から始まる「春に」という合唱曲もわりと合唱コンクールでは歌われています。
卒業式でも歌ったという方もいらっしゃると思います。この曲を聞くと感動してしまう人も結構います。その感動できる合唱曲を自由曲に選ぶのが優勝のポイントでもあります。男性パートが目立つ箇所もあるので「男子のやる気がない」というクラスではハードルが高いかもしれませんが、大地讃頌よりは頑張らなくてもわりと素敵に聞こえるのでおすすめです。

強弱に意識しつつ、テンポはゆっくりめに歌うといいですよ。

YOUTUBEで「春に」を聞く

第3位:「モルダウ」

合唱難易度:★★★★★(星5つ)
音楽の授業でクラッシックとして聞いたことがあるモルダウは合唱曲として歌うと圧巻です。
ただし、個人的に合唱の難易度は大地讃頌よりも上だと思います。なぜなら、ソプラノが高すぎてきつくなる可能性があるから…。ですが、クラスに合唱部の子が何人かいればどうにかなると思います。※ちなみに、合唱部現役時代の私は余裕で声が出ました。
ピアノの伴奏も結構難しめなので、それなりにピアノが弾ける子がいない場合はアカペラで歌ってしまいましょう!

YOUTUBEで「モルダウ」を聞く

第2位:「鮎の歌」

合唱難易度:★★★★☆(星4つ)
この記事を読んでいるほとんどの方は知らないであろう「鮎の歌」
その名の通り、歌詞としては川を上っていく鮎についてですが、合唱にしてみると意外と壮大な曲想に仕上がっているので「他のクラスとはひと味違った曲を歌いたい」というケースではおすすめ。女性がしっかりと歌っていればキレイに聞こえるので、男子のやる気がゼロでも特に問題ありません。

YOUTUBEで「鮎の歌」を聞く

第1位:「風を拓いて」

合唱難易度:★★★★★(星5つ)
平成8年度NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲の「風を拓いて」が、あまり広く知られておらず、印象的で素晴らしい合唱曲です。
私は合唱部でもこの合唱曲を歌いましたが「カンカンカンカン…」とけたたましく警報器が鳴るパートや「会いたい」としんみり何度も言うパートのハーモニーがあり、合唱部の皆も「面白い曲でありながら、歌いがいがあるよね」と概ね良い評価だったのを思い出します。

感情表現をコロコロ変えなければならないので、上手に歌うのは難しいかもしれませんが、是非挑戦してください。ピアノ伴奏も難しめなので注意。

YOUTUBEで「風を拓いて」を聞く

合唱コンクールで優勝するコツは?

地声で歌うのは絶対にNG!裏声で歌って!

合唱経験のない女性は、カラオケの様に地声で合唱曲を歌おうとします。
クラスのリア充女子はみんな地声で歌っていました。地声であれば大きい声が出て観客によく声が届きますが、歌声が汚いです…。
絶対に裏声で歌うようにしてください。
裏声=あくびが出るときに出る声と思ってください。お腹から呼吸をしてキレイな裏声を出す練習をしましょう。

難易度高すぎの合唱曲は選ばない

私が紹介した5つの合唱曲は「合唱部でなくても練習すればそれなりに歌える」を基準として選んでいます。
これよりも難しいと思われる合唱曲は、(しっかりとした指導した)合唱経験のないクラスのみんなには完全に力不足です。
間違ってもソロパートがある「流浪の民」みたいな合唱曲は選ばないで下さい…。

キチンとした指導を受けた中学生の合唱を聞いてみよう

合唱経験がないと「合唱なんて誰が歌ってもたいした違いはない」「プロってオペラみたいに歌うやつ?」と考えがちですが、実際にはなんとなく歌っているクラスの合唱と指導を受けた全国大会レベルの合唱部が歌う合唱の質は雲泥の差です。

YOUTUBE内でNHK全国学校音楽コンクール 中学校の部と検索すると、同じ中学生とは思えないほど美声で合唱している中学生の合唱動画がたくさん出てきます。このレベルに達するのは無理だと思いますが、良い所はどんどん真似してみましょう。きっと優勝できますよ。


関連記事一覧