【男性目線】婚活が成功しない30代以上女性の残念な思考とは?

4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_s婚活を長く続けているけどなかなかうまくいかない。
男性のプロフィールを見ても希望に合わない。
婚活デートをしてもドキドキ感がない。
このような悩みを持っている30代以上の婚活女性は結構多いはず。
婚活がうまくいかないあなたはもしかしたら考え方に問題があるのかも。そこで婚活経験者の筆者が実際に出会った30代女性の残念な思考をまとめました。

高年収だけしか求めない

婚活女性は結婚を意識していることもあり、一般女性に比べて年収を意識している人が多いです。

さすがに一昔前の年収1,000万以上限定という女性は減りましたが、年収600万以上でなければNGという婚活女性は結構いました。確かに生活をする上でお金は重要です。
年収600万以上を求める人の多くは自分が専業主婦になったとき、夫だけの給料で乗り切れる年収が600万と考えているようです。

しかしバブル崩壊後、国民の給料は下がり続け、年収600万以上稼ぐ人は男女合わせて250万人しかいません。全体の8~9%しかいないのです。全体の10%以下となるとごく一部の人に限られるかもしれません。いわゆるエリート層しか稼げない600万の壁。はたして自分に振り向いてくれるでしょうか。

それらのエリートは一般女性にもモテますし、婚活していても若い女性に集まってしまいます。

ちなみにここでいう若い年齢とは20代前半の女性。20代後半~は男性目線だと商品価値はガクッと下がり、30代ともなるとエリートは見向きもしません。

30代女性がエリートを捕まえるのが難しい情報を伝えましたが、それでも年収600万以上にこだわりたい方も多いと思います。ですが、ちょっと待って下さい。

年収600万以上稼いでいる人の多くは残業代でまかなっているケースが多いという事実をご存知ですか。
VORKERSの調べによると日本人の平均残業時間は47時間です。
graph2
参照元:約6万8000件の社員クチコミから分析した残業時間に関するレポート
年収別残業時間を見ると、年収500万円から残業時間が跳ね上がっています。
graph3年収500~750万の人の月の残業時間が50時間なので年間に直すと600時間となります。

時給1500円として換算をすると残業代だけで90万円。残業が禁止になったら、年収が100万円近く下がってしまうのです。

さらに月50時間残業は一日2.5時間残業しているとなります。通勤時間等を加味するとどんなに早く帰宅しても21時が限界。毎日21時帰宅となると家事を手伝う事等不可能に近く、子供がいた場合、子育ては奥さんにかかりきりになること間違いありません

高年収のカラクリを分かって頂いたでしょうか。もし年収600万以上の男性を求めるとしたら、これらの条件を加味しておく必要があります。

年収の高い分、家の事は全て自分でしなくてはいけないかもしれません。夫と過ごす時間はとても短いでしょう。

本当にそれが幸せな結婚生活と言えるでしょうか。

ルックスを求めている

多くの婚活女性が「普通のルックスであればいい」よく口にします。または「生理的に受け付けない顔でなければOK」ど。

一見、ストライクゾーンが広く心が寛容な女性に見えますが、この普通という言葉が厄介なのです。
彼女らの普通は男性目線ではレベルが高く、なかなかたどり着きません。
ちなみに20代男性の平均的な顔はこんな感じ。
HEIKINKAO可もなく不可もなくですが髪型を頑張ればイケメンの部類に入りそうな顔です。
このような平均顔、実は巷では結構人気があり、かなりモテます。わざわざモテるのに30代婚活女性を求める人は少ないです。ではついでに20代、30代女性の平均値も見てみましょう。

20代女性平均

20dai

30代女性平均

30daijosei

こちらも想像以上に美人です。ともかく男女とも平均値はレベルが高く、ルックスを重視したらなかなか決まらない事が多いです。
「ルックスがストライクゾーンから外れていても、即NG出すなってこと?」と聞かれると、私は「はい」と答えます。

筆者の話になりますが、私の嫁は私を見た第一印象はルックスはなしだなと思ったそうです。しかし友達として付き合っている間にお互いの価値観も似ていて居心地がよいと感じました。そして、あっという間に結婚し、今年で結婚4年目を迎えています。

はじめのルックスがNGだったからといって、切らずに友達としてでも付き合いを継続して上手くいく場合もあります。ルックスがNGだからという理由でフェードアウトするのは非常に勿体無い事です。

専業主婦希望が多すぎる

経済が安定しない現代、働いていても職場の圧力・安い賃金とうの理由によって働く意欲が低下しています。特に女性の場合、働いていても出産、育児を考えると出世するという願望も持ちにくく、働いている意義を感じない人が多いです。
そのため一時は嫌われていた専業主婦になりたいという女性が増えてきました。30代婚活女性でも「働く事に疲れた」「旦那に養ってもらたい」と負の感情から専業主婦を希望する女性が多かったです。

それらの女性は男性からはどのように見えるかずばり答えると。

にしか見えません。
例えば専業主婦希望でも子供をすぐに作り、3歳までは家事育児を女性主体で頑張り、お金が足りなければ内職を考えていて、子供が小学校上がる頃にはパートで家計を助けたいと一緒に頑張ろうという意思のある方だったら魅力的に見えます。

しかし、専業主婦希望の婚活女性のほとんどが

・旦那の働いた給料でエステや友達と遊びたい
・子供はベビーシッターなどに預け、自分は遊びたい
・料理家事は苦手だからお手伝いを頼む
・とにかくラクしたい

これらの願望を持っています。

これでは豚以下の金を貪り食うニートです。
こんな女性を求めている男性はいるのでしょうか。

男性は何かあったとき、一緒に支えてくれる女性を求めています。
もし上記のような考えをお持ちだとしたら、結婚は諦めたほうがいいでしょう。

 

まとめ

筆者が婚活していた時、思ったことは男女とも「わがまますぎる」という事です。

減点方式で考えている人が多いので、一つアウトだったら、他も全て駄目に見えてしまう人が多いのです。婚活を成功させたいのであれば、減点方式はやめて一つでもいいところがあったら付き合ってみる、加点方式で考えてみてみましょう。

ステキな人と結婚したいのであれば、自分も同じレベルまで持っていける位魅力的ではないと、そのような人と結婚出来る事はほぼ不可能です。時々は自分を客観視する事を忘れない様にしましょう。

身の丈をわきまえて、結婚相手を探していけば、いつかあなたにとってピッタリの男性と巡り合えるでしょう。

ひとりよがりな婚活になっていませんか?アドバイザーがいる婚活サイト

「どうして上手くいかないんだろう?」と婚活地獄に陥っていませんか。

金銭面で余裕があれば、きちんとサポートしてくれる結婚相談所に入会してしまえばよいですが、実際にはそこまでの費用を捻出するのは厳しい方が多いのではないでしょうか。

恋愛・結婚情報サービス エンジェルでは、専門のアドバイザーがいて、プロフィールの書き方・メッセージの書き方など、エンジェルでの婚活に関してなんでも相談する事が出来ます。

今まで、中々上手くいかなかったと言う方にはオススメな婚活サイトです。
名前も聞いたこともないマイナーな婚活サイトですが、大手企業(日産など)の福利厚生として、利用されている男性会員もいますので、経済力のある結婚相手を探せます。



>>恋愛・結婚情報サービス エンジェルの詳細を見る。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

D

幼稚園より水泳をはじめ、中学では県トップとなり全国大会常連に。大学卒業後、26歳までに転職3回以上繰り返し、自己啓発セミナーで40万円だまし取られる。妻とはネット婚活で知り合い、無事結婚。現在は製造メーカーで生産管理として勤務中。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る