トロトロ鶏がらスープ「行列のできる店のラーメン 京都」を食べてみた

DSCN2330京都ラーメンってご存知ですか。和歌山・札幌・山形・倉敷など様々なご当地ラーメンはありますけど、京都ってあまり聞いたことないですよね。調べてみるとなかなか歴史が深く種類も豊富みたいです。

京都ラーメンは1938年に京都駅付近で中国浙江省出身の徐永俤が始めた屋台が発祥。
その後、スープの表面に豚の背脂を散らしたラーメンが「ますたに」から広まり、京都ラーメンのもう一つのスタイルとなる。
さらに1971年に創業した『天下一品』は、醤油ラーメンとは言い難い濃厚な鶏ガラスープが特徴であるが、京都を代表するラーメンチェーンの一つに成長し、日本全国に店舗展開している。
Wikipedia

さて、今回の日清が作った「行列のできる店のラーメン 京都」は裏面パッケージを見ると濃厚鶏白湯スープのようです。天下一品に近い味なのでしょうか。
DSCN2335天下一品と言えば濃厚トロトロスープ。本当にその味を再現できているのか楽しみです。

とろとろスープの調理から実食まで

ところで行列のできるラーメン京都ってスーパーでほとんど見かけないですよね。そのためどこで購入しようか考えていたところコープデリで販売していました。値段はなんと298円!!本当に安いです!!たまにこういうお宝商品があるからコープデリはやめられません。DSCN2331
肝心の中身は「麺一袋」「スープ一袋」「調味料一袋」の3種類。シンプルな構成ですが調味油がある点はトロトロスープ演出に不可欠なのかもしれません。
DSCN2336スープをお椀に入れてみました。見るからに濃厚でこってりしてそうなスープです。これは期待が持てます。

DSCN2337茹で時間は約2分半。割と細麺なのであまり茹で過ぎない様に注意。

DSCN2339茹で上がった麺をスープに入れます。トッピングを乗せたら完成です。美味しそうなラーメンが出来上がりました。食べるのが楽しみです。

DSCN2341一口食べてみました。細麺に濃厚鶏スープがからみ深い味わいです。麺もコシがありスープに良く馴染みます。
DSCN2342スープを飲んでみました。チルドラーメンとは思えないほど濃厚です。お店のラーメンみたいにトロトロです。ここまでクオリティの高いラーメンだとは思ってもいませんでした。唯一の難点は少し出汁のコクが弱い点。それでもこれだけのスープをインスタントで作り上げる日清食品に脱帽です。


まとめ

「行列のできるラーメン屋 京都」は私が食べたチルドラーメンの中で一番美味しかったかもしれません。下手なラーメン屋より美味しいです。残念なことに販売しているスーパーが少ないのが欠点です。「行列のできるラーメン屋 京都」の一番の欠点は営業努力不足につきます。

行列のできるラーメンをAmazonでさがしてみる
【有名店のラーメンを自宅で食べよう!】
人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

関連記事一覧