【体験記】自己啓発セミナーは無意味?自己啓発セミナーに50回以上参加してわかったこと

「自分探しの懇親会」「将来なりたい自分についての勉強会」「就活におけるやりたいことの見つけ方」「億万長者になったXXさんの講演会」「仕事の考え方についてみんなで熱く語り合おう」「売れる営業マンになるにはどうすればいいのか?」

私は過去50回ほど自己啓発にまつわる集まりに参加しました。

自己啓発と聞くと「胡散臭い」「宗教?」「詐欺にあわないか?」と身構える人は少なからずいます。そのため仕事にまつわる勉強会といった体で開催していることがほとんど。先にあげたセミナー名や集まりのタイトルを見ると内容が異なるように思えますが、やっていたことはほとんど同じでした。

何がいいたいかというと、仕事にまつわる精神論的セミナーはほとんど似たり寄ったりの内容であるということです。これは50回参加してやっと気がついたことでした。(私は鈍いので気づくのが遅いです…)

ではこれらのセミナーに参加してどのような成果が出たか。体験談を元にお話していきます。

自己啓発セミナーの内容と成果について

私が参加したセミナーで多く使われていたフレーズを元に自分がどのように変わったか羅列していきます。

やりたいことをロードマップにして自分を見つけよう

これはほとんどのセミナーで言われました。自分のやりたいことを書き出して、細分化し最終到達点を見つけるということ。例えば人の役に立ちたいと大まかな考えがあると「なぜ」と自問自答を繰り返し自分を見つめなおすらしいです。
一見関係なさそうな営業セミナーでも、長所を見つけるためにこのような手法を用いていました。

自分を見つめなおすために「なぜ」と自問自答を繰り返して長所を見つけた気分にはなるが、それを用いて成果を出したこともなく、出すきっかけもなかったため、自信にすらならなかった。というかやっているうちに訳わからなくなっていきどうどうめぐりに。結局やる前と何もかわりませんでした。

人脈形成をして刺激を得てアウトプットをしなければならない

営業セミナーや成功者たちの講演会でよく言われたことです。特に人脈が大好きみたいで、人脈形成こそがビジネスで一番重要と言っていました。

人脈とは本当にビジネスをやっているパートナーのことで、特にスキルのない人間と知り合ってもほとんど役に立つことはありません。お互いにメリットのある話を交渉する必要があるので、自分もそれなりのスキル&レベルが必要。ただの友達と異なり、人脈に頼るのではなく、自分からビジネスを人脈を使って広げていく考えでなくてはならないのです。

当時の私は人脈という言葉を吐き違い、飲み会で知り合った人脈が仕事の手法を教えてくれたり、助けてくれたりすると思っていました。そのため、人脈作りに様々な懇親会に参加したが、何も成果を得られなかったのです。

周りを変えるにはあなたが変化することが一番

「自分がうまくいかないとき、周りのせいにするのではなくあなた自身が変化する必要があり、変化によって周りの意識改革をもたらそう」

最も言われたフレーズがこれです。自分が変われば周りも変化するとのこと。特に気持ちを前向きに持って細かいことでも実行していけば、必ずうまくいくと言われました。

自分を変える方法を模索してもたいしたことが思い浮かばず「元気にハキハキと」「掃除から実行」「とにかく飛び込んでみる」など的外れな行動を起こして、さらに周囲の評価を悪化させることに。意味がないどころかさらに悪い方向に進んでいきました。

自己啓発のフレーズは間違えたことは言っていないが…

結局のところ私は何一つ成果が出ませんでした。集まりに参加している時は「明日から変われる」「もっと頑張ろう」「やる気がみなぎってきた」とプラス思考にはなりますが、実行しても上手くいかないばかりか、気持ちはあるけど行動に移せないことも多々ありました。
確かに、自分が変わらなければ周りも変化しないし、スキルも身につきません。言っていることが間違っているわけではないです。

一番の問題はセミナーに参加するだけでは意味がないということに参加者のほとんどが気がついていないということなのです。

成果が出ないため新しいセミナーや懇親会に参加する悪循環に陥ります。私は気がついたら50回以上参加していました。

結局は仕事で成果を出すことが一番

私にとって自分の変化に一番効果的だったのが、仕事で成果を出すことでした。
ただし注意点があります。仕事は必ず「自分ひとりで誰の助けも借りず仕事を完遂させる」ことです。誰の助けも借りないことが、自信に繋がっていきます。
一つ一つ自分の力だけで解決することによって、自信もついていき、仕事で必要な人脈とも話ができるようなるのです。

自信がなくスキル&知識もない人間とは、仕事のできる人間は相手してくれません。私も「君に話してもわからないから」と外注先の社長から言われたことがあります。ですが、私が会社を辞める時には「そちらで困ったことがあったら是非相談してください。できることでしたらいつでも見積もりしますよ」とまで声かけられるまで評価してくれるようになりました。

技術系&特典がつくセミナーは行く価値があるかも

自己啓発セミナーは行っても効果は薄いですが、技術系セミナーは勉強になります。

ただし、セミナーで何を学ぶか決めた上で行かなければ、時間とお金の無駄です。また、参加することによって、なんらかのサービスが受けられるなどこちらにとってメリットのあるセミナーはいいかもしれません。多分…。


関連記事一覧