生協「コープデリ」「パルシステム」どっちがいい?子育てママが両方利用してわかったこと。

「パルシステムとコープデリのどちらに加入しようかな…」

関東圏でとても有名な生協といえば、生協の宅配パルシステムコープデリです。どちらも生協なので、はたから見ると似たりよったりでどちらに加入したらいいのか迷ってしまいますよね。色々調べてみてもさしたる違いはよくわかりません。実際私が以前パルシステムとコープデリについて調べた際にも「どちらもあまり変わらない」と結論を出していました。

私は第1子妊娠中にコープデリのセールスマンが来て以来コープデリを、そして第2子妊娠中にパルシステムのセールスマン経由でパルシステムへ加入し、現在は2つの生協を掛け持ち利用しています。2社の生協を使用しているユーザーだからこそ、それぞれの違いや特徴がよくわかるようになってきました。

今回、パルシステムとコープデリの違いを子育てママ視点でレポートします。

パルシステムとコープデリって何が違うの?

パルシステムとコープデリ共に数ある「生協」の1つです。※コープと生協は同じ意味。

私たちはひとくくりに「生協」と呼んでいますが、全国地域各地に様々な生協団体が存在します。私の様に関東圏内で育った方は、なんらかの形でパルシステムとコープデリを知っているとは思いますが、その他の地域の方々はご存じないかもしれません。

ちなみに私はコープ共済(保険)はコープデリに加入しなければ入れないと思い込んでいましたが、実際には全国各地の「生協」団体に加入すればOKな様です。つまり、パルシステムに加入さえしていれば、コープ共済も入れるというわけです。

根本は同じのパルシステムとコープデリですが、実際に利用してみるとそれぞれの特徴や違いが見えてきました。

パルシステムとコープデリの違いや特徴を比較

商品の値段は?

主婦として一番気になる点としては、掲載されている商品のお値段かと思います。正直パルシステムとコープデリを比べてみても「あまり変わらない」という印象です。商品の価格帯はスーパー並み~スーパーよりやや高め。節約目的で生協を利用するのはちょっと厳しいかもしれません。

では、具体的に商品の値段比較してみます。

パルシステム(税込)コープデリ(税込)
たまご(10個)251~292円224~286円
牛乳(1L)235~242円183~327円
デラウェア(200g)538円378円
玉ねぎ(800g)204円321円
豚ロース222~243円(100g)249~254円(100g)
赤魚切身(4切)410円429円
食パン8枚切162円100円

お近くのスーパーと比較してお値段はいかがですか。私が住んでいる近くのスーパーは激安価格で有名なスーパーなので、これでも高めに感じていますが、食パンは激安スーパーと引けを取らないお値段設定かな。

商品の特徴

同じ生協なので、似たりよったりの商品を取り扱っているのかと思いきやそうでもありません。パルシステムとコープデリ両者共にスーパーで言うところのプライベートブランド商品もあったり市販の商品も掲載されてはいますが、それぞれ取り扱っている商品はあまりかぶっていない様に思います。

ベビーフードを例にとってみます。

コープデリではよくドラッグストアでみかける和光堂の離乳食が多めです。一般に広く流通している商品なので買いやすいかもしれません。対するパルシステムでは、ちょっとかわったベビーフードが掲載されていました。

私このメーカーは、近所のドラッグストアやスーパーでは見たことはありません。もしかしたら、大きめのドラッグストアや赤ちゃん本舗などで販売しているかもしれませんが。国産有機原料を使用しているので、安全性が気になるママにはいいかもしれません。

ベビーフード1つとっても、取り扱っている商品が結構違ったりするので、私の様に生協を掛け持ち利用して「XXはパルシステム。△△はコープデリ」と使い分けている方も多いという事はパルシステムのセールスマンが言ってましたね。

生協は離乳食作りに便利な食材が充実している

パルシステム・コープデリ共に離乳食作りに便利な食材はかなり充実しています。

★パルシステム

野菜のうらごしやキューブはお湯や粉ミルク入りのお湯で溶かしてそのまま離乳食として使えます。離乳食作りって結構面倒ですからね。寝不足で疲れている時には私もよく使っていました。

★コープデリ

coop-babysoumen coop-kabocyaコープデリでも野菜のうらごしをはじめとした便利な離乳食食材がたくさん。パルシステムでは取り扱っていないものもありますよ。

パルシステムはココが良い!

コープデリにはないサービスでパルシステムのココが良いという点を紹介します。

牛乳パックやペットボトルなどを無料回収してくれる

パルシステムでは牛乳パックやペットボトル、たまごパックなどを無料回収してくれます。

基本的にはパルシステムの商品が回収対象ではありますが、牛乳パックについては近所のスーパーで購入したものも回収してくれます。我が家の息子は牛乳をガンガン飲んであっという間に牛乳パックが溜まってしまうので、とても助かっています。注文した商品が入っている保冷箱に回収可能な牛乳パックなどを入れておくと、次回配達時に持っていってくれます。

食物アレルギー対応食品カタログが大助かり!

パルシステムでは食物アレルギー対応食品だけが掲載されたカタログが届きます。息子は卵アレルギーなので日々の食事作りに便利。しかも、市販品としては中々見かけない食品もあるのもいいですね。

なみに、乳幼児の14%はなんらかの食物アレルギーがあると言われています。「私はアレルギー持ちじゃないから大丈夫、関係ない」と思っていても、子供には食物アレルギーがあるかもしれません。実際に私や夫は食物アレルギーはありません。プレママの皆さん、決して他人事ではありませんよ。

▲りんごのタルトもバナナのケーキも息子に食べさせることが出来る!卵アレルギーがあるとスイーツはほぼアウトなのでこれは嬉しい。

コープデリはココが良い!

反対にパルシステムにはなくてコープデリの良い所はこんな感じ。

健康宅配弁当のコスパが良い・産後に大活躍!

コープデリのカタログ内に「健康配慮 思いやり弁当(ご飯付き)」及び「お弁当(おかずのみorご飯付き)」が何種類か掲載されていますが、これらのコスパが異常に良いです。ご飯付き弁当の最安値は358円でしかもご飯の量がとても多い!

産後のバタバタしている時は夕食を作るのが困難になるかもしれません。特に帝王切開の方は動くのさえぎこちないかも。そんな時に、コープデリのお弁当を自分と夫の2人分用意しておくといいかもしれません。なんせご飯が多いのが魅力的。夫が大食いでなければ、腹8分目位にはなると思います。

実際に届くお弁当はこんな感じ。やや薄味ですが、味はそこそこ良いです。


パルシステム・コープデリ。両者共に子育てママの手助けになること間違いなし

パルシステムやコープデリ。2社利用してみると細かな特徴や違いがありますが、小さな子供がいるご家庭やこれから赤ちゃんを迎えるご家庭にはとても便利であることは間違いありません。私は2つの生協を利用していて本当に満足しています。

「コスパ的にどうなの?」と考えると、ちょっとは食費が上がってしまうのは否定できませんが、生協の様に便利なサービスは利用して、子育て中の負担を減らして余裕のある子育てをした方が自分の為にも良いかと思います。

パルシステム・コープデリ共に無料で資料請求ができますので、まずは実際に資料を見比べてみるといいですよ。

生協の宅配「コープデリ」の詳細はこちら 生協の宅配パルシステムの詳細はこちら

関連記事一覧