公開日: 更新日:

個人線量計で2週間、千葉県柏市の放射線量を測定してみた結果。

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s 「放射能が怖いから、もう子供を外で遊ばせる事なんて出来ない」

2011年に起きた東日本大震災で福島の原発がメルトダウンして放射能が漏れてしまい、日本中の人々が(主に東日本)「放射線が人体にどう影響するのか」とても心配していたものです。

当時の天気予報では「今日の東京は何mSvです」なんて言っていましたが、現在ではすっかりそんな事も言わなくなって、代わりに「今日のPM2.5の値はXXです」になりました。

日本人は本当に熱しやすく冷めやすいですよね。

私自身、東日本大震災で多少なりとも影響を受けたにも関わらず、当時なんとなく心配していた放射線の事をすっかり忘れてしまいました。先日ひょんなことから千代田テクノルの個人積算線量計をお借りして、放射線量のモニタリングを2週間行う事になりましたので、報告もかねてお伝えします。

そもそも日本人は年間どれ位の放射線量を浴びているのか

生活環境によって異なりますが、日本人は年間約1.5mSvの放射線を受けています。

内訳:宇宙から0.4mSv、大地から0.5mSv、その他食物や空気中のラドン等
参照:www.kyousei-shika.net/kyousei_html/care/hoka-housyasen.html

飛行機の移動、CTスキャン、レントゲン等をしていると平均より高くはなりますが、多めに見積もっても10mSv位の放射線量で済んでいるでしょう。人体に影響が出だすのは200mSv(年間)以上の放射線を浴びてしまった場合だそうですので、普通に生活している分には問題ないはずですね。

…でも、今の日本の放射線量がどうなっているのかわかりませんけどね。

個人線量計で2週間、千葉県柏市の放射線量を測定してみた

詳しい経緯は割愛しますが、個人線量計で放射線量をモニタリングをすることになりました。

今回使用したのはD-シャトルという個人線量計です。
tecn ※ストラップと一緒にお借りしました

測定条件など

測定期間:2015年10月5日~18日(14日間)
測定場所:柏市

基本的に個人線量計は外出時にはバッグの中に入れており、測定期間内は柏市から出ていません。
主に近所のスーパーやホームセンターへ買い物に行く程度で外(店内も含む)にいたのは、1時間程度でした。

なお、個人線量計は常に私が持っていました(※私には0歳児がいるので、我が子がどの位放射線量を浴びているのか気になり夫ではなく私が持つ事になりました)。

ちなみに私が借りたのはD-シャトル(個人線量計)のみで、放射線量表示器は借りていませんので、リアルタイムにどの位放射線を浴びたかはわからないようになっています。測定期間が終わったら千代田テクノルに個人線量計を返却し、結果が送られてくるようになっています。

放射線測定結果

個人線量計を借りたからといって特別な事はせずに過ぎ去った2週間。

個人線量計を返却して、先日測定結果が郵送されました。

kekka-h 測定期間に累積された放射線量は0.018mSvでした。

自然放射線量だけですが、年に換算すると0.432mSv。私は普通の人よりも外に出る時間も短いのでこんなもんで済んだんでしょう。
内心ほっとしています。

千葉県は6日、柏市の「県立柏の葉公園」で、国の基準値(毎時0・23マイクロシーベルト)を上回る空間放射線量が検出されたと発表した。県は安全確保のため、基準値を超えた園内6カ所周辺を立ち入り禁止とした。

参照:www.chibanippo.co.jp/news/national/244484%26%23160%3B

なんてニュースもありましたからね。

人体に影響のあるような放射線量は出ていないらしい

0歳児子育て中の私が2週間にわたって放射線量を測定した結果、心配するような放射線量は浴びていないという事が実証できました。恐らく赤ちゃんにも影響はないでしょう。現状として放射線量よりも、むしろ気を付けるべきはPM2.5の方なのかもしれませんね。