• HOME
  • 記事
  • 言葉遅れ
  • 【言葉が遅い2歳】言葉の爆発期はこんな感じでした。2歳後半から言葉が爆発し続けています

【言葉が遅い2歳】言葉の爆発期はこんな感じでした。2歳後半から言葉が爆発し続けています

うちの息子は2歳すぎても、意味のある言葉は4つほどしか話す事が出来ませんでした。
男の子は言葉が遅いというけれど、さすがに心配になった私は毎日の様に「2歳 言葉でない」「2歳 言葉遅い」などネット検索する日々。
ネット検索すると出てくる言葉は「自閉症」「発達障害」「知的障害」
息子は言葉が遅い以外は何の問題もなかったので、余計に判断が付きませんでした。

そんな息子もついに2歳半過ぎから言葉の爆発期を迎え、3歳になる頃には定型的に言葉の発達をしている子供との差は気にならなくなりました。毎日子供の言葉発達の件でネット検索に明け暮れているあなたに、本当に言葉の遅い2歳の息子がどのようにして言葉の爆発期を迎えたのか、言葉の爆発期はどんな感じだったのかお伝えします。あくまで一例として参考になればと思います。

息子の生活環境

当時の息子の生活環境は以下。

・第1子
・温室育ち
・密室育児に近い(休日はどこかに連れて行ってました)
・同世代の友達いない
・保育園行ってない
・2歳1ヶ月で妹誕生
・その後、色々な場所へ行って刺激の多い生活に
・2歳半位で言葉の爆発期をむかえる
・2歳9ヶ月でプレ幼稚園入園

息子は待望の第1子だったので、大切に育てました。0歳の時は風邪やウイルスが怖いので、不要な外出はなし。1歳過ぎになって「そろそろ外の世界も」と思ったときに、第2子妊娠してしまい平日は密室育児になってしまっていました。0~1歳の時、どうしてもっと息子の世界を広げてあげられなかったんだろうと本当に後悔しています。

※第2子は息子とは正反対で生後1ヶ月位から外出しまくっています。刺激の多い生活をしているせいか生後9ヶ月の時点で「ママ」「まんま」「やだ」「ねんね」などの発語が出ています。

言葉の爆発期前兆(2歳3ヶ月頃)

2歳のお誕生日の頃、たった4つの単語しか言えなかった息子。2歳1ヶ月の時に妹が産まれたことがきっかけとなり、ちらちらと言葉が出てきました。おそらく「自分の事をもっと見て欲しい」というアピールだったのかもしれません。

2歳3ヶ月になると「これなに?」(←唯一の2語文)と言えるようになり、自分が目に入ったもの全てと言っていいほど指差しをはじめ「これなに?」「これなに?」と1日数え切れない程言うようになりました。この時点で言えるようになった単語数は15位。今まで全然増えなかった単語がゆっくりながらも少しずつ増え始めていきました。同時に息子を外へ連れ出して、脱密室育児に奮闘していました。

2歳4ヶ月で児童館で行われている言語聴覚士の言葉相談会に行き、言語聴覚士から以下のアドバイスを受けました。

まずは、意味のある言葉でなくてもいいですから、とにかく子供に話しかけて下さい。擬音語は真似しやすいのでおすすめです。例えば「階段降りるよ~トントントントン」「ブザー押しますピンポーン」とか、リズムを付けると子供も楽しくていいですよ

そのアドバイス通りに息子や娘と接していると、息子から擬音語がどんどん出てくるようにはなってきました。

言葉の爆発期(2歳半~)はこんな感じだった

2歳半。気が付けば単語数は100を超えていました。そして、毎日の様に単語数が増えては来ていました。
でも「これなに?」以外の2語文が出てこないな…と思っていたある日。

「だい…ないない」(=踏み台しまう)と2語文らしきものが…!そこからあふれるように言葉が増えたという事ではなく、言葉数が段階的に増えていった感じです。毎日の様に言える単語数は増えているけど、いきなり話せるようになるというわけではないみたいです。

単語数が200を超えた2歳7ヶ月頃。なんと3語文が出るようになりました。でも、自分の言いたいことを言うだけで会話は成立せず。
2歳9ヶ月になり、プレ幼稚園入園。周りの子から刺激を受けたのか、息子が動詞を覚え始めて一気に言葉の使い方が上手くなって、同時に言葉の数も毎日数えるのが面倒なくらい増えていくのを目の当たりにして「これが言葉の爆発期だ!」と確信しました。会話が成立して、簡単な質問に答えられるようになったのもこの頃です。

3歳になる頃にはこんな感じの言葉を言えるようになっていました。

「イオンで買ったママのつめたいお布団好き」
「公園は暑い、おうちがいいよ」
「ホットケーキ食べる。いっぱい食べるよ。絶対食べる!」
「幼稚園楽しかった。XX先生好き」
「わんわんは怖い。おうちのにゃんこは好き」
「ママ、おしっこしたいよ」「パパは運転上手ね」など

そして、歌も歌えるようになり、絵本の復唱や私たちが言った言葉の復唱をして、言葉を覚えて正しく使うようになっていってます。
また、言葉の遅れもプレ幼稚園の子たちと比べてみても大差なくなりました。

言葉の爆発期は3歳の誕生日を過ぎた今でも続いていて、毎日毎日言葉が爆発しています。

言葉が爆発したきっかけ

明確にはわかりませんが、こんな要素があったと思います。

・プレ幼稚園入園(週1で親子分離なし)
・妹の喃語が激しくなり、自己主張が強くなった
・妹が生後8か月にして発語したとき私たちが喜んだため

プレ幼稚園は週1でしかも親子一緒なので意味あるのかなと思っていましたが、充分刺激になっていた様です。
息子は引っ込み思案なので、幼稚園ではあまり発言数が多いわけではありませんが、他の子の動きや話をニコニコと観察しているので、本人なりに色々学んでいたのだと思います。息子と幼稚園の相性が良かったのも、言葉の発達面に関してはプラスに動いたのかもしれません。

また、妹が生後5ヶ月頃から喃語がうるさくて、生後8か月で「まんま」「ママ」「ねんね」などの発語が出てきました。言葉が遅い息子を育ててきた私達夫婦は大変驚き妹を褒めまくっていたのが、息子としては気に入らなかったのかもしれません。「自分もいっぱい話せるんだ」とアピールするかのごとく、今までしなかった私たちの言葉(文章)の復唱をしたり、絵本を復唱したり、どんどん話してくるようになりました。

3歳を超えた今では、一日中マシンガントークです。念願の「ちょっとしずかにしてて」状態。本当に嬉しい悲鳴をあげています。1年後には、妹(もし言葉遅くなければ)と色々話しているのかなと今から楽しみになり、発達障害の事はすっかり気にならなくなりました。



関連記事一覧