【レビュー】象印加湿器 EE-RN50を使用してみた感想 メリット・デメリットまとめ

冬の乾燥時期に必需品が加湿器です。湿度が40%以下になるとインフルエンザなどのウイルスが活発になり、逆に60%を超えるとカビやバクテリアが急速に繁殖するため、適切な湿度管理が必要です。加湿器を上手に調整しながら適切な湿度を目指すことが、冬を快適に過ごすキーポイントだといえます。

我が家でも加湿器を使用していましたが、故障をしてしまったため新品と交換することになりました。購入した加湿器は象印加湿器 EE-RN50です。購入に至った経緯と実際に使用してみた感想をまとめました。

象印 EE-RN50を選択した理由

加湿器は「スチーム式」「気化式」「超音波式」3種類あります。以前は超音波式を使用していましたが、掃除などのメンテナンスをまめにしないと内部にカビやぬめりが発生し、嫌な匂いだけでなく雑菌もばらまいている感じがしました。ちなみに加湿器病と呼ばれる肺疾患の多くは超音波式の利用者だといわれています。

また、どんなにメンテナンスをしていても振動部分にミネラルなどが付着し、振動できなくなり加湿機能がなくなってしまうことがあります。私が持っていた加湿器も全く機能しなくなり、廃棄することになりました。
▲黒い振動部分にミネラルが付着。劣化して使い物にならなくなる

気化式はフィルターを湿らせて気化させるシステムですが、加湿スピード遅くフィルターにぬめりやカビが発生しやすいので候補から外しました。
最後に残ったのはスチーム式。シンプルに水を沸騰させた蒸気で加湿するので雑菌やカビは発生せず、衛生的な加湿器になります。ネックは熱い蒸気が子供に危険なことと、高い電気代です。

私は超音波式加湿器でカビやぬめりに嫌な思いをしたので、スチーム式のマイナスポイントは目をつぶることにしました。スチーム式も様々なメーカーが商品を出していますが、私が選択したのは象印の加湿器です。
「シンプルにお湯を温める構造」「チャイルドロック」「蒸気が65℃」などのアピールポイントが気に入りました。無駄なものを省いたデザインも選んだ点の一つです。

象印加湿器 EE-RN50を実際に使ってみた感想

前置きが長くなりましたが、ここからは実際に使用したレビューです。
大きさに関しては高さが30cm以上とかなり細長い印象。簡単取り外し可能な「マグネットコンセント」「取説」「掃除用のクエン酸1袋」がセットになっています。ちなみに掃除方法はポットと同じでクエン酸を入れて1時間半待つだけです。

 

自宅にある2.2Lのポットと並べてみました。同じ象印のためどことなく似ています。ただ、加湿器の方が全体的にでかいです。

中身もポットそのもの。表面はフッ素加工されているので、水垢が簡単に取れます。

蓋はポットと同じく取り外し可能。蓋だけの手入れも簡単です。

水を満タンに入れて倒しました。若干こぼれますが、ほとんど漏れていません。万が一、子供が倒しても大やけどは避けられそうです。

上面の格子状カバーを外すと蒸気排出口があります。格子カバーは蓋を開けてから外さなければ外せない構造になっています。

運転は自動と連続の2種類モードがあります。自動モードは部屋の湿度を感知し自動で加湿を調整します。連続モードはあらかじめ加湿量が決められています。ほかにもチャイルドロックやタイマーなど選択できます。なお、中の水がなくなると給水ランプがつくので簡単にわかります。
私は昼間は自動の標準モードを使用し、夜は自動の控え目モードに設定しています。標準モードで水を満タンに入れても6‐8時間程度で全てなくなります。

上から出ている蒸気は65℃なので、それほど熱くはありません。写真くらいの高さに手をかざしても大丈夫。子供が手を伸ばしても一瞬ならやけどする可能性は低いです。

実際の加湿スピードを測ってみました。起動前の湿度は44%。部屋の広さは18畳LDKで人は子供含め4人います。モードは標準モードです。

およそ1時間10分で湿度が8%上がりました。前の超音波加湿器より早いです。


象印加湿器 EE-RN50のメリット・デメリット

最後に実際に使用してみて感じたメリット・デメリットをまとめました。

★メリット
・蒸気が出るので部屋が若干温かくなる。乾燥せず温めてくれるので冬は最適
・水は常に沸騰しているため清潔
・ぬめりやカビが発生しない
・手入れが2‐3週間に1回クエン酸を入れるだけで楽
・仕組みがシンプルで構造がしっかりしており丈夫
・実は国産だった

魔法瓶構造のポットと同じなので丈夫なのは間違いありません。手入れが楽で清潔です。加湿蒸気が温かいので部屋がお風呂みたいになります。喉や肌に優しく、冬には最適です。

★デメリット
・魔法瓶構造はデカくて重い
・加湿時の音がやかんを沸騰させている音に似ていて勘違いしやすい
・蒸気の方向が一定
・蒸気が熱いので夏場は使用できない
・購入価格が割高で電気代もかさむ

想像より大きいので置き場所に困りました。また、蒸気が一定方向(上のみ)しか出ないので部屋の中心に蒸気を向けたりはできません。気になる電気代ですが、3,000円程度毎月かさんでいると思います。
購入価格も他の加湿器と比較すると高いので、お金に余裕がない人は厳しいかもしれません。

私は冬場しか使用しないので、部屋の中が温まることが非常に助かりました。確かに毎月の電気代と購入費はかかりましたが、メンテナンスの手間と加湿器病にかかるリスクを考慮するとおつりがくると思います。
「メンテナンスフリー」で「清潔」な加湿器を求めているならば象印の加湿器一択しかないでしょう。

楽天で象印加湿器を探してみる

関連記事一覧