【アルバイト体験談】室内プール監視員はラク?やってみると意外ときつかった

プール監視員といえば、座っているだけで給料がもらえる楽な仕事のイメージがあります。

特に室内プールは直射日光もないため、非常に楽と思われがちです。私は1年半スイミングクラブでプール監視員の仕事をしました。
スイミングクラブのプール監視員について仕事内容と感想をまとめました。

プール監視員の仕事内容

監視員になるためには条件が一つありました。それは泳げるということ。泳げるといっても顔を水につける程度で大丈夫です。意外と離職率が高い為、シフトに入る回数や時間を重視しています。そのため通常のバイト面接とほとんど変わりません。

仕事のタイムスケジュール

タイムスケジュールは平日と休日で異なります。基本的には2人1セットでシフトに入っていました。私が入っていたシフト時間内のスケジュールは下記のとおりです。

17時~18時プールサイド監視
18時~19時マット掃除および洗濯
19時~20時プールサイド監視
20時~21時洗濯もの干し&ph調整&室温調整
21時~22時更衣室&プールサイド掃除

1時間交代で監視と裏方を担当します。

プールサイド監視は座っていますが、お客様のロッカーキーを預かったり、入水人数を計測するので暇ではありません。時間によってコースロープを移動させたり、看板を変えたりするのもプール監視員の仕事の一つでした。
裏方の仕事は洗濯物や掃除など忙しいですが、作業は室温が低いので監視している時間より楽でした。

プール監視員のきついところ

座って監視したり雑用がほとんどなので楽にみえますが、意外と体力が必要な仕事です。プール室温と湿度が異常に高いので座っているだけで大量の汗をかきます。外プールの直射日光もきついですが、室内プールの湿度は同じくらい体にこたえます。

私が働いていたプールは室温31℃~32℃湿度90%以上に保たれ蒸し風呂状態でした。室内プールのため塩素が空気中に滞留するので、気分が悪くなることも多々あります。意外と体力勝負のため、離職率が高く長くやっている人は少なかったです。

プール監視員の時給について

プール監視員の時給は高くありません。私が働いていたスイミングクラブは850円。他のスイミングクラブの求人も850~950円でした。正社員の給料が月額15万程度なので時給が安いことは納得できます。


スイミングクラブのプール監視員はNG

ただし、プール監視員でも市営プールや総合体育館は休憩時間も多く、時給も900円~1,000円と割高です。管理者も緩いので楽な仕事だったと聞きました。
スイミングクラブは管理者の気質が荒く、人間関係が原因で辞める人が多かったです。意味もなく不機嫌な日はアルバイトにも八つ当たりをしたりしていたので、人間関係だけでうんざりしていました。私も社員やコーチとの人間関係がうまくいかず辞めました。
私が働いていたスイミングクラブだけでなく、他のスイミングクラブも似たり寄ったりのため、スイミングクラブの絡みのアルバイトは特別な理由がない限り避けた方が良いと思います。


関連記事一覧