公開日: 更新日:

節約したいなら無料家計簿アプリ「マネーフォワード」を使ってはいけない理由

72202146cf73aebada4b5a1412601dbc_s 貯金をする目的は人によって様々です。
マイホーム・趣味・学費等どれをとってもお金がかかります。

貯金のために節約をするのは当然です。

世間では節約ブーム。
様々な雑誌やブログでは節約術が紹介されていて「断捨離」「片付け上手」「電子家計簿」などの言葉が飛び交っています。

そんな中で「家計簿アプリ マネーフォワード」が家計管理に良いと色々なブロガーがこぞってすすめている事はご存知でしょうか。

正確には「すすめていた」の過去形ですね。なぜブロガーがこぞってすすめてしていたのかの裏事情としては、自分のブログを介してマネーフォワードに登録した場合、300円のマージンが貰えるために紹介していただけです。今はアフィリエイト出来なくなってしまったので、誰も紹介しなくなりました。

とても便利なアプリで1万円以上節約できるとうたっていましたので、私もダウンロードして使用してみました。実際使ってみた感想を含めて私なりのレポートをまとめましたのでご覧ください。

家計簿アプリ「マネーフォワード」を使用してみた感想

節約したいなら家計簿アプリを使ってはいけない

マネーフォワードとは株式会社マネーフォワードが開発した全自動家計簿です。

一見すると便利で最高の家計簿のように思えます。しかし、これを使って本当に節約できているのでしょうか。

使ってみた感想としては、購入品の金額やカード残高などをスマホで細かく管理して節約になる根拠がわかりませんでした

むしろ管理ができているだけで「私は節約できている」と勘違いして、安心感から無駄な浪費をしかねない印象を持ちました。

銀行情報とクレジットカードの情報を登録する点も不安材料の一つです。確かに便利ですが、個人情報が流失した際にお金にまつわる全ての情報が漏れてしまいます。マイナンバー制度で個人情報流失の恐れを懸念している人が多いですが、マネーフォワードの方がよっぽど恐ろしいです。

そして最も恐ろしいのが、節約脳がどんどん退化していくことです。レシート情報、クレジットカード情報、銀行の入出金管理を全て機械任せにするので自分の脳みそを全く使わなくなります。

マネーフォワード使用者に質問します。

アプリをみないで月間の食費、光熱費、通信費、保険代、住居費を把握してますか。

手書きで家計簿をつけている人には簡単答えられる質問ですが、マネーフォワード使用者には絶対に答えられません。携帯やスマホに依存してしまったあなたはよく連絡する人の携帯番号すらも覚えていませんよね。

携帯がなかった時代、よく連絡する人達の電話番号は覚えていたものです(少なくとも私はそうでした)。

機械に依存してしまったあなたの脳は、確実に退化してしまっています。

f7b6419c311da2185660d5141dd67126_s節約をするのに必要な事は月間の収支を頭の中で整理し、次月の予算を頭の中で組立てる想像力です。その為には、収支をある程度覚えていなければ予算の組み立てなんてできるはずもありません。

アプリで退化した脳みそでは収支を組み立てて、想像する力なんて残っていません。マネーフォワードは脳みそを退化させるだけで、節約とは無縁の品物と思ったほうがいいでしょう。

家計簿を他人にプレゼンしたいのであれば、マネーフォワードは便利です。見た目がキレイですからね。

機械に頼った家計管理はしない方が良い

マネーフォワードはアプリで一元管理できますので便利なように思います。

しかしながら、アプリに個人情報の登録をしなくてはならず、いくら情報が暗号化されているからといっても情報漏洩の懸念は払拭できません。家計管理を機械任せにしてしまったら「お金の使い方を考える」という根本的な能力がいつまでたっても身につけることはできず、無駄にお金を使ってしまいます。

自分の頭でお金の流れを把握する事が節約の第一歩です。節約目的で、マネーフォワードや他の家計簿アプリは使わない方がよいでしょう。


【手書きの家計簿を付けよう!人気の手書き家計簿は?】
細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする 家計ノート
かんたん! 袋分け家計簿セット