11か月の息子を児童館デビューさせた結果。 息子の意外な一面が発覚。

fba5624d0de5c7d822c6343da77bdfe5_s私は息子が産まれてからというものの、病気や風邪が怖くてあまり外出をしていませんでした。息子はアトピー性皮膚炎で食物アレルギーなので、そのための通院だけでヘトヘト。でも、お陰様で大きな病気や風邪もせずに過ごすことが出来たのも、息子をいろんなところへ連れまわしていないからと思っています。

そんなこんなでのらりくらりとしていましたが、そんな息子も生後11か月。歩きこそしないものの、伝い歩きやハイハイで家じゅうを大暴れする日々になりました。

「もうそろそろ、(自宅以外の)外の世界を知って欲しい」

しかしヒトの多いところへ連れて行くのは抵抗があったので、色々考えた結果、近所の児童館へデビューさせることにしました。

私が行った児童館はこんな所

大概の児童館において、土日祝日は閉館している様です。しかし、近所にある児童館は祝日も開館していたので、家族全員(私・夫・息子)で行く事が出来ました。そのせいなのか、私達以外にも夫婦(家族全員)で児童館を利用しているご家庭も。ちなみにその児童館は、私が住んでいる市ではありませんが特に問題ない様です。同じ市の住人しか利用できないと思ったのですが、そんなことないんですね。

無料開放されているスペースは、3つに分かれていて、ざっと見た感じ32帖はありました。

・赤ちゃんコーナー
・絵本コーナー
・キッズコーナー

こんな感じで3つに分かれていましたが、それぞれのコーナーへの行き来は容易にできます。アンパンマンのおもちゃとか大型遊具(滑り台)など数多くありました。スタッフと他の母親が「ここの児童館は広くていいですね」と話していたのが聞こえてきましたので、私が行った児童館は比較的規模が大きいのかもしれません。

スタッフ(女性)は常に1名。時々もう1人のスタッフが様子を見に来ていました。スタッフの方が「赤ちゃんに優しくしてね」「強くにぎったりしたらだめよ」など何度も3~6歳くらいの子に言っていましたので、ハイハイで徘徊していた息子も安心して遊べました。

児童館へ行った息子(生後11か月)の様子

13時から開館でしたが、気合を入れすぎて10分程早くついてしまった私達。誰もいないロビーで待ちぼうけに。その間、初めての場所に興奮していた息子が暴れ出したので、ロビーにおろしてハイハイさせました※私達は危険がない様に見守ってます

そうこうしているうちに児童館スペースが空いたので、一番乗りで入りました。自分たちの名前を書いて、赤ちゃんコーナーへ。誰もいない赤ちゃんコーナーで息子はキョトンとしていました。置いてあったおもちゃを出してみても、動きが鈍い…。

「もしかして、児童館はまだ早かったのか」

10分くらいたった頃、幼稚園児~小学校低学年の子達が5人程騒ぎながら乱入。そこの児童館では「子供の一時預かり」もしているので、その子達です。

息子はその子達を見て、大興奮。ハイハイで男の子を追いかけ始めました。大型遊具(滑り台)を逆走して登ったり、階段型のクッションもハイハイで登りはじめ、男の子が遊んでいたレゴを奪おうとしたり、もう大変。家の中でも少々暴れん坊でしたが、児童館では大暴れ。不機嫌になることもなく、満面の笑みでずっと動き回っていました。

その後、生後10か月の男の子や1歳1ヶ月の女の子も児童館へやってきましたが、息子はどちらかというと「動き回っている男の子達と遊びたい!」という感じでした。

息子の意外な一面

暴れん坊である事は、想像していました。でも、他の赤ちゃんとの違いも見えてきました。うちの息子が一番表情が豊か。ケラケラと笑って積極的に男の子達と関わろうとしていました。赤ちゃんってどちらかというと「一人で遊ぶ」のがメインだと思っていたのですが、意外と人間好きなのかなー?と。人見知りもしないし…。※他の赤ちゃんは1人で遊んでました。

もう一つ意外だったのは「慎重で甘えん坊だと言う事」

息子はハイハイであっちこっち動いてはいましたが、必ず夫や私が近くに居る事を確認しながら移動していました。それで、ちょっとびっくりしたら夫にしがみついて抱っこを要求。新しいおもちゃ・見たことのない動き・知らないヒトを見ては、夫にしがみついていました。

家の中では、夫と居ても私の方ばかりにしがみつくのに不思議です。夫の方が強そうだから?赤ちゃんでもなんか色々思う事があるんでしょうか。

子供達と赤ちゃんの関わり方

息子が一時預かりの子供達の邪魔をよくしていたので、うざがられないか心配していました。でもそんな心配は杞憂。

「赤ちゃんが追いかけてくるよー。この子、俺の事好きなのー?」と嬉しそうに走り回る男の子。
男の子が持っていたおもちゃを見ていた息子に「これあげるよ」と手渡してくれる男の子。

赤ちゃん同士では、ケラケラ笑っているだけ。

自分の子供時代は友人に恵まれていなかったので、嫌なイメージしかありませんでしたがほっと一安心。子供の世界も色々あるけど、ほんわかしてるんだなあ…という印象でした。

ママ友を作る必要なし。そんなヒマはない!

児童館と言えば、ママ友作らないといけないから面倒じゃないのかな…と思っていましたが、私が行った児童館では、皆個々で子供と遊んでいるかスタッフに子育てについて質問している程度でした。

他のママ(パパ)とは、挨拶と「お子さんはいくつですか?」と質問する程度。後は邪魔をしたら謝ったりする位。そうじゃないと、子供はドンドン別の場所に移動してしまうので、ゆっくり話すヒマなんてありませんでした。

地域にもよりますが、少なくとも千葉県の郊外にある児童館ではそんな面倒な付き合いはなさそうです。ちなみにギャルママはいませんでした。見た目、30代前半位で落ち着いたママ・パパのみ。

思い出作りで乳幼児をテーマパークや旅行に連れて行く必要なんてない。乳幼児は「今」を楽しみたい。

852854879912beb6d5faab4fb8384d0b_s「子供には小さいうちから色々な体験をさせてあげたい」

この様に感じて、乳幼児のうちから旅行やテーマパークへ連れて行く親御さんは多いと思います。でも、やっぱり小さな子供は思いっきり遊ぶのが一番です。長い時間並んでアトラクションに乗る位なら、力いっぱい遊びたいし、走り回りたい。

児童館に遊びに来ていた子供たちは、皆笑顔で楽しそうにしていました。

乳幼児の時に行った旅行やテーマパークなんて本人は覚えていませんし、退屈もするでしょう。「乳幼児のうちに色々な体験を…」というのはすべて親のエゴではないでしょうか。

乳幼児にとっては「思い出」よりも「今」沢山遊びたい・楽しみたいはず。私達大人(パパママ)は乳幼児が安全で思いっきり遊べる広い場所に連れて行くだけでいいんです。お金を掛ける必要なんてありません。

我が家では児童館へ行きましたが、大きな公園でもいいと思います。

「子育てはお金をかけることが全てなのではない」

息子と児童館に行って、改めてそう感じました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

千葉県在住、1児の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験し、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に息子を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る