羽田空港付近で前泊するなら蒲田がオススメ

DSCN2404「始発を利用しても、羽田空港の早朝便が間に合わない」そんな経験ありませんか。特に早朝6時台に出発する場合、5時には空港に到着しておきたいものです。先日、6時半出発する早朝便を予約したんですが、始発を使っても間に合わない為、前泊を出来るホテルを探しました。しかし、羽田空港周辺ホテルはどこも高い…。そこで、私は羽田空港から京浜急行線で10分で到着できる蒲田で前泊しました。

蒲田で前泊した体験談をまとめました。

羽田空港のホテルは値段が高額

羽田空港周辺ホテルってどこも高額。高額でも客が来るから安くする必要もないのかもしれないけど、日々の切り詰めた生活をしている一般人にとって何とか安く済ませたいものです。そのためカプセルホテルで安く抑える選択もありますが、防犯上の不安・物音・狭い等の不安を考えると二の足を踏んでしまいます。

そこでオススメなのが羽田空港第1ターミナル内にホテルがあり移動に手間取らず、大浴場、wifi設備、各部屋には防犯に安心な金庫を備え付けている「FIRST CABIN(ファーストキャビン) 羽田ターミナル1」。
first-cabin-haneda-terminal出典:tabi.ikuranet.chu.jp/?eid=1412450

 

羽田空港直結の為、移動には手間取らず簡易宿泊ホテルにしては部屋が広く内装は綺麗だそうです。
※ファーストクラスの内装
出典:www.asiatravelnote.com/2012/12/03/first_cabin_haneda.php

一見すると完璧に見えますが、所詮は簡易宿泊施設。残念ながら部屋にはドアが無くカーテンで仕切っているのみで鍵はかかりません。隣や前の部屋と壁は薄く(むしろほとんどない)ので、音が気になり集中して寝れないという欠点があります。そして意外と高額です。

宿泊費はビジネスクラスで5,000円。ファーストクラスとなると6,000円になります。

カプセルホテルの豪華版にしては少々値段が高いです

これも羽田価格か…と諦める前に外に目を向けてみました。
羽田から電車で10分足らずで移動できる蒲田周辺ホテルは安価なことに気が付きます。

蒲田で見つけた激安ホテル

そして宿泊したホテルはビジネスホテルソーシャル蒲田です。
ホームページをみても古臭く、あまりいい印象を持たなかったんですが、羽田空港周辺ビジネスホテルで一泊5,000円という値段に魅了されて利用を決めました。

実際宿泊してみてどうだったか?

ソーシャル蒲田は、JR蒲田駅から徒歩3分のところにあります。
周囲には歩いて1分の所にローソンがあり、ちょっとした買い物にも困りません。
ただし…外装は古いです。私もホテルをはじめてみた時は「えっ?ここ?」と思いました。
DSCN2394入ってみるとホテルマンが受付に一人おり、淡々と仕事しています。また毎日新聞の夕刊号を無料で貰えるので、暇つぶしには困りません。

DSCN2371※ホテル内の様子

部屋の中を見てみましょう。
DSCN2377

部屋には小さなテレビとベッドがあります。少し狭くて大人一人通れる程ですが、問題はありません。
DSCN2378

ベッドはシングルベッドのため広くはないですが寝るには十分のスペースです。

DSCN2381部屋の中には七分丈のバスローブがあるので、わざわざパジャマを準備する必要ありません。

DSCN2403小さな冷蔵庫があるので、2Lペットボトル一つ入ります。部屋は乾燥しているので、飲み物は必須冷蔵庫があるのは助かります。

DSCN2380トイレ一体型のユニットバスは古くて使いにくいですが許容範囲。

一晩宿泊してみた感想は?

こちらのホテルに一晩泊まりましたが、快適に眠れました。カプセルホテルの方が音など気になってうまく寝付けなかったかもしれません。
しかし、ホテル特有の乾燥はあり、激安のため加湿器など気の利いた品物は置いておりません。各自で乾燥対策をしておく必要があります。それでもカプセルホテルに比べるとプライバシーは守られ、携帯電話、目覚まし時計の使用をすることに気を使わなくていいので、断然こちらの方がおすすめです。また、蒲田は美味しい飲食店もたくさんあります。特に羽根つき餃子の発祥の地とされているので、餃子専門店の数は浜松・宇都宮と並ぶほどです。
羽田空港周辺で前泊を考えている人には蒲田をおすすめします。


関連記事一覧