【実例】虫歯がない人が使用している歯磨き粉と歯ブラシ。ハミガキ習慣まとめ。子どもの虫歯対策は?

私は生まれてから30年以上、虫歯ゼロを貫いています。先日、子供の歯医者(一応の定期健診)があって、ついでに自分も歯医者で診察をしてもらいましたが「寸分の狂いもない歯並びですし、虫歯もないね。口の中はすごく良い状態」というお墨付きをもらいました。

・虫歯にならない人が使っている歯ブラシと歯磨き粉は何?
・虫歯にならない人の歯磨き習慣を知りたい
・子どもの虫歯対策どうしてる?

あくまでも私の実例を元にさらしますが、医学的な根拠はありません。ですが、虫歯にならない人ってなんでならないんだろう?と疑問に思っているあなたの参考に少しでもなればと思います。

虫歯になる人の割合

最初に虫歯を持っている人達はどのくらいなのかという点について触れてみます。調べてみたところ、厚生労働省の歯科疾患実態調査(2016年)によると、虫歯を持つ人の割合は以下の通り。

・10歳未満で虫歯ありは10%程度
・10代後半になると、半分の人が虫歯あり
・20代後半になると、90%の人が虫歯あり
・30代後半では、虫歯なしの人はたったの0.5%しかいない

日本人の大人の人は、ほとんどの確率で虫歯があるという結果が出ています。私は30代半ばで虫歯ゼロです。かなりレアであることがわかりました。そんな激レアな私はどのような歯磨きをしているのか紹介します。何度も言いますが、医学的根拠はありません。ただし、子供を虫歯から守りたいとかそんな状況にいるあなたの参考にはなるかもしれませんので、読んでみてください。

虫歯にならない私が使用している歯磨き粉と歯ブラシ

成人するまで

私の両親が歯磨き粉にこだわっていたので、お値段の高い歯磨き粉を使っていました。具体的には、アパガードとかプロポデンタルEXですね。当時はあまり店頭においていなかった気がしますが、親がどこからか入手してきていました。個人的には、あまり癖のないアパガードが好きだったので、「アパガードがいい」と親に頼んでいた記憶があります。

歯間ブラシは使用しておらず、気になったら爪楊枝で取っていました。また、一時期「モンダミン」といったマウスウォッシュと呼ばれるものも使用していました。ですが、マウスウォッシュは好きではなかったのでさぼっていたこともあります。

歯ブラシはそこらへんに売ってる適当なメーカーのもので、特定の歯ブラシは使っていません。電動歯ブラシを使用していたこともありましたが「自分で磨いた方がキレイによごれが取れる」と感じたので、すぐに普通の歯ブラシに戻しました。

成人~現在

基本的にはアパガードを使用。時々、GUMに浮気することもありましたが、やっぱりアパガードに落ち着いています。

歯ブラシは超適当。安いもので「やわらかめ」の歯ブラシを使用しています。かための歯ブラシは、歯茎を傷めるのか歯ぐきから血が出ることもあったのでNG。

虫歯にならない私の歯磨き習慣

成人するまで

歯磨きは嫌いではありませんでしたので、基本的には1日4回磨いていました。

・朝食後
・昼食後
・夕飯後
・寝る前

また、おやつを食べた時も「歯がすっきりしない」と、歯磨きしにいっていました。ちなみに、食後やおやつ後すぐに磨くのではなく、食後20~30分くらい経過してから磨いていましたね。ちょうどそのころに「歯が気持ち悪い」と感じていたので。後々、知りましたが、食後すぐに磨くのはエナメル質を削ってしまうので良くないらしいです。自然と良いタイミングで歯磨きしていたことになります。

また、食後に歯磨きできない状況(外食)では、うがいをとりあえずしてから、帰宅後に歯磨きしてましたね。こう書いてみると私、かなり歯磨き好きだったんだなと思います。

成人~現在

成人してからは、寝る前の歯磨きを省くようになったので、1日3回食後に磨いています。エナメル質が~とかは気にしていませんが、お皿洗ったりテーブル拭いてひと段落した後に磨いているので、歯磨きのタイミングとしては食後30~40分くらい。

おやつは、中年太りを懸念してあまり食べることはありません。外食時は、口の中が気持ち悪いですがうがいするだけです。

子供が虫歯にならないように気を付けていること

そもそも虫歯になるかならないかは、その人の構内環境によって異なるみたいですが、虫歯になってほしくない子供の為に1日2~3回は必ず歯磨きをさせるようにしています。

歯磨き粉については色々調べた結果、「フッ素不使用であること」「化学物質も使用していない」歯磨き粉を探して、「BRIAN(ブリアン)」という歯磨き粉に落ち着きました。私には3歳と1歳の子供がいますが、イチゴ味で甘いブリアンは子供達におおむね好評です(特に1歳の子は、チューチュー歯磨き粉をなめようとするくらい好き)


一生懸命磨いても虫歯にはなるかも。けれど、後悔しない歯磨き習慣を!

ちゃんと調べた事はないのでわかりませんが、私はおそらく口内環境が良い方だと思います。ただし、いくら口内環境が良くても歯磨きを怠ったり、甘いものばかり食べていると虫歯になってしまいます。虫歯になると、一生治りません。将来的には歯がボロボロになってしまう可能性が高いです。

後悔しないためにも、歯磨き習慣はしっかりと付けておくことに越したことはありません。私はこれからも1日3回歯磨きをして虫歯ゼロを貫きます。そして、親子で虫歯ゼロを目指していきたいです(無理はしないけど)


関連記事一覧