【柏市】1歳半検診の内容と所要時間。何を基準にひっかかる?パパ連れOK?

「1歳半検診の所要時間って2時間とかって聞くけど、おもちゃ持って行った方がいいのかな」
「うちの子、言葉が遅いから検診に引っかかるかも…」

はじめての1歳半検診はとにかく不安でいっぱいになると思います。私自身「息子の言葉が遅いから保健師にぼろくそ言われないか不安」「集団生活に慣れていないのでたくさんの子供を見て萎縮してしまうのでは」「おもちゃを持っていった方がいいのか」「パパを連れてきてもいいのか」等細かいことがとても気になりました。

1歳半検診で行う事は調べれば様々なサイトやブログで見つかりますが、私が気にしていた些細な事はあまり書かれていないのでよくわかりませんでした。先日、柏市の1歳半検診に行ってきましたので、1歳半検診の雰囲気や他の子の様子、何を基準に引っかかるのかも焦点を当てていきながら、レポートします。

1歳半検診の準備:前月に問診票が送られてくるので事前に記載しておく

自治体によって異なりますが、1歳半検診の前月には問診票が送られてきます。柏市の場合「指差しは出来るか」「普段どのようなものを食べているか」「話せることば」など書かれていました。

▲指差しなど特に問題ないのですが、うちの息子は言葉が少ない(当時:「パパ」「ママ」「まんま」「わんわん」の4つのみ)ので、1歳半検診は引っかかるだろうなという前提で望みました。

柏市は比較的「ザル」なので、問診票に厳しいことは書かれていませんが、やたらと厳しい問診票も自治体によってはある様です。「体の名称を言うと、正しい場所を指差しするか(3つ以上)」とか。うちの子は出来ません。1歳半ってそんなに色々出来るんでしょうか。すごいなあ(遠い目)。

1歳半検診:時間通りに行ったら最後の方だった

柏市では、1歳半検診の受付時間が午後0時45分からだったので、ちょうどぴったり着く様に会場へと行きました。駐車場はギリギリ開いていました。駅から遠い所に会場があるのですが、意外にも自転車やベビーカーを押して来ている人達も多かったので助かりました。

で、ぴったりについたのに番号を受け取ったのですが、なんと「43番」でした。その日「60組」検診を受けた様なのでうちは最後の方ですね。皆来るの早すぎ。

ちなみに持ち物に「上履」と書かれていたので持って行ったのですが、会場に別途上履きが用意されていましたので、持って行かなくてもどうにかなったと思います。まあ、人数分はなさそうでしたけどね。

驚いたことに、3分の1位はパパ連れ。我が家もパパを連れて行ったので「パパ浮くんじゃないのかなあ」と心配していたのですが、全然浮かずにすみました。ごく少数ですが、おばあさんやおじいさんまで動員していた方もいらっしゃいました。双子の人は明らかに大変そうだったなあ。

待合場では、テレビがありアンパンマンが流れていて絵本もあったので、おもちゃは必要ありませんでしたね。

柏市:1歳半検診の内容

柏市のHPに書かれている通りです。

問診、身体計測、歯科相談、育児相談、必要なお子さんには、小児科・歯科診察、栄養相談、発達相談を行います。

 柏市HP:1歳6か月児健康診査より

発達相談はどうしようかな~と思ったのですが、空いていたらにしようと思ってました。

身体検査、歯科相談でギャン泣き多発!

10人のグループで呼ばれて、それぞれの検査をしていくのですが、その中でも身体検査歯科相談カオスでした。

まず、身長体重を測る為に着替えさせて「ギャー」、身長を測る時押さえつけられて「ギャー」、歯を見る時にも「ギャー」。大概の子は泣いていましたね。「うちの子だけギャーギャー泣いたらどうしよう」と不安な方は安心して下さいね。皆泣いてますので「うるさいな」と周りから冷たい目で見られる事はありません。

歯科相談で引っかかるポイント

歯科相談の前に事前説明を受けるのですが、その際「幼児用のジュース1本につき、スティックシュガー4本入っています。特別な時以外は飲ませない様にして下さい」と強調していました。

事前説明をしていたところから歯科相談(10人位)を受けているのは丸見え。結構皆さん長引いている様子でした。恐らく、おやつの内容やジュースについて注意を受けたのだと思います。何回か男性の歯医者が出てきて何か説明しているシーンもみました。もしかしたら、虫歯があったのかもしれません。

息子はというと。麦茶牛乳しか飲ませていません。おやつは赤ちゃん用のせんべい・歯磨きは毎食後していると問診票に申告していたのですが、特段突っ込まれることはありませんでした。むしろ「優秀ですね」と褒められました。歯の状態も良かったです。

▲磨き残しがあったので、それは指摘されました。

息子が使っている歯磨き粉については、息子のアレルギー体質もあってかなりこだわって選んだので、それが良かったのかもしれません。(フッ素などの化学物質ゼロ・アレルゲン一切入っていないBRIAN(ブリアン) を使用しています。

息子の口に合ったのかよくわかりませんが、現在ではハミガキ大好きっ子になり自分で一生懸命磨いています。

▲いつもなぜかリビングでごしごしと歯を磨いていますが、歯磨きは大好きです!

育児相談の内容と周りの様子

歯科相談で褒められた息子は、しばらく待った後に育児相談の部屋(かなり広い)へ案内され、待機。会場は暖房が効きすぎていてものすごく暑かったので、持参していた麦茶を飲ませてました。長丁場だからと思って麦茶を持ってきたのですが、大正解でしたね。息子が飲んでいる最中、他の子も寄ってきて指差してました。皆喉が渇いていたんでしょうね…。

そして恐怖の育児相談!

問診票に基づいて話は進められていました。発達障害とかを見ているというよりは「生活習慣がキチンとしているか」「食事内容は大丈夫か」が中心。うちの息子は5時起床・19時就寝。食事は好き嫌いなくパクパク食べるので、またもや褒められました。

「最近ではジュースなどの飲み過ぎで、食事を食べなくなっている子もいる」という話が出ていましたが、息子は無縁。そんな話の合間、テーブルに置かれていた小さめの積み木(5つ)がつめるかどうか試されました。

息子は問題なく積めたので、ここはクリア。そして、つぎは車とか犬の絵がかかれたイラストがあり「車はどれ?」と言われたら正しく指差し出来るのかのテストをしましたが、息子1つもできず…。というよりも、恥ずかしがって腕の後ろに隠れてしまいました。

自宅では「にゃんこどこいったの?」というと飼い猫を指差したり「(麦茶入れてた)カップはどこいったの?取ってきて」というと、探して取りに行くといった指示も通る事を話したら、パスしたみたいです。

ちなみに絵の名称を問われて、絵を指せない子も結構いるみたいですよ。最近はデジタル絵じゃないと指をさしてくれないとかなんとか言ってました。実際、私達の前で育児相談していた子も全然指せていませんでした。

言葉が遅い件について相談した所「言葉の数にはかなりの個人差がありますから、ネットや育児書の情報には惑わされないように。いくつか言葉が出ていますし、言葉の意味がわかっている、目がしっかりと合うのであれば、今の段階で心配する事はありません」という話でした。1歳半検診引っかかるよ…と不安でしたが、引っかかりませんでした。

保健師さんに「バイバイは?」というと、息子は恥ずかしながらも「バイバイ」していました。うちの息子は言葉は遅いのですが、他については自閉症を疑うような行動は一切ないので信じてみます。もっと語り掛けしよう。保育園も行ってなくて、密室育児だから言葉が遅いのは仕方がないと感じました。

柏市の1歳半検診:最後に絵本1冊貰える

柏市の1歳半検診では、最後に絵本1冊貰えます。息子が好きな犬や車のイラストが描かれた絵本を貰う事にしました。

早速効果(?)があったみたいで、ねこのページをひらいて「にゃんにゃんにゃんにゃん」と読むと、飼い猫を探しに行ってしまいます。なので、猫以降のページ読めてません(笑)

これで1歳半検診はおしまい!2時間もかかってヘトヘトになりました。


柏市の1歳半検診まとめ

1歳半検診は「発達障害を見つける場所」だと思っていたのですが、実際はそれよりも生活習慣や食事について色々とツッコミが多かったです。保健師さんも優しい人ばかりでした。なので、今発達不安のあるお子さんを抱えているパパママも気をラクにして望んで下さい。

集団生活になれていないお子さんの場合、かなりストレスがたまると思います。うちの息子はいつもしないのに、しきりに指しゃぶりしたり身体中をかいていました。そして、終始足元にくっついて離れなかったです。なので、パパかママはなるべく抱っこしたりして、お子さんの不安を取り除いてあげて下さい。

※保育園などで集団生活に慣れているお子さんは走り回っていましたけどね

冬場に行く方は、飲み物必須!会場は暑いです。子供の顔が真っ赤になるくらい暖房が効いていましたので、水分補給させないと辛いかもしれません。

以上です。


関連記事一覧