【アルバイト体験談】人間関係が面倒・引っ込み思案な主婦の私が工場バイトをした結果

f0d826f144d9556da8388292b02a1d19_s「子供の手が離れて来たから、パートをしたい。けどスキルなんてない」
「人間関係が面倒。黙々と出来るバイトはないものか」

こんな風に悩んていてネットで検索してみると、おすすめのアルバイト・パートの1つに「工場のバイト」が見つかると思います。性格的に引っ込み思案気味の方には、魅力的に感じるかもしれません。

私自身、性格上引っ込み思案でシャイな所があります。学生時代から様々なアルバイトを経験してきましたが、いずれも「複雑な人間関係」にウンザリしたものです。特に接客のバイトは全然向いていませんでした。女性が多い職場の場合はいじめもあって、精神的にきつかった記憶があります。

人間関係とかそういうのを考えず、気軽に働けるアルバイト・パートはないものかと考えて、2ヶ月程「食品(主に肉)工場内のバイト」をしていました。その時の体験談を綴ります。

「工場内のアルバイト(パート)ってどうなんだろう」と気になっている方の参考になればと思います。

工場内アルバイト・パートの求人をどこで見つけたのか

地域の無料アルバイト・パート求人雑誌などで、時折「工場内アルバイト」の求人が掲載されていますが、条件に合うものが中々ないので、私はネットで調べてみる事に。色々な求人サイトで探してみましたが、私の条件に合った工場内アルバイトが見つかったのは「バイトル」でした。



バイトルは工場内アルバイト・パートの他、仕分けや軽作業系の求人が沢山あるので「黙々と仕事をしたい」とお考えの人にはぴったりな仕事が見つかりやすいです。私が応募した求人は、工場そのものの求人ではなく「12月末まで!工場内バイト★」みたいに企業名が伏せられたタイプで、応募先が派遣会社でした。

面接なし。指定された工場で即バイト

0ba70ad950aaa96b56708e39926edce6_s私が応募した求人の話ですが、応募して数日後に派遣会社から電話とメールがありました。
電話では業務の説明・勤務先・勤務時間・勤務期間などの説明。その後、電話口で言われた内容の書かれたメールが届き、その内容でOKだったらメール返信し、指定の時間に指定の場所へ集合⇒業務開始という流れでした。

コミュニケーション能力が低い私にとって「面接」は苦痛なので、これは嬉しいですね。それに他業種のアルバイト・パートは面接で落とされたりする場合もありますが、常に人が欲しい工場バイトはそんな事もなく「応募したらバイトが出来る」状態なのは、たしたるスキルがない私(=主婦)にはありがたいのではないでしょうか。

子供がいない場合はいいですが、子供がいるとアルバイト・パートの面接に落ちる事は多々あり「働ける場所がそもそも見つからない…」という心配もありません。ガッツリ働きたい場合でも、正社員並に稼げる工場もありますから、とにかく稼ぎたい人にもよさそうです。

工場内バイトの一日

一言で「工場内バイト」と言っても、様々な業種がありますので一概には語れませんが、食品(=肉)工場で働いていた私の1日はこんな感じでした。

08:30 出勤。着替えなどを済ませて現場へ行く。
09:00 業務開始。ひたすら肉を切る。
09:30 朝の朝礼。
10:30 中休み(15分)。トイレへ行く。
12:30 昼休憩(60分)。私が働いていた工場では弁当の持ち込み禁止なので、食堂。
その後、着替えたりトイレに行くなどすると休憩時間が終わる。
13:30 ひたすら肉を切る。骨が混ざっていないかどうかの検品もあり。
15:15 中休み(15分)。トイレへ行く。
17:00 業務終了。忙しい場合は偉い人から「今日は残業できるか」聞かれる。
17:20 工場を出る。

大体こんな感じ。

私は基本的に残業はしたくなかったので断っていましたが、特に何か言われることはありませんでした。また、私が急に風邪を引いて休むこともありましたが、それも問題ありませんでしたね。これが飲食店やサービス業の場合は他の人へしわ寄せが来てしまうので、申し訳ない気持ちになってしまいますが、工場バイトではその心配は皆無なので気楽です。

工場バイトのメリット・デメリット

工場バイトのメリット

・単純作業だからスキルなしでもOK。
・急なお休みも取りやすい(人が沢山いるので、影響はほぼなし)
・人間関係はあっさりとしている

私が工場バイト最大のメリットを感じたのは「人間関係」

工場バイトでは常に作業をしているので、人(同僚)と関わる事はほとんどありません。中休みで他の人とちらっと話す程度なので、わりとあっさりとしていますし深入りする事がないのでトラブルは起きにくいと思います。私の働いていた部門が男性8割くらいだったのもあるかもしれませんが、2ヶ月間働いても、特定の人に嫌な感情が芽生えた事はありませんでした。

女性は50~60代が多く、当時20代後半の私はかわいがってもらえました。後は謎の外国人(東南アジア系)が多数いましたが、彼女らはお隣の国の方達と違って気性が荒いこともなく黙々と仕事をしていたので、無害でした。※外国人と働くと結構トラブルがあって大変なんですけどね…

当時子供がいなかったので、そんなに気にしていなかったのですが「急なお休み」を取るのが容易なのは子育てママにはありがたいことだと思います。誰がお休みを取っても、そもそも沢山の人がいるので気にならないんですよね。聞かない限り、業務が終わっても「今日はXXさんがいなかった」とかわかりません。誰が休んでもさしたる影響はなく、どうでもいい所があるので責められる事はまずありません。サービス業のバイトだと…それはもう色々と言われてしまいますけどね。

工場バイトのデメリット

・身体がキツイ
・作業が嫌いだった場合、辛い
・昼休みすらせわしない
・寒い

私が働いていた食品工場ではずっと立ちっぱなしで作業(主に肉を切る)をしていましたので、仕事に慣れない1-2週間は足が筋肉痛になり、とても辛かったです。背の高い人は腰もやられていました。ひたすら肉を切っているので、手がつりそうになったり…結構身体にきましたね。

ですが、これも慣れてしまうとある程度大丈夫になります。慣れるまでは本当にキツイ…。

工場では単純作業をするだけなので、黙々と仕事をするのが苦手な人には苦痛。でも、ラクなんですけどね。慣れると考え事をしながらでも出来てしまいますから。

食品工場ならではでしたが、工場内は非常に寒かったので足先に貼るカイロや腹巻は必需品でした。食品でなれば、適温だと思いますのでその心配はないと思いますが…。

個人的に「なんだかな」と思ったのが、中休みや昼休みですらせわしなくて休んだ気がしない事。というのも、工場内は広いですから、移動にも時間がかかる・着替えも時間がかかるので、1分たりともムダに時間を使えません。なので、1人で行動している人も多数いました。私もお昼休みは1人で行動してましたね。中休みは近くの休憩所で同僚と話すこともありましたけど。

引っ込み思案の主婦が工場バイトをしてみて思った事

c8f4968498b30c02209d5a3da9047bff_s私の様にコミュニケーション能力がなくて引っ込み思案の主婦が工場内バイトをする分には、適していると思います。子供の関係で休まなければならない時も比較的簡単に休むことが出来ますし、求人に応募すればほぼ働ける状態なのも嬉しい限り。

同僚=バイト・パート・日雇い派遣などで来ている人は、どちらかというと大人しい人が多いので、コミュニケーション能力が低い人同士話しやすい印象でした。もしくは世話好きなおばちゃんだったので、これもラク。社員の方も優しい人が多かったですね。

私は色んなバイトを経験しましたけど、男性が全体的にこんなに優しかった職場は珍しいとさえ思いました。

悪名高い山○ンは人間関係が最悪だと聞きますが、私が働いていた工場内の社員は「手伝ってもらってるのでありがたい」という姿勢で私達バイト・パート・日雇い派遣を受け入れてくれました。工場内バイトはデメリットもありますが「天国の様な職場」と向いている人は感じるバイトではありますので「人間関係が面倒」「黙々と仕事をしたい」「同じ仕事でもよい」と希望している方には本当にオススメしたいバイトです。

ただし、応募する際には「企業名 工場内バイト 体験談」などで検索をして、あまりにも評判の悪い所は応募しない方がいいですね。特に山○ンは避けた方が無難だと個人的には思います。



▲「工場内バイト」の求人を「バイトル」で探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

千葉県在住、2児(男女)の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る