【婚活】専業主婦希望でも結婚相手を見つける方法。婚活サイト体験談。

「結婚したら、もう働きたくない。私を養って欲しい」

婚活をしている女性の中には「結婚したら専業主婦希望」という方もいらっしゃると思います。ですが、共働き世帯が増えている中での「専業主婦希望」は時代に逆行しており、結婚相手を見つけるのは難しいと各所で言われています。

実際、私自身が婚活サイトで活動をしている時に読んでいた婚活ブログ内で「専業主婦希望」と公言している女性は、中々成婚できなかった・もしくは婚活自体止めてしまったケースが多かったと記憶しています。

専業主婦希望の場合、結婚相手を見つけるのはハード。では、婚活の場において結婚相手を見つけるには、どのようにすればいいのでしょうか。

専業主婦希望の女性が結婚相手を見つけるには

まず、冒頭でもお伝えした通り、近年では共働き世帯が増加しています。

出典:厚生労働省「厚生労働白書」、内閣府「男女共同参画白書」、総務省「労働力調査特別調査」、総務省「労働力調査(詳細集計)」

私は独身時代「共働き世帯が増えているのは、男性の給料が下がったから」だとばかり思っていました。実際に、男性の年収は不況と共に下がって居る事は周知の事実であり、要因の1つでもあります。

ですが、私が結婚して実感したことは「生活レベルを下げたくない」「子供の教育に力を入れたい」「将来が不安」等の理由から、共働きを選択する家庭が多いという現実でした。

私の実姉を例にとります。夫の年収は1,000万円前後。更に住宅補助を会社から受けていますので、表面上はかなり裕福です。しかしながら、子供が産まれると姉も働く様になりました。「夫の収入だけで生活できるのに、何故働くのか」と聞いたことがあったのですが「子供にはたくさんお金を使いたいから、働いている」という事。

実姉に限らず、友人でも似た様な理由で共働きになっている話をよく聞きます。

一方、私の夫は年収400万円位。私は働くのが嫌い(主に人間関係が面倒なので)なので、在宅ワークをほどほどにしかしていません(名義上「フリーランス」ですが、1日1時間程度の稼働なので、実質働いていないに近い)。私が働く理由は「夫の収入だけでは不安なので、貯金額を増やしたい」だけです。ちなみに、夫は私に「働かなくていいよ」と言ってますので、在宅ワークをしているのは私の一存です。

年収で男性を判断してはいけない

「男性の年収が高ければ、養ってくれるだろう」と考えがちですが、実際には、男性の年収が高くても、共働き世帯になってしまう可能性は充分にありえます。ですので、婚活サイトで結婚相手を探す際に「年収」で区切ってしまうのは、自らチャンスを狭めてしまう結果となりますので、非常にもったいないと言えるでしょう。

結婚相手を探す際に、重要視すべき点は「結婚後の働き方」「家事・育児に関わりたいか」「相手に求める年収」等の項目。妻が専業主婦でもよいと考えている男性は「働き方は相手次第」「家事はあまり出来ないかも」「自分が稼ぐので、気にしない」といったニュアンスの文章を書かれているケースが多いので、是非注目してみて下さいね。

家事能力(料理・掃除など)は高めておこう

はっきりとした統計はありませんが、私の周りでは「夫が高いレベルでの家事能力を求めてくる」とよくおっしゃっている専業主婦の方々を見受けられます。夫が仕事命(年収高い/家を空けている時間が長い)であればあるほど、家に帰ってきた時にリラックスできる空間を求めている傾向がある様です。

いくら女性が社会に進出する世の中になったとはいえ「自分がしっかり稼いでくるから、お前は家の事を」という、一昔前の考え方をしている男性は一定数いるみたいですね。私の夫もどちらかと言えばそのタイプで「帰宅した時に明かりが付いていて、夕飯が出来ていると嬉しい気分になる」と漏らしていた事がありました。

男性が結婚相手に求めている事は

結婚式場を展開するアニヴェルセルが、首都圏・関西に在住の20歳~37歳の男性へ「もし、あなたが今年結婚するとしたら、相手にどのような条件を求めますか」といったアンケートで出て来た回答は以下の通り。

出典元:結婚前の男女は必見! 結婚相手に求める条件は?アニヴェルセル調査

上位にランクインしているのが「性格」に関する事でした。やはり似た者同士は惹かれあうものかもしれませんね。

婚活では、加えて「容姿」も重要な要素にはなってきます。婚活経験者であれば痛感されている方もいらっしゃると思いますが、婚活の様な一期一会の場では第一印象が良くなければ次につながる事はないからです。

かといって、とびっきりの美人でないと成婚できないという訳ではないと私は思います。婚活サイトを経て結婚した私は、美人ではありませんから。ある程度の清潔感を持ち、痩せすぎ/太りすぎでなければ過度な心配は必要ないでしょう。

注目すべき点は「家事をこなす能力」「自分の仕事を理解してくれる」が問われていますね。前述もしましたが「男性は仕事、女性は家を守る」意識の高い男性が存在するのでしょう。「働いているのに、家事の事まで手が回らないし、仕事に集中させてほしい」といったような潜在意識もうかがえます。

専業主婦希望の女性の賢い婚活の仕方

婚活サイトや結婚相談所内でのプロフィールで「専業主婦希望」と書くと、男性から「金目当て」「寄生するつもりか」と思われるのではと心配になりませんか。共働きが増加している現在、そんな風に考える男性は多いと思います。働かず、ただ養ってもらおうという感じのする「専業主婦希望」の女性は、正直印象が悪いです。

なので、妥協案を出しつつ、控えめに「キャリアウーマンではない。働くよりも、家の事を重視したい」といったニュアンスを伝える方がベター。

例えば、私が利用していたエキサイト婚活の場合「結婚後の働き方」の項目には、専業主婦と書かずに「出産したら辞めたい」「お相手次第」にしておきます。自己PRには「結婚をしたら、家庭の事を第一に考えたいと思っていますので、仕事はセーブしたいと考えています。将来の夫が仕事から帰ってくる時までに美味しいご飯を作り、ほっと一息出来る様、夫を支えていきたいです。子供が産まれたら家事・育児に専念し、夫が仕事に集中できる環境を整えたいと思っています」と、献身的な女性をアピールするとそんなに悪い印象を与える事はありません。

専業主婦は意外とツライかも

最後に、この記事を読んでいる女性の中で「専業主婦ってラクだし、お金も遣い放題」と甘い考えをお持ちであれば、ちょっと待って下さい。

結婚すると、お金は自由に使えません。

独身時代とは違い、自分だけでなく家族の事を考えて計画的にお金を貯めていかないと、後々困るかもしれません。子供1人育てる為には3,000万円出費がかさむとも言われていたり、老後の生活には最低でも6,000万は必要、いや、1億はないとツライ…など、いくら夫が高収入であっても、お金に関する悩みがなくなる事はありません。

自分が稼いだお金の管理をそのまま妻に任せたくない・必要最低限の生活費だけ妻に渡すという男性も少なからずいます「妻は働かなくていいし、自由にお金を使っていいよ」といった菩薩の様な男性もいるかもしれませんが、そんな男性は稀です。

出典:エキサイト婚活

更に「自分は仕事をしているのだから、家事育児はノータッチ。家事育児は妻が完璧にするべき」と鬼畜の様な男性もいるかもしれません。私の実父がそのタイプでしたね。専業主婦は自分でお金を稼いでいるわけではありませんから「家族のお金の取り扱い」については、立場が本当に低いです。

なので、専業主婦は思ったよりも辛い立場にいる事は覚悟をしておいた方がいいかもしれません。

お金については結婚するとかなりもめます。なので、結婚相手を見極める際には「金銭感覚」もチェックしておきましょう。


【あなたにおすすめ婚活リンク集】
▶ とりあえず無料で婚活サイトに登録するならユーブライド
▶ 私が成婚できた婚活サイトはエキサイト婚活
▶ 婚活サイトなのに手厚いサポートもある恋愛・結婚情報サービス エンジェル
▶ 無料オンライン無料診断申込み・資料請求できるオーネット
▶ 無料で出来る結婚相談所の比較はズバット結婚サービス比較

関連記事一覧