【口コミ】ブリアンを1歳の子供に使った感想。目指せ親子で虫歯ゼロ!

「子供を虫歯にさせたくない」

取り柄のない私の唯一の自慢は、虫歯ゼロを貫いている事。今まで一度も歯医者にお世話になっていません。私が虫歯にならなかったのは、親が徹底して私から虫歯菌を守ってくれたからです。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、虫歯は「遺伝」ではなく「感染症」ですので、虫歯予防は事実上は可能です。

親子で虫歯ゼロを目指し歯磨きや歯磨き粉について色々調べていたら、フッ素は化学物質であり、デメリットもある事がわかりましたので使うのをやめました。

詳しく知る
フッ素入り歯磨き粉は危険なのか?【赤ちゃん、幼児、子供】まとめ
虫歯になり歯医者にいったら、必ず塗られるものが「フッ素」です。フッ素を患部に塗る理由は「虫歯で流れ出したカルシウムやリンをフッ...

「飲み込んでしまっても問題がなく虫歯予防も出来る歯磨き粉はないものか」と見つけたのが、子供用歯磨き粉のBRIAN(ブリアン) です。

ブリアンとは

ブリアンは「BLIS-M18」という口内の善玉菌です。虫歯になりにくい人達についての研究で発見された善玉菌で、世界の成人人口のわずか2%しか保有していないと言われています。この善玉菌(BLIS-M18)は、虫歯菌と戦い・殺菌し、虫歯予防になるとわかっており、ブリアンの正式な学名「Streptococcus salivarius M18」で調べてみると、ブリアンについての研究論文が沢山出てくると思います。

その中の一つに「子供達にブリアンを3ヶ月間与えたグループとそうでないグループ」を比較した研究がされており、結果は以下の様になりました。
参照:Cariogram outcome after 90 days of oral treatment with Streptococcus salivarius M18 in children at high risk for dental caries: results of a randomized, controlled study

上がブリアンを与えたグループです。黄緑の部分が「新しい虫歯が出来るのを防げた」という意味。下のブリアンを与えていないグループとは雲泥の差ですね。この研究では、通常の歯磨き粉よりブリアンを取り続けた方が虫歯予防としては良いと言う事がわかりました。

ブリアンの成分について

今回私が購入した「ブリアン」とは、正確には「ブリアン入りの歯磨き粉」であって、ブリアンそのものではありません。なぜ善玉菌の名前がそのまま商品名になっているのかちょっと不思議ですが、ブリアン以外に入っている成分は以下。

デキストリン:炭水化物の総称
フルクトオリゴ糖:砂糖に果糖が1~数個結びついた状態で、砂糖に近い、くせのない、まろやかな甘さが特徴の健康的な甘味
エリスリトール :果実や醤油・味噌・清酒などの発酵食品に含まれている天然の糖アルコール
乳酸菌(ブリアン):虫歯菌をやっつける 
香料

食品にも入っているものばかりですね。エリスリトールは低糖質食品によく含まれてます。血糖値への影響がないので、私は妊娠糖尿病の時にだいぶお世話になりました。

▲その他余計な物質は入っていません。

うちの息子(1歳)は、まだうがい出来ません。化学物質は子供の口に入れたくないので、余計な物質が入っていないブリアンは好印象です。

ブリアンを使ってみました

前置きが長くなりましたが、早速ブリアンを使ってみる事にしました。

ブリアンのお値段は通常価格は7,800円ですが、定期便にすると安くなります。初回限定で3,919円。2回目(2か月目)は4,980円。3回目(3か月目)以降は4,482円。市販の歯磨き粉よりはコスパが悪いのですが、子供の口に入るものですから、安全性・健康面の方が重要だと私は考えているので、目をつぶりました。

ちなみに、ブリアンは60日間返金保証制度がありますので「子供には合わなかった」場合でもお金がムダになる事はありません。

ブリアンは1箱60包。1包あたり0.5g入っています。通常、1日2包を目安に使用するとの事ですが、息子はまだ歯が前歯8本しか生えていませんので、1包2日分のペースなので1箱で3ヶ月位持つ計算になります。

そんな場合は、1ヶ月毎にブリアンが送られてくると困るので、ブリアンのコールセンターに相談したら、お届け周期変更が出来る事を知ったので、3ヶ月に1回にしてもらいました。そうすると1ヶ月あたりのコストは1,498円位(4,482円で計算)になりますので「ちょっと高めの歯磨き粉」位のお値段。これだったら家計に響かずに続けられそうです。

 

▲ブリアンの粉はサラサラとしておらず、若干ムニュッとしています。歯磨き粉につけやすい感じですね。いちごのニオイが結構強い事に驚きました。飼い猫がニオイを嗅ごうとしてた位です。

▲いつも歯磨きするときは全然落ち着きがありませんが、ブリアン付きの歯ブラシを入れてみたら「なんだ、この甘いのは?」って感じで歯ブラシを噛んでました。そして案の定うがいなどせずにそのまま飲み込んでしまいました(汗)

ブリアンを使った感想

ブリアンを1ヶ月程使っていますが、効果はよくわかりません。とりあえず、先日歯医者へ行くことがありましたが、今のところ虫歯はありませんでした。

ですが、うがいのできない息子の為に口の中にいれても「安心・安全」な物質しか入っていないこと・比較的落ち着いて歯ブラシを入れさせてくれるので、しばらくこのままブリアンを使っていく予定です。

ブリアンのサポートセンターやメールサポートがとても親切で、こちらが色々質問しても丁寧に答えてくれるので、ブリアンの好感度も上がりました。消費者としては、とてもありがたい限り。

「口の中に入れても安全な歯磨き粉を」
「フッ素入り歯磨き粉は使いたくない」
「コストがかかってもいいから、子供の虫歯予防を」

こんな風にお考えの方は、ブリアンを試してみる価値はあると思います。

 

 >> BRIAN(ブリアン)の詳細を公式サイトで見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

30代前半。1児の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を転々としてきました。その後独立し、フリーランスです。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に息子を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る