2018年最新オーブンレンジ性能口コミ評価まとめ【シャープ・パナソニック・日立・東芝】

電子レンジの歴史は古く、1950年に国産初のレンジができてから様々な変化を遂げ、現在では過熱水蒸気で調理するまで進化しました。

しかし「最近の電子レンジは機能がたくさんついていていまいちわからない」という方も多いと思います。私もその一人です。我が家は電子レンジとオーブン2台持っていましたが、オーブンが故障してしまい、電子レンジ1台になってしまいました。スペースの関係上、2台持ちは厳しいので1台だけで電子レンジ&オーブン機能をまかなえる商品を探しています。

そこで自分が国内メーカーのオーブンレンジの性能や口コミ評価を調べてみました。素人目線でまとめていますので、個人的な主観も入りつつ、多々辛口な意見もありますが、同じ境遇の方の役に立てば幸いです。

シャープ ヘルシオグリエレンジ

参照元:家電ASCII HPより
シャープのヘルシオは水蒸気で調理をするというキャッチフレーズで一斉風靡した商品。しかし電子レンジ機能の評判は悪く、一部ユーザーからは使いにくいとも言われていました。ヘルシオグリエレンジはヘルシオより小型でありながら、過熱水蒸気の機能はそのままで電子レンジが使えるようになった優れもの。

…というより、今まで電子レンジ機能をつけなかったシャープのセンスを疑いますが…。

ともあれやっとユーザー目線にたったシャープが出したヘルシオグリエはとにかく評判がよいです。
詳しい内容は、価格.comでまとめてあったんで興味がある方はそちらをご覧ください。

ところで「過熱水蒸気ってなんなんだ?食べ物がビチャビチャにならないのか?」と私は思っていたのですが、みなさんはどうですか?

私はシャープホームページの動画を見て、過熱水蒸気を理解できましたし、ビチャビチャにならない理由もわかりました。そして下記動画を見たら、ヘルシオが欲しくなりました。

ヘルシオグリエレンジはこの機能+電子レンジを備えて、コンパクトで割安な商品です。Amazonで35,000円程度で購入できるみたい。今の電子レンジが故障したら、購入希望の一つです。

Amazonで「シャープ ヘルシオ グリエレンジ」を見てみる

日立 ヘルシーシェフ

日立もシャープに対抗して過熱水蒸気を使用したオーブンレンジを発売しています。名前はヘルシーシェフ

過熱水蒸気機能だけでなく、300℃を超える熱風オーブン機能、電子レンジ機能もあり、さらに重量・表面温度をセンサーで測定し、自動で調理をするWセンサー機能がついた優れもの!!全ての機能をガッツリ詰め込みましたといわんばかりのレンジになっています。
価格comでもレビューをしていて、解凍もでき調理もばっちしと大絶賛しています。

でも、価格comのレビューを見ていて気になったことがあります。

料理がまずそう…!

価格comのレビューでは大絶賛しているんですが、どんなに逆立ちしても美味しそうに見えません。特に最後のエビフライなんて、焼けてすらいない。

ま、企業レビューはメリットしか書かないので、アテにはならないのですが、不味そうな写真を載せるのは痛恨の極みですね。

経験上、どんな製品も機能をテンコ盛りするとビジョンがあいまいになって、全てが中途半端になりがちです。一般ユーザーのレビューを探していたら、あまり使えなかったとレビューされた記事を見つけました。

結局、自分で設定するのであれば、Wセンサーは要らないですよね。

中途半端はだめですね。私は購入対象から除外します。

▼Amazonでは5万円程で最上位モデルが購入できそうです。気になる方はどうぞご覧ください。
Amazonで「ヘルシーシェフ」を見てみる

パナソニック 三ツ星ビストロ

参照元:ASCII HPより

パナソニックは三ツ星ビストロというレンジが最上位機種になっています。

これまでの2社と異なり、オーブン&グリルと電子レンジに力を入れていて、過熱水蒸気はありません。かわりにスチーム機能はあるみたいだけど、あまり使用している人はいないみたいです。スチームはおまけくらいに見ておいてもいいかもしれないです。
オーブン&グリルの評判はよく、しっかりカリッと焼けて余計な油も抜けて美味しくなるようです。電子レンジも出力を300Wまで低く調整して、じっくり調理することも可能。電子レンジ&焼き機能が高性能でダイヤル式のボタンも非常に使いやすいようです。

デメリットを探してみましたが、特に悪評も見つからず、全体的に上手にまとまっている様子。唯一あったのが電気代が上がったという記事位で、他の高性能レンジにも当てはまる内容のみでしょうか。

個人的には若干高いのがデメリットかな。機能がよければ高くても仕方ないので、ヘルシオグリルと迷うところですね。

▲ビストロについてよくまとまった記事だと思います。

Amazonで「ビストロ」を探してみる

東芝 石釜過熱水蒸気オーブンレンジ

東芝のオーブンレンジ最上位が石釜過熱水蒸気オーブンレンジです。

石釜オーブンとも呼ばれていますが、値段によってグレードは若干違うようです。他のレンジ同様、最上位機種目線で話を進めると、350℃のオーブン機能と最適な温度で仕上げる高機能センサーがあるそうです。また過熱スチームも使え、いたれりつくせり…どっかで聞いたような言葉ですね。(日立のヘルシーシェフ…)

機能を詰め込みすぎると、どれも中途半端になりがちですが、石釜オーブンはオーブンに力を入れていて、カラッと仕上がるのが特徴。さらに他社と比較し、大きいためチキンの丸焼きなどの幅を取る料理に向いています。電子レンジはセンサーがついているものの、機能はいまいち。スチームもおまけ程度に見ておいたほうがよさそうです。

料理好きには向いていそうな商品ですけど、手動&適当料理の我が家にはあまり向いていないかもしれないですね。

Amazonで「過熱水蒸気オーブンレンジ 石釜ドーム」を見てみる

オーブンレンジ国内メーカー4社電気量&価格を比較

大手4社のオーブンレンジの機能を比較してみました。最後に電気量を比較してみます。シャープはヘルシオとヘルシオグリルレンジ2種類をのせておきます。(各社とも最上位機種にて比較)

メーカー名商品名機種名価格COM最安値年間消費電気量
シャープヘルシオグリルレンジAX-H220,505円(2018年3月)不明
シャープヘルシオAX-XW40080,060円(2018年3月)72kWh/年
日立ヘルシーシェフMRO-TW146,300円(2018年3月)70.5kWh/年
パナソニック三ツ星ビストロNE-BS140082,867円(2018年3月)66kWh/年
東芝過熱水蒸気オーブンレンジ 石釜ドームER-RD700087,880円(2018年3月)67.9kWh/年

年間消費電気量はさほど違いはありません。ちなみにヘルシオグリルレンジは記載すらありませんでした。予想では他より多少低いでしょう。

価格を見ると日立 ヘルシーシェフしかない

価格を見ると日立ヘルシーシェフの価格が半額と圧倒的に安価です。性能はいまいちですが…我が家は料理にこだわりがないので評判がいまいちでも、使い方で補えば充分かもしれません。ヘルシオグリルレンジは評判もよく、価格も安価のため迷いますけど、あまりに小さので家族4人では心もとない気がします。

結局は評判より金を選ぶかなあ。

Amazonで人気のオーブンレンジを探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

千葉県在住、2児(男女)の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る