【口コミ】IFME(イフミー)ファーストシューズ感想。赤ちゃん本舗で初めての靴選び

aka-kutu1私には1歳1ヶ月の息子がいます。

息子は1歳になっても超高速ハイハイがメイン(歩いても2~3歩程度)だったので「この子は慎重だから、しばらくは歩かないのかな」なんてのんきに思っていました。しかしある日突然よく歩くようになって、あれよあれよという間に移動手段があんよ>ハイハイに。

まだよちよち歩きで長い間は歩けませんが「息子と一緒に外歩きしたり公園とかでも遊びたい!」という私の願望もあって、息子のファーストシューズの購入を決めました。

IFME(イフミー)ファーストシューズの購入に至るまで

子供の靴選びは、慎重にしようと思っていました。なぜなら、私自身がサイズの合わない靴を履いていたこともあって酷い外反母趾になってしまったからです。

外反母趾も酷くなると辛いものです。よく歩いた後は親指が痛くなってしまって大変ですし、歩く時には親指が痛むので親指側を浮かせて歩く癖がついてしまったので、歩き方が変になってしまいました。子供にはそんな思いをさせたくないので、子供に負担のかかるような靴は避けようとという訳です。

ネットで色々調べてみると、ミキハウスのファーストシューズは評判が良さそうですが、6,000~8,000円位するので残念だけど却下。更に調べていくと、IFME(イフミー)のベビーシューズも評判が良くて、お値段も2,000~3,000円台とお手頃。ネットで購入しても良かったですが、子供の靴のサイズがよくわからなかったので、IFMEのショップリストを調べて近くの赤ちゃん本舗へ行く事になりました。

赤ちゃん本舗でファーストシューズ探し

実は赤ちゃん本舗自体初めてだった私は、店舗内にある赤ちゃんグッズの多さに圧倒されました。ベビーフードが月齢ごとに置いてあるのには感心してしまいました。すごい。

それはさておき、本題のファーストシューズ。

「子供のファーストシューズを買いたい。足のサイズを測ってほしい」という旨を店員に告げると、靴売り場担当の方がやってきました(※残念ながらシューフィッターではありませんでした

どうやって足のサイズを計測するのか見当もつきませんでしたが、古典的な方法でした。

aka-kutu3▲こんな感じの器具で足のサイズを計測しました。

 

aka-kutu4▲息子は嫌がっていましたが、なんとか計測した結果、11.5か12.0㎝だと言う事が判明。平均よりもやや小さめ。

 

aka-kutu8▲購入した靴。私はホワイトで地味なデザインを購入しましたが、IFMEのベビーシューズはオシャレなデザインもたくさんありますよ!>>AmazonでIFME(イフミー)のベビーシューズを見る

 

aka-kutu9▲ふと靴についていたタグを見てみると「ウインドラスソーサー」という文字。2つのくぼみが筋肉の動きを活発化させ、土踏まずのアーチ形成をサポート…って?ん?足の形をキレイに形成するサポートをするってこと?更に、メーカーのページで改めて確認してみました。

 

イフミーは、足指の自由な運動を引き出し、はだしで大地をつかむような感覚で歩ける、高機能中敷き“ウインドラスソーサー”を開発。
「親指のつけ根部分」と「5本指のあたるところ」のふたつの“くぼみ”が足のヨジレやネジレを防止、正しい姿勢のしっかりした歩行と土踏まずのアーチ形成を促進します。

メーカーのHPより

これっていいですね!外反母趾の防止にもなりそう。

 

aka-kutu6▲くぼみあった~!5本指にあたる部分のくぼみも写真には撮り切れていませんが、ちゃんとありました。

 

aka-kutu7▲マジックテープ式なので、靴の着脱も簡単。

 

aka-kutu5▲息子に靴を履かせてみたところ。

息子とIFME(イフミー)のファーストシューズとの相性

息子の足は結構しっかりとしていて、足の甲がごついです。ですが、IFMEを履いても特にきつそうな印象はありませんでした。

靴が重いのかすぐにハイハイになってしまい歩きませんでしたが、だからといって靴を嫌がるような仕草はなかったです。「やっぱりまだ靴を履かせるのは早かったのかな」と思いましたが、翌日には(自宅で)よちよち歩きはじめました。そして、更に数日後には近所の公園で靴を履いてよちよち歩きするように。

あっという間に「靴を履いた息子と一緒に遊ぶ」夢がかないました!

息子とIFMEのファーストシューズの相性は中々良いみたいです。コスパも良くて大満足でした。特に問題が起きなければ、このまましばらく息子の靴はIFMEを使用していきたいと思います。

 

>>AmazonでIFMEのベビーシューズを探す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

千葉県在住、1児の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験し、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に息子を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る