「保育園落ちた生活ピンチ」なママ必見。自宅で出来る主婦にオススメ在宅ワーク5選

毎年、冬~春先にかけて話題になるのが「保育園落ちた」という子育てママの悲痛な叫び。待機児童問題はいつまでたっても据え置き状態で、しばらく解決する事はないと思います。

「働くのが好きだから、育児も仕事も頑張りたい!」というエリートママがいる一方「夫一人の給料では生活がカツカツだから、パートでもいいから働きたい」というママの方が、実際には多いのではないでしょうか。

私自身は後者で、息子を出産する前は「保育園に預けて外で働きたい」と思っていました。しかし、私が住んでいる自治体には待機児童が多数で保育園には入れないと思い頭を悩ませていました。

でも、ネットなどで色々調べてみると、在宅でお金を稼げる事がわかりました。現在、私はネットで色々な仕事をしており、フリーランスママです。稼働時間は原則息子が寝た後の2時間のみ。働かない日だってあります。それでも保育園に預けずにして、充分なお金を稼げる様になり、外で働くのがバカバカしくなりました。

今の時代、外で働くばかりが全てではありません。幼児を家で見ながらお金を稼ぐ事は出来るのです。「保育園に落ちて生活がピンチ」と落ち込む必要はありません。そこで、主婦でもできる「在宅ワーク」をまとめました。

主婦でもできる!おすすめ在宅ワーク5選

1. アンケートモニター活動(会場調査・座談会含む)で稼ぐ

「主婦のお小遣い稼ぎ」などで調べてみると、一度は耳にする「アンケートモニター活動」。私は今まで色々な在宅ワークを行ってきましたが、私の様なスキルに乏しい方にはダントツでおすすめです。

必要なのはアンケートモニター用のメールアドレス1つ。アンケートの設問は選択式が多く、そこまで頭を使わなくても出来ます。ノーリスクで始めらますし、育児のスキマ時間に出来るので、小さな子供のいるママにはぴったりな在宅ワークです。

「アンケートモニターってあまり稼げないのでは?」と疑問に感じるかもしれません。確かに、アンケート回答だけの場合(アンケート会社5社位掛け持ちしても)月3,000~4,000円程度にしかならないですね。

ですが、アンケート会社はアンケートだけを行っているわけではありません。例えば、マクロミルというアンケート会社では、お買い物モニターを募集していて、それに当選すると一気にポイントがたまり、私の経験上お買い物モニターだけで月1,000円以上稼ぐ事が出来ます。

それだけでなく、時々サンプル調査・会場調査・座談会の参加募集もしており、これらに当選すると一気に稼ぎが増えます。※会場調査・座談会は指定された場所(大概は都内・交通費は出ない)に行かなくてはいけないので「在宅ワーク」ではありませんが…。座談会に当選すると、かなり美味しいですよ。座談会1回につき5,000~20,000円の謝礼を貰えるので、夫が家にいる土日を狙って参加するといいかもしれません。

座談会は「事前に色々調べないといけない!」などといったことはなく、自分の気持ちを伝えるだけなので、誰でも出来ます。緊張するのは最初の数回だけで、慣れてしまうと本当においしいバイトです。私は何度も行ってます。まれに「乳幼児と一緒に参加できる座談会」もあり、私は息子(当時6ヶ月)と一緒に行ったこともあります。謝礼は10,000円でした。

以前座談会で一緒になったママは「月に10~15万位稼いでるよーこれが本業になってるかも」とおっしゃっていましたので、アンケートモニター&座談会等で頑張れば、パート代くらいは稼ぐのも夢ではありません。私ですら、ピーク時は7~8万円稼いでいましたよ。先日アンケートモニター活動で貯めたギフトカードで洗濯機を買いました!

稼げるアンケート会社は?

私は10社程度アンケート会社に登録していますが、その中でも稼げるのはこちら。

マクロミル

なんといっても、アンケート会社最大手のマクロミルは安定して稼げます。毎日5~10件ほどのアンケートが届きますので、真面目にアンケートに回答していれば、月1,000~2,000円位にはなります。

ライバルが多いので中々当たりませんが、サンプル調査や座談会に当選すると一気に5桁の収入に。アンケートやモニター活動でお小遣い稼ぎをしたい方は絶対に登録すべきアンケート会社です。登録料金などは一切かかりません。無料です。

時々テレビや雑誌を注意して見ていると、アンケート結果が出てくることがあると思いますが「マクロミル」で調査と書かれている事があります。アンケート調査の依頼元は大手メディアも取っており、様々なところでアンケート結果が使われているんだなと思いました。



>>マクロミルの詳細を見る

D style web

D style webはアンケートサイトではありません。9割方は座談会や会場調査の募集を行っています。残りの1割がアンケートですね。

座談会は1回参加が決まるだけでも5,000~10,000円位稼げます

私みたいにその辺によくいる主婦でも座談会の依頼はたくさんありますが、当選率は低めです。私がよく応募していた頃は月に3~4回程度の頻度で座談会や会場調査へ行っていました。ちなみに、アンケート会社の中の人にちらっと聞いた話では40代・50代・60代主婦の意見を聞きたい企業が多く、当選しやすいそうです。


>>D style webを詳しく見る

2. ハンドメイド品を売って稼ぐ

子供の洋服や身の回りの物、カバンなどハンドメイドが出来る方は、そのスキルをそのままにしていては非常に勿体無いです!ネットショップを作ってハンドメイド品を売ってお金を稼ぐ方法もあります。「ネットショップを作るなんて出来ない」と敬遠しがちですが、BASEでは、面倒な手続きや複雑な操作は一切なく、誰でも簡単に30秒でネットショップが作れます。

世の中には「一点モノ」が大好きな方々がたくさんいます。「趣味で作ってる程度だから売れないでしょ」と感じるかもしれませんが、しっかりと宣伝をすれば売れる可能性は高いです。

ちなみにBASEでは、こんな感じのハンドメイド品が売られています。

「これ位のクオリティだったらいける!」と自信のあるママは是非チャレンジしてみて下さい。

肝心の集客方法ですが、SNS(Facebookやtwitter、Line@)で、ハンドメイド品ショップ用のアカウントを作り宣伝したり、無料ブログ(アメブロなど)を作って、ハンドメイド品をブログで紹介をするなどの方法があります。その他、集客のヒントはBASEの公式サイトでも書いてありますので、参考にするといいですね。

即時的な収入は期待できませんが、一度軌道に乗ってしまえばこちらのもの。一気に注文殺到の人気ショップになる?!夢のあるステキな副業ですよ。



>>BASEについて詳しく見る

3. クラウドソーシングで稼ぐ

最近「クラウドソーシング」という言葉を耳にするようになった方もいらっしゃると思います。結局何なのかよくわからない方の為に説明しますと、企業などが個人に直接仕事(ネットで出来る)を頼むシステムです。

WEBデザイン、ロゴ作成、翻訳といった専門的な事から、データ入力・口コミ感想を書く・アンケートなど取っつきやすい仕事も数多く存在します。上手に活用している主婦の中には、夫以上に稼いでいるケースも続出しています。文章を書くが好きであれば、本当に向いている在宅ワークです。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

4. 自分のスキルを売って稼ぐ

クラウドソーシングは企業側の依頼に基づき、条件にあった仕事を探すシステムですが、自分から何らかのスキルを宣伝をし「このスキルが欲しい!」という方からお金を稼ぐ方法もあります。それを実現できるのは、ココナラというサイトです。

「似顔絵書きます」
「翻訳出来ます」

など、ココナラのサイト内で宣伝してお客さんを待つというスタイルなので、自分のスキルに自信がある人向けかもしれません。個人的に「似顔絵でこんなにお金取っていいの?!」とビックリするのですが、それでも売れまくっています。私は元絵描きオタクなので、もう少し時間の余裕が出来たらココナラで出店(宣伝)してみようかな…と考え中です。

「ココナラ」公式サイトを見る

5. 絵を描ける方は育児マンガブログで稼ぐ

絵を描ける方におすすめしたいのが「育児マンガブログ」の開設。すでに飽和状態の様な気もしますが、私の経験上、まだまだつけいる隙があるように感じています。

普通の育児マンガでは難しいかもしれませんが、例えば「年子育児」「双子育児」「超ド田舎育児」「シングルマザー育児」などの特徴を出しつつ、4コマをアメブロやlivedoorブログあたりで書いていくと、いつの間にかランキングも上がってきて、出版社に目を付けられ、企業サイトへ育児マンガを提供したり、育児マンガの出版⇒超人気ブロガーになり、収入も…!!!と人生が変わるかもしれません。

ハンドメイド品で稼ぐのと同じで即時的には収入が手に入るわけではありませんが、他の副業もしつつ趣味程度に行うのがベスト。例え、うまくいかなくても育児日記にはなるので、いい思い出にもなりますよ。


子供を保育園に入れることが全てではない。スキマ時間にお金を稼ぐ事は可能

「保育園落ちた。もう詰んだ。生活できない」と絶望している暇があれば、他の可能性を探してみることをオススメします。国が悪い、行政が悪いと文句ばかり言っているあなたはただのクレーマーでしかありません。

私は、色々調べてネットで仕事を始めたのは息子が生まれて間もない頃からでしたが、1年経った今では息子の就寝時間にたった2時間程度稼働するだけで、充分に稼げる様になりました。たいしたスキルのない私でもそうなのです。あなただってきっと大丈夫。

自宅で子供を見ることも出来る上に、充分稼ぐ事ができるフリーランスという道を進んでよかったと心から感じています。


ぷにく
  • ぷにく
  • 千葉県在住、2児(男女)の母。
    環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

    豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。