日本は子連れに親切。子供を産んで良かったこと。

739a6ed80aae8f17d279e71f1d63e0a8_s「日本は子連れに厳しい」
「日本は子供を育てにくい環境だ」

ネットでも。
テレビでも。

子供を産むとこんなにも辛い、社会復帰も出来ないとネガティブな情報ばかり。

これからパパママになる人にとっては、とても不安になってしまいますよね。
私もこのような情報を見て、子供を産むことに不安がありました。

ご安心下さい。

ママになった私は「あれ?言われているように子連れに厳しいとか育てにくいと思わない。親切な人が多い。医療費も安くて助かる。子供を産んで本当によかった」と思う事が多かったです。

そこで私が「子供を産んでよかった!」「子供と一緒にいて親切にされて嬉しかったこと」などの経験談を紹介します。

子供を産んでよかった!親切にされた経験談

52fccedb3e455bf0dd30796b00db7533_sネット等の情報ではとにかく子連れには厳しいと言われているので、びくびくしながらベビーカーを押して散歩へ行ったり、赤ちゃんが騒いだらどうしようと思いながら抱っこひもで買い物へ行っていました。

私が住んでいる場所は郊外の都市。それなりに人が沢山います。

でも、一度たりとも迷惑がられて嫌な目にあったことはありません。

びっくりしたのは、散歩や買い物をしている時、色々な人(おじさんやおばさん)に声をかけられる事。

「赤ちゃん寝ちゃってるの?かわいいね」
「男の子ですか?わかいいなあ」

おじさんやおばさんが、まるで孫でも見るかの様な優しい目で話しかけてくるのです。

スーパーでレジに並んでいる時、レジを打つ台に商品がいれてあるかごをのせてくれるおばさんがいたり、お店の人はかごを商品を詰める台に移動させてくれます。息子が泣いてしまって途方に暮れた時、その場に居合わせたおばさんが「いないいないばあ」と息子をあやしてもらう事もありました。

とにかく助けてもらう事がいっぱいあって「ああ、なんて日本人って親切なんだろう」と感動しっぱなしです。

買い物へ行くたびに何かしら親切にされることがありますので、私も自然と笑顔があふれて、子供が産まれてから沢山の人に「ありがとうございます」って言っていますね。

日本は子供を育てにくい環境だとは思わない

242c01180623cf4a339c44217c729503_s待機児童問題。
ベビーカー論争。

確かに色々ある事は事実です。

でも「悪い面ばかり見て文句言ってるんじゃないの?」と私は思います。

例えば、待機児童問題。

そんなのどこの国だって少なからずあると思います。日本政府は何も努力をしていない訳でもありません。

hoikuen-suu参照:www.garbagenews.net/archives/2092001.html

保育園の数は年々増えています。私が住んでいる市も、毎年保育園が新設されています。
供給が追い付いていないだけなんですよね。

それに本当に働かなくてはいけない人は保育園に入れています。シングルマザーなどは。
待機児童問題で文句を言っている人達は、どちらかと言えば富裕層なのではないかと思います。

保育園落ちた!のブログを書いた人も「児童手当数千円しか」と書かれている事から、所得は相当高いと思われます。
所得660万以上(世帯年収875万円以上)ですと、児童手当は1人当たり月5,000円ですものね。私の家庭はそれ以下なので月15,000円もらえています。

保育園じゃなくても、ベビーシッターとか認可外保育園などいくらでも選択肢はあるんですよ。選択肢がいくつもあるのに文句ばかり。

仕事復帰だって子供が幼稚園に通うまで待てないんですか。欧米諸国が羨ましいなんて言われていますけど、欧米諸国では0歳児を預けるのは禁止されていますし、いくら子育て世代に優しい社会だからといっても、税金がとても高いですよ。所得税や住民税などで給料の半分は取られるとかなんとか。

とにもかくにも、数年のブランクなんて努力でなんとかしてみる気はないのでしょうか。

どうしても活躍したい・今すぐお金を稼ぎたいのであれば、ネットでも活躍できます。
WEBライターやハンドメイド品を売るなどして月100万とか法人化して月1,000万位余裕で稼いでいるママもいます。あなたが知らないだけです。

ネットで活躍したらいいんじゃないでしょうかね。
子供を家で面倒見る事が出来て、仕事も出来ますので一石二鳥ですよ。お金にも余裕が出来ます。私はそうしてます。

マスコミも諸外国の良い部分だけを取り上げて「日本はだめだ」と偏屈報道をするので、それに感化されたママ達が声を上げているのではないでしょうか。

私の知り合いはシドニーにいますけど、待機児童問題はやはりあるそうです。そして保育園料は目玉が出るほど高くて「月10万円位が平均的」と言っていました。

そんな話を妊娠中に聞いていたので「なんだ日本って保育園料も良心的でラッキー」なんて思った位。

子どもの医療費も地域によっては無料(所得制限がない自治体もあります)じゃないですか。私の住んでいる市は1回の診療で300円ですが、子供ってなんだかんだ病院に行くことが多いので助かっています。

子供が産まれるとお金が無くなるなんて言われていますけど、そんなこと全然ありませんでした。

全てのいいとこどりなんてできません。
何かを手に入れたいのであれば、何かを諦めないといけない。

世の中そんな都合よく動きません。

私は何に対しても文句ばかり言う風潮が好きではありません。

まずは与えられた環境に感謝しましょう。不平不満ばかり言っていたら幸せも逃げてしまいます。

子育てママは余裕がない。だからネガティブな情報が拡散される

b49be3e7d3f9e81a35b0f49c25b3e9f1_s子育ては心身ともに疲弊します。特にパパが忙しいご家庭では、育児にいっぱいいっぱいになっているママも多く存在しているのではないでしょうか。

私の夫は残業なし・突然休むのもOKな会社(給料以外は超絶ホワイト企業)なので、多少なりとも余裕がありますが、それでも「子育てに疲れた」と思う事があります。

人間疲れてしまうと、周りの事が見えなくなってしまうもの。
親切にされた事よりも嫌だった事の方が印象に残ってしまって、普段の育児ストレスも相まって、どこかに発散したい気持ちが強くなる。その結果、ネット等ではネガティブな情報があふれてしまっているのだと思います。

よく考えてみると、私は同じ子育て世代の人に声をかけられたりした事や親切にされた事はありません。みんな自分の子供の事で必死だから、他の人を助ける余裕なんてないのでしょう。私もそうですけど。

これからパパママになる皆さん、私は子供を産んでよかったですよ。
沢山の人に助けられ、支えられて、幸せです。

【こんな記事も読まれています】
子供を産むタイミングは子供を産みたいと思った時しかない。手遅れになる前に妊活を
不平不満ばかり言う人は幸せになれない。文句ばかり言うのはやめませんか
子供嫌いな夫婦が子持ちになってみて思う事「自分の子供は天使」
妊活初心者の妊活方法。妊娠するまでに夫婦が行ってきた5つの事

関連記事一覧