公開日: 更新日:

ホワイト餃子三郷店の生餃子を持ち帰りして家で食べた口コミ評価。失敗したけど臭みもなくて激ウマだった

ホワイト餃子といえば、名前くらいは耳にしたことある人は多いのではないでしょうか。千葉県野田市に本店を構えるホワイト餃子は一日2万個も売れる大人気餃子です。人気がありすぎるため、現在は冷凍餃子の通信販売を取りやめたほどです。

私は千葉県生まれ千葉県育ち、生粋の千葉っ子ですから名前は知っているし、どんな餃子なのか見たことあります。しかし、一度も食べたことはありません。

是非一度食べてみたいと思い、三郷にあるホワイト餃子店舗に行ってきて、生餃子を買って食べてみました。

ホワイト餃子三郷店はこじんまりとした店舗で夫婦が切り盛り

ホワイト餃子三郷店に行ってみて驚いたのは店舗がこじんまりとしていたこと。外観は普通の家と変わりありませんでした。

 

冷凍餃子は10時から売切れるまで。店舗営業は11:30~15:3017:00~22:00の2部構成になっています。驚いたことに定休日はありません。私は平日の10時に行ったんですが、お客さんはまだいませんでした。昼時や休日は混んでいるようなので、事前に心の準備をしておいたほうがよさそうです。

ちなみに車は4台置けるみたい。もし、駐車場が空いていなければ近隣にあるスーパービバホーム三郷店の駐車場を利用するといいかも。

 

今回、私は生餃子20個購入することにしました。値段は20個650円30個の場合は960円とかなり安いです。1個あたり33円ですからね。

ホワイト餃子を自分で作ってみたらとんでもないことに…

餃子はぎっしり箱に詰まっています。冷凍されていて、張り付いているので一つ一つ剥がしてフライパンに入れなくてはなりません。

 

20個入れたらフライパンいっぱいになりました。一個33円の割には大きいため、入れるだけでも一苦労です。ちなみに焼くときにフライパンいっぱいでなくてはいけないみたいです。

 

お湯をいれて強火で8分焼きます。お湯はまだ残っていますが、油を入れて2~3分焼きます。写真を見てお気づきの方もいるかもしれませんが、私は油の量を間違えて焼いていました。本来のホワイト餃子は油を餃子いっぱいに浸して、揚げ餃子みたいにしなければなりません。私は油を少しかけただけで、終わらせてしまいました。

 

すると…そこが真っ黒にこげて、餃子の一部崩壊してしまいました。

 

しかし大失敗したにもかかわらず、中の餡は野菜ぎっしり詰まっていて、とっても美味しく、皮もモチモチの食感でたまらない感じです。

意外と味は薄く、食べやすかったことに驚きました。また、にんにくとにらが入っていないか少量のため臭くなく、餃子のにおいが苦手の妻も「美味しくて、臭くない!!」と太鼓判でした。

 

ホワイト餃子三郷店の基本情報

住所〒341-0054
埼玉県三郷市泉70-1
TEL/FAXTEL : 048-954-6517
定休日なし(年始のみ)
駐車場あり (3台)
営業時間生餃子販売 : AM10:00 ~ 売切れまで
店内ご飲食 :
PM11:30 〜 PM3:30 (PM2:30 ラストオーダー)
PM5:00 ~ PM10:00 (PM9:00 ラストオーダー)