【口コミ】IKEA(イケア)で車のおもちゃを購入した感想。1歳の息子は大喜び 

ikea出典:www.polus-green.com/mati/2008/11/post_52.html

先日、念願のIKEA新三郷店に行ってきました。
IKEAってオシャレでコスパの良いおもちゃが色々あると事前に調べてわかっていたので、1歳児の息子が喜びそうなおもちゃを買いに行くのが目的。結論から言ってしまうと、大満足。IKEA自体も楽しめたので、機会があればまた立ち寄ってみようと感じました。

IKEA おもちゃ購入レビュー

色々見て回った結果、購入したおもちゃはこちら。

ikeao1LILLABOシリーズの車のおもちゃ3点セット(999円)列車セット3ピース(499円)です。
めちゃくちゃ安い!デザインもステキ。

IKEAに行く前に口コミを調べてみましたが、コスパやデザインはいいけど作りはだと書いてあったので、ちょっと不安でした。購入後、息子が使うものなので隅々まで確認。

ikeao2おもちゃの裏面を見てみると、CEマークが付いていました。

CEマークとはヨーロッパ(EU)における法的規制に対する適合性表示マーク。日本の玩具にはSTマークがついていますが、CEマークはSTマークのヨーロッパバージョンと考えてよいと思います。様々な観点から安全基準をクリアしている製品である証拠ですので安心しました。

作りが雑なのかと手持ちの木製積み木・おもちゃとの違いを比較してみると、IKEAの方がザラザラ感があるかな…と感じた位でした。素人目にはその他に作りが雑だと感じる点は見受けられません。

 

ikeao3▲ちなみに列車の後側には、磁石があって連結・切り離しが自在にできます。

 

ikeao5

▲車のおもちゃは手のひらサイズでした。車輪はプラスチック製で、良く転がります。息子にはとても好評。

 

ikeao7 ikeao8

▲ショベルカーのアームは上下に動きます。

 

ikeao6▲上部は外すことができます。1歳1ヶ月の息子でも外すことは出来ましたが、再びはめるのは難しそう。

 

ikeao9▲箱を見てみると、こんな風に分解できるみたいですね。上部を入れ替えて様々な組み合わせの車が作れそうです(息子はまだそんな高度な技はできませんが…)。

箱を見て気がつきましたが、この車のおもちゃの対象月齢は18か月以上なんですね。でも、細かい部品はないので、もうちょっと低月齢の子供でも問題なさそうな印象を受けました。

 

IKEA LILLABOシリーズ車&列車のおもちゃ 息子満足度:★★★★★

大人から見ると「木製部分がちょっとざらついているのでどうなんだろう?」と感じましたが、息子(1歳1ヶ月)は全然気にせずに遊んでいます。車輪に凹凸がないのでわりとスムーズに転がる点も気に入った様子。

ショベルカーの後ろに小さな積み木をのせたり、両手でおもちゃを持ってどっちが早いかを試している様子もあります。めちゃくちゃ安かったし、大満足です。息子のブーブーブームが続く限り、末永く使えそう。コスパもいいし、買って良かったー。

 

ネットでも購入は可能。ただし値段は店頭より高め

今回、我が家が購入した車のおもちゃ3点セット(999円)列車セット3ピース(499円)はAmazonでも購入可能です。


>>LILLABO 列車セット 3ピース


>>LILLABO おもちゃ のりもの / アソートカラー/3ピース

でも店頭価格よりも高めに設定されているので、特別な理由がない限りは店頭での購入がいいのではないかとは思います。でも、IKEAの実店舗って少ないですよね~。もっと増えてくれると嬉しいですが。

車のおもちゃ以外にもオシャレでコスパのよい商品が沢山ありましたので、もし近くにIKEAがあれば実際に行くのもいいと思います。IKEAそのものも結構楽しいですよ。子供が遊べるスペースもあるので、子供も退屈はしないと思います。

あわせて読みたい
IKEA(イケア)新三郷店に子供と行って大満足! しかし、思わぬ落とし穴も…
出典:www.polus-green.com/mati/2008/11/post_52.html 2008年にオープンしたIKEA新三郷店。新規オープンしたての頃は3時間待ちの大...

また機会があれば、再度IKEAに行ってみます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

千葉県在住、2児(男女)の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る