【危険・注意!】未承認チャイルドシートについて徹底的に調べてみた

3e9e50f4e9d104b768f12f371f82c8cf_s未承認チャイルドシートってご存知でしょうか。国の安全基準を満たしたチャイルドシートは「Eマーク」がついているんですが、そのマークがついていない未承認のチャイルドシートのことを言います。
そもそも「Eマーク」がどのようなマークなのかご存知ない方が、多いかと思います。
そこから詳しく解説し、未承認チャイルドシートがどのようなものなのか解説していきます。

Eマークとは?

国土交通省が正面衝突実験や取り付け検査等を行い、安全に使用できると認定したチャイルドシートにつけられるマークです。マークは下記のような内容になっています。
tyairudo

参照元:国土交通省 チャイルドシートコーナー

是非一度、国土交通省HP「自動車総合安全情報」をご覧ください。

国土交通省が行った検査結果について

国土交通省では市販のチャイルドシートについて前面衝突試験と使用性評価試験を行い、その結果を安全性能の評価として公表しています。

tyairudo2

▲上記のようなページで確認可能。ファイルはPDF。

チャイルドシートの購入を検討されている方は是非一度、目を通しましょう。

未承認チャイルドシートについて

未承認チャイルドシートとは上記のような検査を一切せず、国の調査を受けていないチャイルドシートのことを言います。

しかも、強度、重量ともに正規品に程遠く、事故時の安全性は見込めず、道路交通法にも違反するといったおまけつきだそうです。

安全性が見込めないだけでなく、法律にも違反してしまうなんて踏んだり蹴ったりです。

▲NHKの特集で未承認チャイルドシートについて注意喚起していました。【2017年6月追記】

もしかしたら「そんな怪しい商品買うわけない」と思っている方もいるのではないでしょうか。

実は私、上記商品を購入しかけた経験があります。

まがい物のチャイルドシートはとにかく安い

私が購入しかけたのは大手通販サイト「楽天市場」です。
チャイルドシートはどれも1万円以上して、なかなかお財布が痛い買い物になります。

そのため、少しでも安く押さえたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

私もその1人。何とか安く購入したいと考えていたら、なんと2,600円ほどで売っている商品を見つけたのです。

今考えると怪しいですが、当時は本当に迷いました。しかし、作りに不安を覚えたのと、メーカー名が謎だった点に不安を抱き購入はしませんでした。

未承認チャイルドシートは今でも売られています!!

実は私が迷った怪しいチャイルドシートはAmazonで売られています。

※2017年8月更新


>>SUSUQI 子供安全シート チャイルドシート 厚いクッションポータブル
▲絶対に購入しないでください!!!

実際に購入していないので断言できませんが、怪しいこと間違いないでしょう。SUSUQIってどこのメーカーですかね。聞いたことがありません。

大手通販サイト「Amazon」で販売されているのですから、他のネット通販でも流通している可能性は大いにありえます。

皆さんご注意下さい!!!

安くて安全な「タカタ04ビーンズ」がおすすめ

我が家が最終的に購入したのは「タカタ04ビーンズ」です。

>>【Amazon.co.jp限定】タカタ 04ビーンズ シートベルト固定チャイルドシート(0~4歳向け) ネイビー/ホワイト TKAMZ-003

値段は1万円ほどで購入でき、乳幼児対応しかも安全基準は乳児は優。
本当は幼児も優だったら嬉しいんですが、値段を考えると十分な性能だと思います。
takata1

▲takata 04 beansはtakata 04 popsの後継機種です。

e-mark▲しっかりEマークもついています。

【チャイルドシート関連記事】
【口コミ】タカタ 04ビーンズ シートベルト固定チャイルドシートレビュー。 新生児から使えてコスパ◎
新生児から使える安心・安全でコスパのよいチャイルドシート5選!
【携帯用】トラベルチャイルドシートは安全?危険?やめた方がいい?徹底的に調べてみた
チャイルドシートはどれがいい?チャイルドシートの選び方と種類別おすすめチャイルドシートまとめ

関連記事一覧