子供(2歳児)の胃腸炎と完治までの期間。息子の発症・症状・完治までの全記録。

息子は保育園など集団生活はさせていないので、酷い風邪を引いたこともなく2歳になりました。「手足口病が流行ってる」「プール熱が流行っている」などの情報を耳にしても我関せず。

ですが、そんな息子も先日胃腸炎になってしまいました。突然の高熱と嘔吐にオロオロして看病に追われながらも、なんとか完治しました。

今まで元気いっぱいに育ってきた子供の胃腸炎に私は困惑するばかり。きっと私と同じように悩んでいるパパママもいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、参考までに息子の胃腸炎の発症・症状・完治に至るまでの経過をまとめてみました。

全身にあせも。そして、突然の高熱と嘔吐。子供の胃腸炎発症の経緯

息子は元々肌が弱くて、ステロイド剤などを毎日塗らないと肌荒れするような子でした。因果関係は不明ですが、胃腸炎になる1週間ほど前から突然、首の周りにブツブツとあせもが出てきていました。そして、あっという間に全身あせもだらけに。肌が荒れるような事があっても、あせもがこんなに出る事なんてなかったので、ちょっと驚きました。

最初は「手足口病」を疑いました。しかし、息子はかゆがったり、熱が出たりといった症状は一切ありませんでしたので、病院へ行くことはありませんでした。そして、胃腸炎発症2日前にかかりつけの病院へ行き、いつものステロイド剤を貰いに診察を受けたときも「これは、あせもでしょうね」と医者に言われたので、一安心したのです。

胃腸炎の前日は、日曜日だったので夫が息子を連れて遊びに出かけていました。息子は疲れたみたいで18時には就寝(普段は19時半就寝)。

そして、翌朝息子の身体が熱くなり、ぐったりとしていました。熱をはかってみると38.4度。イヤイヤされながらも牛乳やバナナを少しだけ食べたのですが…食べ終わった瞬間、ダイニングテーブル横でコロコロし始めてぐったり…。20分くらいして嘔吐しました。

子供(2歳児)の急性胃腸炎の経過・症状まとめ

そんな感じで胃腸炎を発症した息子の記録を表にまとめてみました。

症状 備考
1日目 発熱(38.4度)、嘔吐3回、ほとんど食べない、ぐったり、うなる ずっと私のそばでぐったり。
2日目 発熱(38.8度)、嘔吐なし、ほとんど食べない、ぐったり、うなる 近所の小児科へ。風邪ではなく胃腸炎?との診断。
3日目 発熱(37.8度)、嘔吐なし、昼過ぎからそこそこ食べる、だるそう 朝方うなっていたが、徐々にうなりはなくなる。
4日目 平熱(36.8度)、コロコロしている、だるそう、よく寝てる 珍しく夜泣きした。身体はだるそう。
5日目 コロコロしている、機嫌がものすごく悪い。 いつもよりも機嫌がかなり悪かった。まだだるそう。
6日目 機嫌がものすごく悪い。よく寝てる。
7日目 機嫌がものすごく悪い。コロコロしてる。
8日目 ほぼ元通り。

息子の場合、嘔吐初日だけでしたが、調子が悪そうなのは7日間続きました。5日目からは「とにかく機嫌が悪い」という日が続き、こちらも対処に大変でしたね。

 

子供の胃腸炎:治療方法は?

近所の小児科医のよると「いわゆる胃腸炎に特効薬はありません。水分補給には気を付けて安静にして下さい。治ったと思っても2~3週間は排泄物から細菌やウイルスも混ざっているので、おむつ替えの際は感染しないように手洗いなどきっちりして下さい」と言われました。

渡された薬は2種類

・ビオフェルミンR散(粉状の薬):5日分
・ナウゼリン坐剤10(10mg):3個

ビオフェルミンR散は毎食後、ナウゼリンは高熱と嘔吐を抑える目的で使用して下さいとの事。

ナウゼリン坐薬は、病院帰りに早速息子のお尻に入れました。坐薬を入れて1時間は水分を飲ませないその後の1時間は5~10分おき経口補水液(OS-1)大さじ一杯分ずつ飲むようにとの注意書きがあったので、仕事休みだった夫にOS-1を購入しにいってもらいました。

私はOS-1を飲んだことがないので味見してみたのですが、マズイ

ポカリスエットを薄めた様な若干甘さのある飲み物だったので「こんなもの息子が飲むかな」と心配に。しかし、注意書き通りに息子にOS-1をあげてみると美味しそうに飲んでました。後で色々調べてみると、調子の悪い時に飲むと美味しいらしいですね。実際、症状が治まってくると息子は嫌がって飲みませんでした。どんなメカニズムなのかまったくもって謎ですが、病人には最高の飲み物の様です。

症状が治まっても、だるそうだったり機嫌が悪い日々が続く

胃腸炎発症から4日目になると、体温も平熱になり、食べるようになったので「完治した!」と思ったのですが、体力が相当落ちているのか、すぐにコロコロと横になって寝たり、いつも以上に機嫌が悪かったのが印象的でした。いつもの調子に戻ったのは、発症から8日目

胃腸炎って結構長引くんだ…と思いました。

以上が息子(2歳児)胃腸炎の発症から完治までの記録でした。とりあえず、突然の風邪や胃腸炎などに有効だと知ったOS-1はいざという時の為にストックしとこうと思い、早速購入しました(賞味期限1年。その間家族の誰かが体調崩してしまうと思うので…)


>>経口補水液 OS-1 オーエスワン 500ml × 12本

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

千葉県在住、2児(男女)の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る