妊娠糖尿病の食事 食べていいもの・食べてはいけないもの(主食編)

b3e2eefb8a59_s「ただでさえ妊娠中は食べ物に制限があるのに、妊娠糖尿病って何食べていいかわからない」

妊娠糖尿病になると否が応でも食事療法が始まります。
妊娠している上に血糖値を意識した食事をキチンと摂って栄養面も考えるのはかなりハードですよね。

以前、妊娠糖尿病の人向けのおすすめおやつの記事を書きましたが、今回は妊娠糖尿病で食べていいもの・食べてはいけないもの(主食)をまとめてみました。

妊娠糖尿病:食べていいもの・食べてはいけないもの(主食)

ご飯類

食材GI値
白米81
お赤飯77
おかゆ57
玄米55
五穀米55
発芽玄米54
ハト麦47

白米・お赤飯は完全にアウトで、安心して食べられるものと言えば、玄米・五穀米・発芽玄米・ハト麦になります。

実際私の場合、白米やお赤飯を食べると血糖値が爆上げしてました。

我が家の場合、夫が玄米・五穀米の食感があまり好きではないみたいなのでどうしよう…?と悩んでしまいましたが、妥協案として、白米に五穀米を混ぜるという事でなんとか合意してもらえました。問題の血糖値ですが、私は、白米+五穀米が原因で血糖値が基準値よりも高くなることはありませんでした。

参考までに朝食は、白米+五穀米、納豆、ヨーグルト、ほうれん草のお浸し、麦茶の組み合わせをよく食べていましたが、これに関しても基準値オーバーしたことはありませんでしたね。

パン類

食材GI値
フランスパン93
食パン91
ロールパン83
クロワッサン70
ライ麦パン58
小麦全粒粉パン50

市販のパンはほぼ全滅です。

私の場合、食パン(8枚切)を1枚食べただけでも血糖値オーバーしていました。ライ麦入り食パンもアウトまあ、あれって結局は食パンですから、当たり前と言えば当たり前ですが。

市販品で血糖値が基準値超えずに済んだのは、ローソンのブランパンやブランブレッドラカントのジャムをつけて食べた時位でした。

それでもパンが食べたくて仕方がなかったので、低糖質パンを取り寄せて食べてましたけどね。

食パンは違和感ありでしたが、その他の丸いパンなどは全然違和感なくて、美味しく食べることができました。低糖質パンって意外といけるというのが率直な感想です。

麺類

食材GI値
うどん85
ラーメン73
そうめん68
パスタ65
日本そば55
春雨26

GI値を考えるとうどん・ラーメン以外であれば大丈夫そうですよね。

でも、私の場合はそばでも血糖値オーバーしちゃいましたね…。通常食べている量の半分でギリギリでした。

何故なのか明確な理由はわかりませんが、そば(+のり)単体で食べていたからかもしれません。血糖値は、食べ合わせでも結構変わってきますので要注意です。もちろん個人差もありますけどね。

私は元々麺類を食べる頻度は少ないので何も感じませんでしたが、もし食べたくなったらネットで低糖質麺を頼んでいたと思います。

シリアル類

食材GI値
コーンフレーク75
玄米フレーク64
オートミール55
オールブラン45

シリアル系については、妊娠糖尿病と診断される前後良く食べており、妊娠糖尿病と診断されても食べたいと思っていました。しかし、私は玄米フレークですら血糖値オーバーなので、シリアル系は断念…。

以前、オールブランだったら大丈夫だと思ってオールブランのブランフレークを食べた時に血糖値が基準値をオーバーしてしまっていて「うわああああ」となった事件も。これはマジで注意をして下さい。オールブランのブランフレークは玄米フレークやコーンフレークとさほど変わりません。

糖質が低いのはオールブランのオリジナルの方です。

まとめ

まとめておいて言うのもアレですが、GI値が高くても血糖値が基準値内に治まったり、また逆もしかりな事もあります。

「麺類だったら何を食べてもまったく上がらない」なんて人も中にはいるようです。本当に人それぞれ。あくまでもGI値は参考程度ですね。

食事療法は本当に大変ですが、大概は出産するまでの辛抱です。時には手抜きしながらも出産まで頑張りましょうね!



関連記事一覧