公開日: 更新日:

マタニティーマークは危険。赤ちゃんを守るために付けるのをやめました。

maternity_mark
妊娠が確定して市や区役所へ母子手帳を取りに行くとマタニティーマークが貰えます。

「私、妊婦になったんだ」と喜びも頂点に達しますよね。ですが、そのマタニティーマークは安易に付けない方がいいかもしれません。

私は妊娠初期の頃に電車通勤をしていたので、すぐバッグにマタニティーマークを付けました。ですが、わずか数日でマタニティーマークを外すことにしました。個人の体験談になりますが、もしあなたがマタニティーマークを付けるか付けないかお悩みでしたら、是非1読して下さい。

私がマタニティーマークを外した理由

マタニティーマークの認知度が低く、意味がないから

マタニティーマークは2006年に厚生労働省が国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、「マタニティマーク」を発表しました。マークは、妊婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲に妊婦であることを示しやすくするもの

比較的最近作られたという事もあり、中年以上の人は知らないケースの方が多いと思われます。
ちなみに、私は結婚後にマタニティーマークの存在を知りましたし、夫に至っては私が妊娠してからその存在を知った位です。

2006年頃からきっと妊婦の方々は交通機関等でマタニティーマークを付けていたのかもしれません。ですが、当時からよく都内の電車やバスに乗っていたのに私は気が付きませんでした。

マタニティーマークって結構小さいですものね。

私は電車はバス内では携帯をいじっていることが多く、周りの人間を細かく見ていません。

人間観察をしていない限り、小さなマタニティーマークに気が付くわけがありませんよね。「認知度が低いものを付けていて果たして意味があるのか」といささか疑問に思います。

妊婦であると周囲に知らせた所で何も変わらないから

厚生労働省の狙いは、妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするだそうですが、マタニティーマークを付けている時に周囲の配慮を感じた事がただの一度もありませんでした。

わかりやすい例としては、公共交通機関で「席を譲ってもらう」という行為かと思いますが、妊娠中(マタニティーマークを付けている時もいない時も)席を譲ってもらったことはありません。

プラスアールの調査によると「妊娠中、公共交通機関で席を譲ってもらったことが「ない」が72.0%」という結果が物語っているように、マタニティーマークを付けていようがいまいが、席を譲る人は譲るし、譲らない人は譲らないわけでマタニティーマークの効果は微々たるものではないでしょうか。

マタニティーマークは危険を伴う可能性も

マタニティーマークを付けていたがために、お腹を蹴られたり、暴言を吐かれる事例があります。ちょっとネットで調べると結構出てきます。

私は妊婦さんを見てもお腹を蹴るなんてことは考えもしませんが、不妊治療中や流産後はマタニティーマークを見るだけでも嫌な気持ちになりました。

妊娠出産はとてもデリケートな問題なので、ささいな事でも不快になる人が必ずいます。不妊治療や子供を死産した経験のある私は、不快な気持ちを痛いほど理解できます。マタニティーマークを見ただけで、長年苦しんでいる不妊治療が中々実りがなくて落ち込んでしまう気持ちも「なんで私は妊娠しないの!」と不快に思う気持ちも手に取るようにわかります。

もしかしたら、追い詰められて妊婦さんに暴力を働いてしまう女性がいないとは言い切れません。

「マタニティーマークを付けていた方がいざという時に良い」という意見もありますが、何かあった時は「妊婦です。体調が悪くなってしまいました」といえばいいだけの話。マタニティーマークにまかせっきりにしないで、自分の口で告げればいいだけです。

これ見よがしに、マタニティーマークをぶら下げて危険な目にあう方がよっぽど怖いと感じた私はマタニティーマークを外しました。


まとめ

「マタニティーマークを付けている妊産婦を見かけたら配慮をするように」とキレイ事を言われても、全ての人が妊産婦に配慮をするかと言われるとそうではありませんし、マタニティーマーク自体を不快に感じている人もいます。もしかしたら、妊婦に嫌な思い出がある人がお腹を蹴ってくる可能性もあります。だったら、付けない方が良いと判断しました。

結局、妊娠中はやむを得ない事情がない限り、混雑している場所や公共交通機関へ行くのを避けるのが一番ではないでしょうか。

お腹の中の赤ちゃんを守れるのは自分だけですからね。