夫が家事をする割合はどのくらい?調べてみたら衝撃的な結果だった

共働き世帯が増え、専業主婦が少なくなってきた現代。必然と夫も家事をしなければならなくなってきました。
我が家の場合はお互いフリーランスで働いているので家事分担は夫7割、妻3割です。(妻側目線)育児に関しては半分ずつといったところでしょうか。
そこで気になったのが、子供のいる家庭の家事分担です。イクメンがもてはやされているので、昔に比べ家事分担比率が変わっているかもしれません。色々な調査結果をまとめてみました。

家事分担はどのくらい?様々な調査結果まとめ

家事分担に関しては様々な機関が調査をしています。主要な調査結果をまとめてみました。

生団連家事調査結果

国民生活産業・消費者団体連合会では夫婦の家事分担に関して複数回調査を行っておりました。主な調査結果を要約しました。

★2018年8月 共働き夫婦の家事分担調査
対象者:既婚者20~40代 1000人

・結果1
「妻が家事をほとんど26.9%」「妻が主で夫若干37.5%」「夫と妻分担30.7%」
65%の家庭が妻が半分以上家事をやっている結果でした。

・結果2
家事比率を数値で回答した場合
「夫0:妻100 6.8%」「夫10:妻90 21.2%」「夫20:妻80 18.3%」「夫30:妻70 17.3%」
64%の家庭は夫は3割以下しか家事をやっていません。ちなみに「夫70:妻30」は数値にならないほど少数でした。

参照元:2018年 共働き夫婦の家事分担調査より

★2017年 共働き夫婦の家事分担調査
対象者:夫婦ともにフルタイムで働く20~40代の男女1,000名

・結果
夫の家事比率年代別
20代:34.5%
30代:30.5%
40代:27.2%
全体:29.7%
年代が上がるほど家事をしていない結果に。もっと上の世代はさらに少ないと思われます。

参照元:2017年 共働き夫婦の家事分担調査

★2015年 夫婦の買い物と家事の分担に関する調査
対象者:20代後半から30代の子育て中の女性480人

・結果
夫婦の買い物分担
夫:10.5%、妻:89.5%
夫婦の家事分担
夫:14.1%、妻85.9%
家事・買い物分担ともに夫はほとんどやっていない結果となりました。

参照元:夫婦の買い物と家事の分担に関する調査

調査結果にばらつきはありますが、夫の家事比率は3割以下がほとんどでした。他の先進諸国では家事が分担されているのに対して、日本は家事に関しては妻に頼りきりだとわかります。

総務省 平成28年社会生活基本調査

総務省では平成28年に20万人を対象に社会生活の調査しています。6歳未満の子供がいる家庭のデータを抜粋して表にしました。
1日における家事、育児、買い物にかけている時間

平成8年平成13年平成18年平成23年平成28年
0.380.4811.071.23
7.387.417.277.417.34

平成8年から夫は1時間近く、家事などに費やす時間が増えています。一方妻は平成8年からほとんど変わりません。また、夫の家事時間が増えても妻とは7倍近くの開きがあります。

参照元:平成28年社会生活基本調査より


いまだに夫の家事は3割にも満たない

各調査機関の結果から、夫の家事比率は3割にも満たないことが分かりました。それでも昔に比べると増えているようです。また、発言小町などのコメントを拝見すると、夫が行っている家事は「ごみ捨て」「風呂掃除」「食器後片付け」などの雑務がばかりで「料理」「洗濯」「全部屋掃除」などの手間がかかる家事は妻が担当しているケースが多いです。

今回のまとめてみて想像以上に夫の家事分担比率が低いことが分かりました。比率を変化させるには、子供のころからの教育が必須です。男の子を持つ親は男も家事をする教育を施していく必要があるでしょう。


関連記事一覧