人気のおすすめ冷蔵庫比較2018。国内メーカー5社の違いと冷蔵庫の選び方まとめ

「もうすぐ冷蔵庫を買い換え時なんだけど、最新の冷蔵庫は全部同じみたい…」

冷蔵庫は食材を冷やしたり・冷凍するなど、日々の生活では必須の白物家電。自分のライフスタイルにとって一番良い冷蔵庫を見つけたいと思っていても、似たり寄ったりの冷蔵庫選びをどうすればいいのか迷ってしまいますよね。

ですが、冷蔵庫は年々進化しており、食材を冷やしたり・冷凍するだけの機能だけではなくなっているって知っていましたか。冷蔵庫も進化し続けているのです。

個人的にも最新の冷蔵庫事情が気になっていたので、ヨドバシカメラ・ヤマダ電機・ノジマの3店舗を実際に訪れ、冷蔵庫売り場を担当している店員に売れ筋の人気モデルや冷蔵庫の選び方・各メーカーの特徴・セールスポイントをじっくりと伺ってきました。

国内メーカー5社東芝・パナソニック・シャープ・日立・三菱)、3〜4人のファミリーサイズの冷蔵庫400~499Lを対象に調査した結果を報告します。冷蔵庫選びにお悩みの方の参考になれば幸いです。

冷蔵庫メーカー5社比較:各メーカーの特徴とおすすめモデル

東芝:冷蔵庫の特徴

東芝の冷蔵庫のおすすめモデルは「VEGETA(ベジータ)」

東芝の冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」とドラゴンボールのキャラクター「ベジータ」がコラボした!と一部のドラゴンボールファンでは騒がれたのを知っている方もいらっしゃるかもしれません。※著作権の都合上写真は載せませんが、ヨドバシカメラではベジータが冷蔵庫の宣伝をしていました


>>【送料無料】東芝 GR-K460FW-ZW クリアシェルホワイト VEGETA [冷蔵庫(462L・フレンチドア)]

容量の割に奥行65cm・横65cmとかなりスリムなので、スペースがあまり取れないご家庭には嬉しいですね。

東芝の冷蔵庫はブランド名の通り、野菜を大切にしている作りになっています。他メーカーと違って野菜室は真ん中にあります。

野菜室が真ん中にある事により、野菜を取り出すときにかがむこともなくなり、調理の効率も良くなりますので、少しでも時短したい主婦にはぴったりではないでしょうか。

野菜室は2段にわかれており、1段下がっているスペースには調味料も置くことが出来ます。

魅力的なのは野菜室だけではありません。1番上の冷蔵室にもこだわりがあります。

冷蔵室に設けられている肉・魚などの鮮度とおいしさを長持ちさせる 「速鮮チルド」というスペース。食品が凍らない-4℃前後の高湿度冷気を送り込み、魚や肉などの生鮮食品を急速に冷却して鮮度とおいしさを保つ事により食材の鮮度とおいしさをキープできてしまいます。

昼間に買ってきたお刺身も新鮮なまま夜の食卓に並べて、おいしく頂けるのは嬉しいですよね。

冷凍室下段には、形やサイズが様々な冷凍食品の収納に便利な「仕切り板付き収納ケース」(取り外し可)が付いています。冷蔵庫の中は、使っているうちに色々な食材が行方不明になってしまう事がありますので「だいぶ前に買ったあの食材が今頃出てきちゃった」といった様な食材のムダも減らせるのではないでしょうか。

東芝の冷蔵庫がオススメなご家庭

・野菜の使用頻度が高い
・冷蔵庫の中身をキレイに整頓したい
・スリム型冷蔵庫を探している

>>楽天市場で東芝の冷蔵庫「VEGETA」最安値を探す

パナソニック:冷蔵庫の特徴


>>【設置サービス付・代引き不可】【時間指定不可】【沖縄・離島配送不可】NR-F472PV-N 470L 6ドア 冷蔵庫 Panasonic パナソニック NRF472PVN シャンパンゴールド

パナソニック冷蔵庫の冷蔵室は4段になっており、1番上の段が狭いのが難点。その理由は野菜室の容量を大きくするために、コンプレッサーを最上段奥へ配置したからです。

私が小柄(146cm)なので感じた事ですが、冷蔵室の一番下の部分が他メーカーよりも低めに設定されているので一番使い勝手が良さそうです。正直、400L以上の冷蔵庫ってチビは届かないし使いにくいんですよね。でも、パナソニックの冷蔵室の設計は小柄な人にはいいと思いました。

下の方にあるチルド室ですが、約−3℃の氷結機能で、お肉や魚が約7日、鮮度をそのままキープ。解凍いらずでサクッと切る事が出来る「微凍結パーシャル」機能付き。

冷凍するわけではないので「切る」だけではなく「すくう」「はがす」「つまむ」事も可能です。お弁当のおかずにちょっとだけ常備菜を入れておく事も出来るので便利ですね。

 

パナソニックの冷蔵庫最大の魅力として、冷凍室に100%全開できる「ワンダフルオープン」機能がある事。

これ、ホント見やすいです。

冷凍庫の奥の方にある冷凍食品も、忘れることなく使い切れますね。「冷凍食品たくさん買うんだよね」というご家庭には嬉しいですよね。

1番下にある野菜室も100%全開「ワンダフルオープン」です。

湿度をコントロールする事によって、乾燥と水腐れを防ぎ、野菜が約1週間シャキシャキするのだとか。

「食材はまとめ買い派」というご家庭にパナソニックの冷蔵庫はオススメですね。

パナソニックの冷蔵庫がオススメなご家庭

・よく食材をまとめ買いする
・ママが小柄
・冷蔵庫の中身をくまなく見たい

>>楽天市場でパナソニックの冷蔵庫「NR-F」シリーズの最安値を探す

シャープ:冷蔵庫の特徴


>>【送料無料】シャープ【基本設置料金セット】 6ドア冷蔵庫 (455L) SJ-PF46C-H グレー系 (SJPF46C_H) 【お届け日指定不可】

「プラズマクラスターはシャープだけ」というフレーズが思わず出てしまいますが、シャープの冷蔵庫は庫内に浮遊する菌を除菌出来る「プラズマクラスターイオン」が搭載されています。

ドアポケットの高さは調節出来ますので、ビンやボトルの高さに合わせて収納出来て便利。また、チルド室は高さが15cmあり、マーガリンやバターをまとめ買いしてもすっぽりと入ります。

ドアには閉め忘れ防止機能がついていて、半ドア状態(ドアと本体の距離が約10cm)になると、自動的にドアを閉めてくれます。ペットや幼い子供のいたずらで半ドア状態になっても安心ですね。

SJ-PW41C(412L)シリーズでは「どっちもドア」を採用しており、左右どちら側でもドアを開くことが出来ます。キッチンの通路が狭く、入り口側からもコンロ側からもドアを開けたいという事情がある場合は重宝しますよね。

 

そしてシャープの冷蔵庫はなんといってもお手入れがラク!

ボタンを押すだけで簡単に製氷皿・給水パイプをラクラク水洗い出来るので、取り外して洗う手間もかかりません。給水タンク・ポンプ・製氷皿は、雑菌の繁殖を抑えるAg+イオン加工がほどこされているので、とっても清潔なのも◎

庫内をいつでも清潔に保ちたいというご家庭には、シャープの冷蔵庫がぴったり。

シャープの冷蔵庫がオススメなご家庭

・冷蔵庫内の雑菌が気になる
・給水タンク等をこまめに洗って清潔にしておきたい
・ドアの閉め忘れが不安

>>楽天市場でシャープの冷蔵庫「SJ-PF46C」シリーズの最安値を探す

 

三菱:冷蔵庫の特徴


>>【標準設置費込み】 三菱 6ドア冷蔵庫 (470L) MR-WX47A-P クリスタルロゼ 「置けるスマート大容量 WXシリーズ」[MRWX47A]

三菱の冷蔵庫最大の特徴は、庫内全室独立設計という点です。

全ての部屋が分かれている事により、他の部屋の扉開閉による温度上昇を防ぎ、食材の保存も可能ですので、省エネにもつながります。独立した部屋になっているので、冷凍室に約80℃もあるアツアツ食品を入れても問題ありません。

部屋別に最適な状態で運転する「部屋別おまかせエコ」、使わない部屋の冷気をセーブして積極的に節電する「パワーセーブモード」を搭載しており、省エネや節電をアシストしてくれるのも魅力的です。

「瞬冷凍室」(=切れちゃう瞬冷凍)なるスペースも存在しています。このスペース入れた食材は、肉や魚をパックのまま入れてもくっつく事はありません。また、そのまま食材をサクッと切る事も出来てしまいますので時短にもなります。

毎日忙しい主婦には嬉しい機能ですよね。

1番下の段にある野菜室にもこだわりがあって、なんと3色LEDの光の力で、野菜室内に1日の光の変化のサイクルを作り出し、保存しているだけなのにビタミンCや糖量をアップさせてくれるのです。これは国内家庭用冷凍冷蔵庫業界初の機能だそうですよ。

 

三菱の冷蔵庫がオススメなご家庭

・冷蔵庫の省エネや節電が気になる
・冷凍食品をパックのまま保存したい
・栄養たっぷりの野菜が食べたい

>>楽天市場で三菱の冷蔵庫「WXシリーズ」の最安値を探す

日立:冷蔵庫の特徴


>>【送料無料】日立 【左開き】401L 5ドアノンフロン冷蔵庫 ビッグ&スリム60 ソフトブラウン R-K42FL-T [RK42FLT]【KK9N0D18P】

日立の冷蔵庫は、表面が強化処理ガラスになっており、ひとめぼれしそうな位美しいです。近年話題になっている「魅せる家電」みたいですね。ちょっと残念なのが、今回紹介する「Sシリーズ」は近年主流になっている観音開きではなく、左開きドアであるという事。なので、キッチンスペースが狭いと少々の不便があるかもしれません。

日立の冷蔵庫最大のこだわりは、ラップなしでも保存可能な「真空チルド室」。庫内を約0.8気圧の真空環境に保ち、食品の酸化を抑えると同時に鮮度と栄養素を守ってくれます。

ハムなどをそのままむき出しに保存しても、カピカピになりません。

真ん中が冷凍室になっており、3段収納になっています。形状ごとに冷凍食品をキレイに置けますので、使い忘れも防止出来ますよ。

1番下の野菜室は2段収納。401Lとファミリーサイズ冷蔵庫としては小さめですが、思ったよりもスペースが広く取ってあるので嬉しい限り。冷蔵庫幅は60cmとかなりスリムなので、キッチンスペースにあまり余裕がないご家庭向けの冷蔵庫ではないでしょうか。

日立の冷蔵庫がオススメなご家庭

・肉や魚の鮮度が気になる
・冷凍食品の購入頻度が高い
・キッチンスペースに余裕がない

>>楽天市場で日立の冷蔵庫「Sシリーズ」の最安値を探す

電気代がおトクな冷蔵庫はどれ?冷蔵庫5社比較表

冷蔵庫の機能もさることながら、冷蔵庫の電気代も気になるところ。上で紹介した冷蔵庫の電気代を比較した表を作りましたので、参考までにどうぞ。

メーカー機種名年間消費電力量年間電気代
東芝GR-K460FW-ZW264kWh7,128円
パナソニックNR-F472PV-N315kWh8,505円
シャープSJ-PF46C-H420kWh11,300円
三菱MR-WX47A-P260kWh7,020円
日立R-K42FL-T338kWh9,130円

電気代はそんなに変わらないのかなと思ったのですが、シャープが群を抜いて高めになっています。電気代の観点から考えると三菱が一番おトクという結果になりました。「部屋別おまかせエコ」「パワーセーブモード」といった節電を意識した機能が搭載されていますので、三菱の冷蔵庫は省エネ・節電に力が入れているのでしょう。

冷蔵庫選びのコツ・注意点

家電量販店の店員の方に冷蔵庫選びのコツや注意点について聞いてきました。ダラダラと書いても読みにくいと思いますので、Q&A形式で書いていきます。

Q:売れ筋の人気モデルは何ですか?

A:個々のライフスタイルが異なりますので、お客様のライフスタイルに合った冷蔵庫を提供しています。例えば、お野菜をよく使うご家庭であれば、野菜室が真ん中にあるタイプ。電気代が気になる方は三菱をオススメしていますね。ちなみに、東芝の「VEGETA(ベジータ)」はキャラクター起用により、話題性も相まってか人気も上々です。

 

Q:冷蔵庫選びのコツや注意点ってありますか

A:キッチンスペースに余裕がないといった事情の場合、両開き(フレンチドア)の冷蔵庫ですと便利ですね。注意して欲しいのは、冷蔵庫を設置する際に放熱スペースも必要になってきますので、冷蔵庫と天井の間は+5cmを見ておいてください。さらに、冷蔵庫搬入の際には、冷蔵庫本体+10cmの幅が必須です。ご自宅の玄関ドアの幅・エレベーター・マンションの階段・廊下の幅を測定した上で冷蔵庫の購入サイズを決めると失敗しませんよ。

…と、こんな感じでした。

冷蔵庫はどれも似たり寄ったりだろうなんて思っていましたが、改めて調査してみると、各メーカー毎に特色がありました。ライフスタイルはご家庭にとって違いますので「何を重視したいのか」を見極めて、納得の行く冷蔵庫を見つけて下さいね。

>>楽天市場で人気の売れ筋冷蔵庫ランキングを見る

家電量販店の店員さんから聞いた冷蔵庫の最新事情

家電調査や実際に家電を購入するため、何度も某家電量販店に通っていたら、店員さん(しかもその店舗の店長クラスの人)と仲良くなったので、ちらっと冷蔵庫の最新情報を聞いてみました。最新の冷蔵庫事情は以下の通り。

三菱の冷蔵庫はバランス(容量、省エネ、冷凍技術など)がよいのでオススメ。
・次点で日立。最近よく頑張ってる。
東芝は野菜室が真ん中にあり一見するとよいが、性能は劣る。
・コスパで選ぶならAQUA。しかし性能はイマイチ。

定期的に冷蔵庫の最新情報を聞く予定ですので、その際には追記します。

ネットショップで人気の冷蔵庫をおトクに購入

今回の冷蔵庫調査の為に家電量販店に足を伸ばしましたが、意外と値段が高くて驚きました。昔は家電量販店が圧倒的に安かったと思いますが、現在はネットで格安の冷蔵庫も見つける事が出来ます。

私のオススメは家電業界6位のノジマオンラインショップ。時期によっては、掘り出し物がありますよ。

>>ノジマオンラインショップで冷蔵庫を探す

あわせて読みたい
人気のおすすめエアコン比較2018。国内メーカー6社の違いとおすすめポイント。ダイキンVSシャープVSパナソニックVS富士通VS三菱VS日立
「そろそろエアコンを最新式に変えたいけど、どのメーカーも似たりよったりでどれがいいのかわからない」 エアコンは暑い夏や寒い冬...
人気のおすすめ縦型洗濯機比較2018 東芝vsパナソニックvsシャープvs日立
洗濯機を購入するとき、どこのメーカーがいいか迷いませんか。 現在、我が家の洗濯機は水が溜まる、異音がするなど故障寸前の状態。...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

千葉県在住、2児(男女)の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。

カテゴリー

Topへ戻る