子供のバイリンガル教育をするなら徹底的にせよ。中途半端なマルチリンガルになった結果

564743e445fd6c8473f335d83130c793_s「子どもには英語を話せるようになって欲しい」
「国際化に向けて子どもには英語や他の外国語の教育もしよう!」

これからママになる・小さなお子さんをお持ちのパパママで、このように考えて英語や諸外国語の英才教育をしようとしているご家庭は一定数いると思います。

小さい頃から英語や諸外国語に触れるのはいい事です。
日本だけではなく世界には色々な文化があって視野も広がって、脳の発達によさそうですよね。

ですが、子どもに外国語教育をするのであれば、徹底的に行ってください。あなたも諸外国の言葉を必死に勉強しないとだめですよ。
それは一体なぜでしょうか。

私が中途半端なマルチリンガルになった経緯

e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_s私は日本生まれ日本育ちで両親も日本人です。特別な教育を受けたわけではありません。幼い頃少しの間英会話スクールに通ったことがある程度です。まあ、普通の日本人ですね。

そんな私ですが、10代のうちに日本語・英語・中国語・韓国語を中途半端に身につける事が出来ました。
「中途半端」とはどの程度なのかとイメージしにくいかと思いますのでまとめます。

私の言語レベル(10代・20代の頃)

・日本語:全てネイティブ
・英語:話す・聞く=ネイティブ、読み書き=そこそこ
・中国語:話す・聞く=日常会話、読み書き=少し
・韓国語:話す・聞く=日常会話、読み書き=できない

私は今30代前半ですが、中国語や韓国語に触れる機会はほとんどないので忘れてしまいました。英語は話す機会がないので下手くそ(日常会話は出来ます)。読む・聞く・書く能力はまあまあですね。

中途半端とはいえ、どの様に4か国語を取得したと思いますか。英才教育は一切受けていませんし、外国に興味があって勉強したわけではありません。

たまたま私の周りには外国人が非常に多い環境でした。
幼稚園や小学生の頃、クラスに3-4人は仕事の都合で日本に来た子供がいました。
近所にもそんな感じの子供がいて、仲良く遊んでいました。

彼女たちは日本語がニガテですので、どうしても会話の中で母国語が出てきてしまいます。

彼女たちの親と話すときも当然母国語。彼女たちの家に遊びに行くときょうだい間でも母国語をよく使っていました。私も一緒に話したかったので「今のどういう意味?」と聞いて、ドンドン外国語を覚えていきました(ちなみに一番初めに覚えた中国語は「不知道(知らない)」でした。韓国語は「オプソヨ(~ありません)」。その国々によってよく使う言葉があるので、その言葉から覚えていきました)

高校になってはじめたバイト先にもやたらと外国人が多くて、バイト内での公用語が英語・中国語(時々日本語)になっていた時もあり、やたらと国際化した生活。

さらに豪州の国立大学に留学して英語のスキルアップもしてました(英語に関しては自ら興味をもって勉強しました)。

マルチリンガルの脳

b47fd05945138319e99a9308fbf1912d_s「マルチリンガルの人ってどうやって言語を操ってるの?」

私は中途半端なマルチリンガルでしたけど、他人から見れば「4か国語を話せる凄い人」に見えたらしく、よくそんなことを聞かれました。日本語を母国語をする人が、外国語を話そうとすると恐らく「日本語→外国語に変換して話す」というプロセスがあると思います。だから外国語を話すときにどもるのではないでしょうか。

私の場合は「英語=英語」「日本語=日本語」「中国語=中国語」「韓国語=韓国語」です。別の言語に変換して考えて話すという事はありません。

夢については、その日一番使った言葉の夢を見る傾向がありましたね。
ちなみに4か国語を話せるからと言って頭が良い事もなくて、学校の成績はごく普通でした。

バイリンガル・マルチリンガルのデメリット

ff6338e941a9dd5e79684677cc4ebdf8_sバイリンガルとかマルチリンガルってちょっとカッコイイですよね。「メリットだらけじゃないの?」と思いきや、デメリットもあります。

日本語の発音が変になってしまう

発音の仕方が違う4か国語を話していると、それぞれの発音が変になってしまいます。
普段方言を話している人が標準語を話すとなんだかなまっていたりしますよね。話している本人には、なまっている感覚なんてないと思いますが。
まさにそんな感じ。
無意識のうちに英語・中国語・韓国語なまりの日本語になってしまいます。「どこの出身だよ」と変な目でみられてしまう事が多々ありますね。

言語のちゃんぽん化

私は完全なマルチリンガルではないので、言語を完全に使い分ける事が出来ずに言葉をちゃんぽんして話すようになってしまいました。例えば「今日はハッキョ(学校:韓国語)で鬼ごっこplayしたけど高興(楽しい:中国語)だったよ」みたいな感じ。

わけわからないですよね。

無理矢理横文字を使う意識高い系のビジネスマンや学生みたいでちょっとイタイ。

でも、好きでそうなるわけじゃない事は弁解させて下さい。
「日本語が咄嗟に出てこない」という不完全な言語取得をしてしまったからなのです。

英語と日本語のちゃんぽんだったらまだマシですが、私はその他の言語がごっちゃになってしまって「お前は何を言っているんだ」という状態になってました。私の場合、他の家族はバイリンガルでもなんでもない普通の日本人ですから家族も言葉をちゃんぽんして話す私を変な目で見ていましたね。

いじめの対象になる

日本語の発音がヘンだったり言語のちゃんぽん化してしまうと、いじめの対象になってしまいます。

「あいつはどう見ても日本人なのに、なんでヘンな日本語を使ってるんだ」
「カッコつけてるのか?」

日本ではバイリンガルですら珍しい存在です。当然ながら悪い意味で目立ってしまい、いじめの対象になります。子供は「こいつなんかおかしい」と思ったらいじめたりするものですから。私も随分と色々言われたものです。

そんないじめをする人なんか無視すればいいのですが、学生時代は学校生活に重きを置いていますから、学校内でいじめられたらかなり辛いです。

バイリンガル・マルチリンガルのメリットは?

4e9b10b3a7d9f761dc381b35104ba4f2_s先にデメリットを書きましたが、メリットもあるにはあります。
でも、正直言って日本に在住している限り大きなメリットはありません。
専門的な仕事に就けばそれなりに英語を使う機会もあって重宝されるかもしれませんし、転職にも有利なのは間違いありませんけど。
私は専業主婦ですが、メリットはあるのかといえば「ほとんどない」ですね。

何となくのメリットとして挙げるとすれば、海外の映画・ドラマ・小説などのネタバレ情報を海外のサイトで知る事が出来る。海外のブログやニュースを読むことが出来る。あとはお小遣い稼ぎで翻訳するくらいかな。

国際化だなんだ言っても、日本にいる限り日本語以外はほとんど使う事はありませんので、無理にバイリンガル教育しなくても問題ないと私は思います。外国語を話す事よりも美しく・正しい日本語を使えるようになった方が役に立ちます。

バイリンガル教育をするのであれば、完全に英語で生活し、両親が英語の文法や読み書きも徹底的に教えるくらいじゃないとダメですね。お金をたくさんかけて英語教育しても、両親が英語教育に熱心でないと(両親も英語を完璧レベルで出来ないと)、子供は私みたいに中途半端なバイリンガル・マルチリンガルにしかなりません。最悪、周りの人が何言っているのか中途半端にしか分からず、学校の成績もガタ落ちするかもしれません。

そもそも日本語と英語の同時取得は相性が悪い

d378e1ef720309426cc91e7a741cec41_s最後に真面目な事も書きます。そもそも日本語と英語は言語形態が全く違うので相性が悪いという事はご存知でしょうか。

米国務省が「アメリカの超エリートがどのくらいの勉強時間で日本語や外国語を取得するのか?」というデータを公表しています。それによると、日本語の必要研修時間の平均値は2,400〜2,760時間。英語と似たような言語では480時間です。これはエリートのデータですから、一般人である私達はもっと時間がかかるでしょう。

gengo-syutoku生半可な気持ちでは、日本語と英語の同時取得は難しいのです。


外国語取得は大人になってからでも遅くない

daisy-712892_640もう一度言いますが、日本に住んでいる限り英語はおろか他の外国語が出来なくても何の問題もありません。そんな環境なのに無理矢理バイリンガル教育する意味は無い様にも思います。むしろ子どもにとって、バイリンガル教育はデメリットだらけになってしまう可能性もあります。

日本で生活している限り、外国語の取得は「必要」「勉強したい」と自ら感じるようになってからはじめても遅いとは思いません。というより他人から受動的な学習をするより能動的な学習の方がメキメキと上達します

海外のアニメオタクってむちゃくちゃ日本語上手じゃないですか。海外のアニメオタクはいち早く好きな漫画やアニメ情報を知りたい・好きなキャラクターが何を言っているのか等を知りたいがために日本語を勉強します。明確な目標があるからこそ「日本語」というマイナーな言語も楽しみながら習得できてしまうのです。

なんでもそうですけど、楽しみながら勉強するのが一番。

様々なデメリットを承知の上でバイリンガル教育をする位であれば、徹底的に教育しましょう。とにもかくにも、教育する立場のあなた自身も英語の勉強して子供と一緒に学習していく事が最も重要です。もしできないのであれば、子供のバイリンガル教育なんてしない方がいいです。日本にいる限り、英語は不要。学校で習う簡単な英語が出来れば十分です。


関連記事一覧